FC2ブログ

大祓 (おおはらえ)  半年間の厄災を祓う行事

大祓 (おおはらえ)  半年間の厄災を祓う行事
神社では1年の終わりである大晦日と、1年の半分が終わる6月末日の2度、大祓という行事をおこなう。

6月末日に行われるのが「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」で「茅の輪くぐり」が主な儀式の形式です。
郷里の「椙尾神社(すぎのおじんじゃ)」では山越えして「御神輿」を運び日本海で清める儀式が行われます。 
大祓の儀式により、厄払いをして、清浄で清々しい7月1日を迎えます。


安本美典説
安本美典氏によると『欠史』とされる時代(第1代神武天皇〜21代雄略天皇)は、新月~満月で1か月、満月~新月で1か月、すなわち、1か月は陰暦の半分の日数(14~15日)であった。
参照 → 本章末のクリックをクリック  http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-entry-291.html
だから、1年12か月の期間も現在の半年に相当する。

安本説が成立する主な根拠は、①『記紀』に記されている『欠史』の時代の天皇の寿命が、神武天皇=137歳、孝安天皇=123歳、崇神天王=168歳など、あり得ない高齢であったこと。半分にすると現実的な年齢になる。②天皇が例外なく月の15日以前に亡くなっていること。などである。


大祓 は、『欠史』の時代に毎年大晦日に行われた儀式がそのまま継続したものであろう。それ故、神社の行事として、現在の大晦日と6月末日の大祓は同格であったと思われる。また、7月1日も『欠史』の時代には元旦であった。 

   tides[1] (2)
        満月             地球            新月                    太陽
            満月と新月のとき、月と太陽の潮汐作用が一致し、潮汐作用は最大となる

欠史の時代に、なぜ今の半月を1か月としたのであろうか。
半月で1周期である自然現象に潮汐作用がある。その周期は、新月~満月、満月~新月、の周期と一致する。上の図を参照
貝塚に見られるように、海は食料を得る重要な場所で、磯漁の体験から潮汐作用の周期はよく理解されていた。だから、欠史の時代、倭人は月の満ち欠けの周期より、潮汐作用の周期を感覚的、体感的に重視したのであろう。

郷里の「椙尾神社」の「御神輿」を日本海の磯で清める大祓の儀式も理解できる。


7月1日 は,欠史時代の元旦に相当する。だから、去る7月1日は令和の最初の元旦と見なし得る。
7月1日が誕生日の私は清々しい気分で運転免許証の書き換えを行った。
安全・無事故無違反を期している。


安本説参照クリック

皇位継承 1

皇位継承 1
『皇位継承者は男系でなければならない』
神武天皇から126代今上天皇まで皇統は例外なく男系により継がれてきた。
そのうち女性天皇は8人10代在位したがすべて男系であった。
 

女性宮家 
女系は皇室、天皇家ではなく婚姻相手の男性の血統に代わることを意味する。
例えば、真子様と小室圭の間の子供は女系で皇室ではなく小室家に属する。それ故、真子様は皇室に所属し得ても、小室圭とその子孫は皇族にはなりえない。

一般参賀で小室圭殿下(?)が長和殿のベランダから手を振る光景は悪夢でしかなく、女性天皇と婚姻関係にある一般男性の敬称を「陛下」と称するのも衝撃的で違和感がある。
だから、女性宮家は皇統・天皇制を継続するための制度にはなりえない。

女性宮家を提案、支持している政治家、マスコミは、いわゆる『リベラル派』『共産主義者』で、皇統の繁栄ではなく皇統の断絶を狙っているとしか思えない。夢々だまされることなかれ。

イギリスの例ヴィクトリア女王がなくなり、長男のエドワード七世が王位に着いたとき、女王の夫君のドイツの実家の名にちなみ王統は『サクス=コバーグ=ゴータ家』に代わった。イギリスでも男系を意識している。第一次世界大戦で英独が敵国として戦ったときそれをさらに『ウィンザー家』に代えた。二重に男系を意識していることになる。 英国の例から、もし真子様と小室圭の子孫が皇位に着いたとき天皇家(姓を持たない)から小室家(小室王朝)に皇位が移ることになる。それでいいのか?


  19c8ddfe[1] (2)
          信任状捧呈式のため皇居に向かう新任大使または公使を乗せた偽装馬車

旧宮家
現在、男系男子の皇位継承者は3名しかおらず、女性宮家創設を認めざるを得ないという議論がなされている。

不思議なことにGHQにより昭和22年に『皇籍離脱』させられた宮家の情報は封印されたままで聴こえてこなかった。しかし、最近、『水間政憲氏』の著書で明らかにされたことによると、七宮家十家族に『男系男子』が多数いる。
例えば、明治天皇の孫である東久邇宮盛厚王(母は明治天皇皇女聡子内親王(泰宮))に上皇(平成天皇)の姉である照宮さま(茂子内親王)が嫁いだという非常に皇室の血が濃い旧宮家に男系男子が5名もいるという。


「宮家」、「旧宮家」と「皇別摂家」を合わせれば120名もの男系男子がいらっしゃるという。 
因みにイギリス王室は百何十位まで王位継承権が与えられ、中には巷間の一般サラリーマンなどもいるという。王制を維持し国体を守るために他ならない。日本にも『宮家』を名乗らないそういう存在があってもよい。


「『世俗に染まった旧宮家出身者』を国民は受け入れない。」と言われているようだ。果たしてそうだろうか。
真子様と小室圭のテレビ、週刊誌、ネット・・・etc.沙汰は十分世俗的だと思うんですが?


旧宮家が皇籍を剥奪された後、昭和天皇によって「菊栄親睦会」がつくられ、新年の祝賀や天皇誕生日など定期的な昼食会が開催されているが、東久邇家はその中心メンバーという。
一方、清子内親王(紀宮、内親王 → 降嫁;黒田 清子、上皇明仁第一皇女)は降嫁して黒田清子(くろださやこ)となったが、2017年(平成29年)6月19日に伊勢神宮祭主に就任し、皇室関連のお仕事をなされている。祭主は名誉職ではなく大変な責務を伴う世俗に染まった人材ではなしえない聖職である。これまでは上皇陛下の姉「池田厚子さん」がやっていたが、高齢のため黒田清子さんが引き継いだ。歴代、皇族が引き継いでいる。



2004年、小泉政権下で設置された「皇室典範に関する有識者会議」の報告書内容
・女性天皇及び女系天皇を認める。
・皇位継承順位は、男女を問わず第一子(愛子内親王)を優先する。
・女性天皇及び女性の皇族の配偶者も皇族とし女性宮家の設立を認める。
・永世皇族制を維持する。
・女性天皇の配偶者の継承は「陛下」とする。

悠仁親王の誕生により見送られたが、野田佳彦内閣でも再燃した。内容は極めてショッキングである。
皇統が護られず一般家に代わることは「皇位簒奪」である。そこには卑しい「暗躍」もあり得る。

それよりは選挙で選ぶ「大統領制」の方が増しである。
それが天皇制の廃止をもくろむ『リベラル派』『共産主義者』の狙い・付け目である。
彼らは皇室が国民に人気があり、天皇制廃止を正面から唱えると国民の支持を失うことを知っている。
政党は支持率を失い、新聞、雑誌は発行部数を減らし、テレビは視聴率を下げる、のを恐れている。


※「天皇、皇室」に関する記述は、右「カテゴリ」欄の「天皇、皇室」(上から19行目)をクリックしてください。

続く

能年玲奈=のん

能年玲奈=のん

私は埼玉県在住だが岩手県にも家を持っている。カッコよく言えば「別荘」「セカンドハウス」を持っている。
年に何回か行くその家の電気料の支払いのため岩手銀行に(定期と普通)口座を持っている。
普通預金がマイナスになり、定期から普通口座に移すために行ったが、一回目は印鑑を忘れ、2回目は登録と異なる印鑑のためまだ目的を達成していない。

岩銀へ行くと懐かしい写真がいっぱい張ってあり、客への資料にも多数使われていた。
のん=能年玲奈 の写真だ。
雰囲気は自然であった。なるほどここは岩手、岩手は優しいと私は納得した。
それとともにわたしにも「能年ロス」があるように感じた。


-500-e1491200197258[1]
         優しいキャッチコピーだ!!!  NHKよ!!お前も優しくなれ!!!

本ブログで、『この世界の片隅に アニメ映画』について書いた。
クリック→この世界の片隅に<http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-entry-333.html>、
このアニメ映画は優しさを表現する天才たち、監督・脚本の片渕須直、コトリンゴ、のん達がコラボレーションして紡ぎ出した物語である。
23歳の若さで『あまちゃん』、『この世界の片隅に』と二つもの代表作といえる作品ができた『「のん」こと「能年玲奈」』はやはり異能な天才である。


最近、宮藤官九郎がNHK『大河ドラマ』の脚本を書き、朝ドラが100回目を迎えるにあたり往年の朝ドラ出演者達が出演しにぎわしていることに関連し、『「のん」こと「能年玲奈」』が出演するのではないかとネットで噂になることが多い。


NHK朝ドラ 二つのランキング (アンケート調査による)を目にした

<1>「演技力に魅せられた!
人気女優の登竜門!朝ドラヒロインランキング」TOP10 (ハリウッドチャンネル株式会社)  
1位に安藤サクラ(『まんぷく』)が輝いた。
2位に「「ノン」こと「能年玲奈」」(「あまちゃん」)、
3位には波瑠(『あさが来た』)
がランクインした。

4位は尾野真千子(「カーネーション」)、5位は有村架純(「ひよっこ」)、
6位は高畑美月(「とと姉ちゃん』)、7位は松下奈緒(『ゲゲゲの女房』)、
8位は杏子(「ごちそうさん」)、9位は広瀬すず(「夏空」)、
10位は国仲涼子(『ちゅらさん』)   という結果になった。という。



<2>最も心に残る「朝ドラ女優」!
新人俳優の登竜門として、様々な人気俳優たちを輩出してきた「朝ドラ」ですが、皆さんの最も心に残る「朝ドラ女優」は誰でしょうか? ©文藝春秋


1位 88作目『あまちゃん』 能年玲奈(のん)
圧倒的な得票数で、88作目『あまちゃん』 能年玲奈(のん)。『あまちゃん』は、現在放送中のNHK大河ドラマも担当している脚本家・宮藤官九郎が担当。劇中、能年玲奈(のん)演じるヒロイン・天野アキが驚いた時のセリフ「じぇじぇじぇ」はその年の流行語大賞にも選ばれた。
「朝ドラに革命を起こした。それに尽きる」(56・男)
「ストーリーと本人がダブって思えた。とってもキュートでした。迷走ぶりも、大震災の復興もぜーんぶ応援したくなりました。朝から、笑いながら観た朝ドラは初めてです」(59・女)
「震災後の沈滞ムードの中、明るく前向きなメッセージがあった」(28・女)

2位 93作目『あさが来た』 波瑠
「働く女性の開拓者として、また女子大学の設立に尽力する傍ら、夫のことも深く愛し尊敬するヒロインを、はつらつと演じていた」(45・女)
「役に徹して、見る人に感動を与えた。最近にない素晴らしい女優である。またドラマが躍動している感じがして素晴らしい」(75・男)


3位 96作目「ひよっこ」 有村架純
「明るくて前向きなだけじゃない人間らしいヒロインを自然体で演じていたと思うので」(47・女)
「ごく普通の女の子を見事に演じていた」(37・男)


4位 99作目「満腹」 安藤サクラ
「やっぱり1位は、安藤サクラさんです。あの天真爛漫、おおらかだけどしっかり者、縁の下の力持ちである役柄を演じることができるのは安藤サクラさん以外には居ないなと思いました。『まんぷく』の収録中は、お子さんの育児もしながらだったようなので、お母さんとしても女優さんとしても素晴らしい方だなと思いました」(29・女)

5位 85作目『カーネーション』 尾野真千子
「かわいいだけ、一途なだけのヒロインは不要。糸子の強さに惚れました。男性の力を借りず、むしろ踏み台にして前進するたくましさは素晴らしい」(50・男)


6位 31作目『おしん』 小林綾子
「朝ドラと言ったら『おしん』!!」(40・女)
「『おしん』での名演技を、今でも鮮烈に覚えています。特に山形の生れた家からおしんが奉公に出る時の、母親(泉ピン子さん)とのとても悲しい別れのシーンが今でも鮮明に頭に残ってます」(72・女)


7位 98作目『半分、青い。』 永野芽郁
8位 64作目『ちゅらさん』 国仲涼子
8位 89作目『ごちそうさん』 杏
10位 82作目『ゲゲゲの女房』 松下奈緒 

11位 34作目「澪標」 沢口靖子
12位 6作目「お花班」 樫山文江
13位 92作目『まれ』 土屋太鳳
14位 86作目『梅ちゃん先生』 堀北真希
15位 91作目『マッサン』 シャーロット・ケイト・フォックス


16位 77作目『ちりとてちん』 貫地谷しほり
17位 90作目『花子とアン』 吉高由里子
17位 94作目『とと姉ちゃん』 高畑充希
19位 54作目『ひまわり』 松嶋菜々子
20位 69作目『てるてる家族』 石原さとみ


 <評価>◇中森明夫氏(作家・アイドル評論家)
「なかなか妥当なランキングだと思います。1位の能年玲奈(のん)さん主演の『あまちゃん』は、本当に能年さん抜きではありえなかったと思います。やっぱり"あまちゃん=能年玲奈(のん)"です。今も『あまちゃん』とほぼ同じスタッフで制作した大河ドラマ『いだてん』が放送中ですが視聴率的に苦戦しています。内容は面白いんですが、今一つ数字が伸びない理由に何かが足りないとするならば、やっぱり『あまちゃん』の時の能年玲奈の輝きだと思いますね。


参照 ⇒ この世界の片隅に

北野幸伯 2

北野幸伯2   副題 クラウゼヴィッツの暗号文
前節のコメント1 T氏の『北野幸伯さん』と題したコメントに関する記述
前節最終欄のコメント1をクリックすると『北野幸伯さん』が読めます

<T氏> かつて塩野七生の「ローマ人の物語」を読んだとき、『外交は武器を用いない戦争であり、戦争は武器を用いた外交である』という言葉があって大変印象的でした。
(塩野自身の言葉なのか、それとも何かの古典からの引用なのかはハッキリしませんでしたが…


この言葉は、言い回しが違いますが、有名な『クラウゼヴィッツの戦争論』の簡明な結論とされている文章だと思います。深い哲学的思考の結論ですから、誰かが簡単に創りだせるものではないから、間違いないと思う。すなわち、政治⇒戦争 を 政治⇔戦争 に拡張し、さらに政治⇒外交に替えた文章だと思われる。

『クラウゼヴィッツの戦争論』の当該文章をネットで調べたら以下の訳が見つかりました。
「戦争は政治におけるとは異なる手段をもってする政治の継続」
この前半に「政治は・・・戦争・・・」を加え、政治⇒外交に替え、政治におけるとは異なる手段=武器を用いた外交、政治における手段=武器を用いない戦争、とすると塩野さんの文章になる。
すなわち、外交(政治)は(政治における手段=)武器を用いない戦争、戦争は(政治におけるとは異なる手段=)武器を用いた外交
まさに「塩野七生」氏による「クラウゼヴィッツの暗号文」ですね。(解けました!)


『外交は武器を用いない戦争であり』という言葉に、ゴーンを操ったマクロン(フランス産業相⇒大統領)の 「日産」への影を思う。かつてのスペインに対するフランス共産党の影が、共産国の残滓の持株(国営)という形で日産を追い込んでいると想定される。不愉快極まりない。マクロンはいわゆる「クラウゼヴィッツ人」なのであろう。

<蛇足> かつて読んだ『クラウゼヴィッツの戦争論』の訳と比べて美しくない。渡部昇一の「ドイツ参謀本部」から引用すると、『戦争は他の手段をもってする政治の継続にほかならない』
渡部昇一は英文学者ですが、最初に留学したのがドイツでドイツ語も堪能です。名文家とも言われている。「ドイツ参謀本部」は一読を薦めたい名著です。

<蛇足2>「クラウゼヴィッツの戦争論」と「クラウゼヴィッツの暗号文」 をお勧めします。戦争論は著者の死後に出版され、未完の書と言われる。広瀬隆氏は未完部分を埋めるものとして、著者が触れなかった「人はなぜ戦争するのか・・・・」という大命題への答えを、この「クラウゼヴィッツの暗号文」の中で解き明かそうとしている。

<塩野七生>は私も愛読しています。「ローマ人の物語」で特にユリウス・カエサル(シーザー)は繰り返し読みました。彼女はカエサルに惚れていますから『カエサル』が特に面白い。
さいたまスタジアム2002に浦和レッズvsガンバ大阪戦を見に行った時の入場者数は56,000人、駅から約20分歩いた(行進した)こともありシーザーの軍団はこれ位の人数かと思ったものでした。ゲルマンの若き英雄が指揮する30万の軍を破った彼の軍勢を実感しながら歩いたことが懐かしい。


    ho-set057ka[1] ローマ人の物語 

<T氏> <三浦瑠麗> あと、最近気になっている論客に三浦瑠麗という女性がいます。まだ30代後半、一児のママとのこと。よくテレビに出てくる、やはり東大卒エリートですが、世界で徴兵制を採用している国ほど実際には戦争に巻き込まれていない歴史的事実がある、という指摘などは大変面白いと思っています。

私も子供づれの彼女のテレビ映像を見ました。美人ですよね。「徴兵制」の話も聞いています。憲法改正論者である私にとって「憲法改正」の向こう側にあることを言う売れっ子の政治学者がいることは心強いと思います。
北野幸伯氏は「WiLL」に執筆しましたが、彼女のようにテレビに出るには少し時間がかかるでしょう。活躍を期待していますが、リベラルなテレビ局には呼ばれないかもしれない。ネット配信と著作が彼の本分とは思いますが。



<馬淵睦夫> 私が北野氏と重なると思う論客で注目しているのは『馬淵睦夫氏』です。キューバ、ウクライナ大使などを歴任した外務省出身者で、非常に頭脳明晰で鋭い論客だと思います。
最近、ロシア国内で日露関係改善の足を引っ張っているのが、ディープステートの意を受けたユダヤ系新興財閥らの反プーチン勢力で、アメリカ国内にあってロシア・ゲートを仕かけることによりトランプ追い落としを図っているのもディープステート。今日ニュースになった2+2のロシア外相もその影響下にあり、プーチン氏も北方領土交渉を延期せざるを得ない状況にある。
アメリカ大統領でディープステートの影響がない大統領はトランプくらいで、オバマ、クリントン、F.D.ルーズベルトなど殆どがその影響下にあった。

※キーワード『ディープステート』: は歴史的な存在である。『共産主義』のみならず『グローバリゼーション』もディープステートが仕掛けている『全体主義』である。

最近、『令和』などに関連して、ネットや月間WiLL誌などで朝日新聞の記事を読むが、如何にも『リアリズム』感ゼロの作文が多いことを感じます。金を出して読んでいる方の気が知れない。



北野幸伯  「日中戦争は始まっている」

北野幸伯 (きたの よしのり)
令和の覚悟 「日中戦争は始まっている」
中国に勝つ日本の大戦略は“謀を伐つ”
月刊WiLL 6月令和特大号 2019 JUNE、pp266~272

※ほぼ毎号購読する『月刊WiLL』に北野氏の記事があった。『月刊Hanada』(花田凱紀編集長、元文芸春秋編集長、元WiLL編集長)を読むこともある。最近「文芸春秋」はご無沙汰である。

      thF0HUJ1Q2.jpg

北野幸伯 (1970~)
・1990年ソ連外務省付属のモスクワ国際関係大学(MGIMO)予科に入学、同大学を日本人として初めて卒業(政治学修士)した。
・2018年の大統領選挙で、ネット上の世論調査では共産党グルディニン氏がトップの座をキープしていたが、プーチンの圧勝に終わった。氏は、日本でもネットから情報を得る若年層の自民党支持率が高いことと同じ現象と分析している。
・帰国;ネットが反プーチン、テレビが親プーチン。プーチン政権の当然(?)のネット規制で仕事にならず、今年帰国した。平成の30年間が在モスクワ、令和とともに帰国したことになる。活躍を期待する。
・MGIMOに留学生が多かったが、モスクワ市民を含めほとんどが『親日的』。 『自虐史観』は「大嘘」であることに気づいた。


「日中戦争は始まっている」
・ロシアで国際関係を学びプーチン外交を間近で見てきて日本が再び国際社会で「敗者」にならないか心配。日本にはリアリズムの「戦略論争」がない。
・「日中戦争は始まっている」というと「危険な人」「ネトウヨ」「陰謀論者」などとレッテル張りをされるが、2012年、中国はロシアと韓国に対し『反日統一共同戦線をつくろう』と提案している。
・領土問題:北方領土、竹島、尖閣、沖縄の領有権は日本にない。反日統一戦線には、米国も引き入れなければならない。すなわち、米露韓と一体になり日本をつぶす。
・中国の戦略:バランシング;内的バランシング戦略=自国の軍備増強、 外的バランシング戦略=同盟、友好関係 
日本は中国に連戦連勝するも最後に敗北した。中国が勝利したのは、米国、英国、ソ連が味方だったからである。
・孫子;「上兵は謀を伐つ。その次は交を伐つ。その次は兵を伐つ。その下は城を攻む。城を攻むるは己むを得ざるが為なり」


日本の戦略的対応
① 日米の同盟関係をますます強固にすること 
②ロシアとの友好関係を進化させること 
③韓国との関係を維持すること

・世界的戦略家ルトワック氏は安倍首相を「まれにみる戦略家」と絶賛している。
・米国とは、民主党政権で壊れかけていた関係が、安倍首相の努力により修復し、非常に良好な同盟関係・友好関係にある。中国に接近し過ぎず、関係を深化させること。
・ロシアとの関係は領土問題の比重を3割程度とし金儲けの話の割合を増やすこと。北方領土問題の解決は急ぐべきでない。
・韓国との関係は辛抱が必要で、韓国進出企業の粛々たる撤退が勧められる戦略で「法治国家でない韓国では資産を差し押さえられるリスクを避けることが必要である」。韓国経済に大打撃を与えることができる上に、国際的にも理解が得られるであろう。あからさまな「反韓政策」は避ける。
・安倍首相の続投が望ましい。世界的には決して長すぎる政権ではない。

<所感>
米中貿易摩擦は 『摩擦』などではなく『戦争』である ことが良く分かる。
共産主義独裁国中国が民主化するなら 『皮を切らせて肉を断つ』 くらいの経済的犠牲はやむを得ないだろう。NHKテレビ、テレ朝、TBSなどのニュースを見る限り爪の垢ほどもそれを感じない。
TBSサンデーモーニング(関口宏)では、中国批判は露ほどもなく、トランプべったりで大丈夫か?という安倍批判!! こんなマスコミで丈夫か!日本!!


<お礼>
永らくモスクワに在住していた大学で同級生だったT氏(科学技術系研究職)から北野幸伯氏の話は聞いていた。7ページの完結したこの論文に注目したのは彼の示唆があったからである。お礼申し上げる。 


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR