大雪と寒波の記録 さいたま市

大雪と寒波の記録  さいたま市
1月22日(月)、さいたま市にしては大雪が降った。東京都でも23cmの積雪を記録したという。
雪国生まれで大学を北海道で過ごした私にとっては驚くほどのことではないが、さいたま市の住民としては、驚くべきことであろう。
25日には最低気温零下6.3℃まで低下した。驚いて氷川神社の池に張った氷(すがこ)を撮影に行ったが、翌26日朝の最低気温はさらに下がり零下9.8℃であった。

      DSC08642 (2)
       氷川神社参道平成広場 1月23日7:18am  朝日に輝く着雪した樹木が美しい

      DSC08649.jpg
       参道より大宮駅方向を望む 1月23日7:22am  

      DSC08685.jpg
       街中の風景  1月23日1:59pm  

      DSC08704.jpg
       1月25日7:31am 氷川神社の参拝は回廊を通って行く。
                    いつもの玉砂利の通路は除雪していない。

      DSC08709.jpg
       1月25日7:34am 雪の中の氷川神社

      DSC08714.jpg
       1月25日7:36am  氷川神社前池に張る「すがこ」 
                     これを「天井っこ」として見ているのは鯉と亀  亀は冬眠中か?

 
 <追記>
28日日曜日の朝、荒川河川敷内の「大宮田んぼ」に遊びに行った。田んぼの手前が土手で道路にはまだ雪が残り凍り付いている部分もある。途中、坂道の下に駐車し、慎重に道路の状況を点検していた仲間と坂道の途中に停車し話し、再発進するとき少しスリップしたが感触としては問題はなかった。凍り付いた坂を昇るときは停車せずなるべく一定のスピードで登ることが鉄則である。安全第一である。反省!
低温で雪がまだ残り、ウインチの設置ができないので、遊びはあきらめた。降雪より約1週間経ってもこれだけ雪が残っているのは極めて寒く低温だったことを物語る。

学生時代、夜、札幌駅前を歩いていたとき、電光掲示板が零下20℃以下を示していたことがあったのを思い出すが、最近札幌市の最低記録は零下20℃に至っていないようだ。しかし、1929(昭和4)年には零下28.5℃の記録もあるから私の錯覚ではないと思う。寒さの感触は憶えていないがそれほどでもないと思っていたように思う。寒さを数字とともに認識しているこれまでの最低温度の記録であるが、さいたま市での零下9.8℃は、それに匹敵する経験かも知れない。

NHK大河ドラマ「西郷どん」

NHK大河ドラマ「西郷どん」

     SID0032903[1]  NHK

今年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」(西郷隆盛)が放映中である。
明治維新150年であるが、今、明治維新の歴史の見直しが盛んである。
私にとって明治維新はまだ生々しいし、色々な著書が次々発表されている現実もあるから、NHKが「西郷」を取り上げるのにはやれやれという思いがあり、批判的である。

林真理子原作小説「西郷どん」の起用というが、これが歴史の常識になっていくから怖い。
お馴染み「司馬遼太郎」の小説の歴史観に私は食傷気味であるが、これも小説という創作であることを強調したい。しかし、司馬史観の日本人の歴史観への影響は大きく、政治家、評論家、俳優やタレントにも「坂本龍馬教(竜馬(小説名)狂?)」信者と言える人が多いのはその一例であろう。


学校で教える歴史は時の権力の影響が大きい。明治維新の歴史は当然明治新政府の影響が大きい。
低い塀で囲んだだけの平和の館である御所をまるで城郭であるかのように攻撃し天皇を連れ去ろうとしたのも、天皇の威を借り「偽綸旨」で「錦の御旗」を振りかざし、大勢を有利に導いたのも長州藩である。長州藩こそ朝敵であることを示している。会津・荘内藩、奥羽越列藩同盟は朝敵ではない。


「大政奉還」で平和裡に政権をつくるのに異を唱え、江戸市中を「押し込み」「強盗」「火付け」の限りを尽くして騒がせ、薩摩江戸藩邸を焼き討ちさせ「戊辰戦争」の口実を作ったのは西郷隆盛その人である。西郷が戦争好きであったことは確かである。歴史教科書で挿絵付きで習った「江戸城無血開城」は「戊辰戦争」という大事の前には小事に過ぎない。西郷の人物・人格のことは知らぬが、そんなことを大河ドラマで百題・百篇並べても戦争という大事の前の小事だ。


戊辰戦争がなかったら、明治新政府のまとまりは少なく内部分裂もあったであろう。しかし、その後の征韓論、日清戦争、日露戦争など、戦争ばかりやっていた明治新政府のことを考えるとその方がまともな歴史をたどったかも知れない。産業育成策や外交は維新前に大いなる萌芽と実績があったし(維新政府はそれを隠したので多くの日本人は知らない)、人材も豊富であった。戊辰戦争のどさくさで失った惜しい人材も多かったのは残念でならない。

私は旧庄内藩出身であるが、譜代である庄内藩は「会庄同盟」(会津藩と庄内藩の同盟)を結び戊辰戦争を薩長と戦った。間もなく長期政権で安倍首相に抜かれ話題になるであろう「桂太郎首相」(長州藩)は戊辰戦争のとき秋田領を庄内藩から逃げ回り、部下の半数を死傷させた。 
庄内藩が戊辰戦争の矛をおさめたとき、庄内藩に江戸薩摩藩邸を焼き討ちさせた「西郷」は庄内藩に寛容だった。庄内藩は西郷を多とし尊敬しているが、私は西郷に「庄内藩には借りがある」という気持ちがあったと解釈している。(庄内藩が敗者ではないと考えた可能性もある。)



<結論>
西郷隆盛は戦争好きであった。また、薩長藩は明治維新というものに「関ケ原の戦い」の継続(敵討ち)以上の哲学をもっていなかった。その戦争の遺伝子は明治維新から敗戦(1868年~1945年)まで受け継がれ、日本は戦争ばかりやっていたことになる。司馬遼太郎は日清・日露戦争以後の戦争を問題とするが、私はすでに明治維新に問題があったと確信している。

間違いだらけの日本の経済政策2

間違いだらけの日本の経済政策2

ノーベル経済学賞 のこと 
ノーベル賞:アルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まったノーベル賞は、物理学、化学、生理学・医学、文学、平和賞の5部門でノーベル財団を原資とする。

ノーベル経済学賞:だけはノーベルの遺言にはなく、スウェーデン国立銀行の設立300周年祝賀の一環としてノーベルの死後70年後にあたる1968年に設立されたものであり、ノーベル財団は「ノーベル賞ではない」としているが、一般にはノーベル賞の一部門として扱われることが多い。「経済学賞」は1969年から授与されたが、その原資はノーベル財団ではなくスウェーデン国立銀行の基金による。(ウイキペディア)


              eco[1] 
          アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞 記念メダル

前項に日本の経済政策は基本的には「江戸時代の三大改革」の域を出ないと書いた。その意味は、官僚という名の一部の権力が経済政策を握っていることにある。首相でも、財務大臣でもなく、ましてや政治家でもなく、就職試験に合格しただけの(少しだけ頭が良いとされる)財務官僚が握っているのである。経済予測を含め何事につけ将来予測は難しく不可能である。東大法学部出身を中心としたむしろ「頭が硬い」集団にそれができる訳がない。日本の将来をあずける訳にはいかない。

ノーベル経済学賞が物語るように経済理論は進歩している。しかも、日本の経済政策はそれを無視し日本だけが経済的に取り残されてきたと私は評価する。国民の勤勉さ、技術開発力、労働力の質などから見て、GDPで取り残されたのは経済政策の拙さからである。失われた20年とかいうが、国民は悲鳴を上げ、人口(=命)を失い、想像以上に残酷なものと認識すべきである。失政がなければ500兆円(1994年)のGDPが現在1000兆円近くあっても不思議ではない(3%成長として達成)。アメリカは1994年から2010年の16年間でGDP2倍を達成している。


安倍晋三首相は経済を勉強し、ノーベル賞受賞者たちなどが発展させた経済理論を理解する数少ない日本の政治家である。残念ながら理解しているのは菅義偉内閣官房長官とごく一部の政治家だけである。だから「アベノミクス」はようやく世界基準の経済政策であることになる。「麻生太郎」副総理・財務大臣も判っていない。「石破茂」も将来の首相候補とされる「河野太郎」「岸田文雄」「小泉進次郎」なども財務省囚われの身である。

 DSC08570.jpg 小泉進次郎
保険と称しているが配当を考えているの? これはれっきとした税金である。それもけち臭いちっちゃな規模の。経済音痴を露呈している。 無視されたことを「自民党はいらない」などと党を批判していたが、父純一郎に似た「一言居士」としか思えない。 写真; TOKYO MX TV ニュース女子

また、マスコミも経済音痴で気の利いた報道をしているのはほんの一部だけである。朝日新聞などは「安倍憎し」のため間違いだらけの「アンチアベノミクス」の報道をしている。財務省から、国有財産払下げなどの恩恵の目こぼしを受けているためでもあり、敵に廻したら税務調査など怖いお仕置きが待っているからでもある。

安倍首相のもとにデフレを脱却しないと、まともな財政運営できる後継の政治家はいない。今のうちにインフレを脱却しないと日本の未来はお先真っ暗である。あと一押しである。日銀の「金融緩和」を継続し、財務省に思い切った「財政出動」を命ずることを期待する。最近出された来年度予算ではまだまだ物足りない。

間違いだらけの日本の経済政策

間違いだらけの日本の経済政策

日本の経済政策は間違いだらけであった。
1990年前後バブルの時代があり、インフレで土地価格なども上がり、庶民が土地も買えずマイホームなどは夢といわれ、バブル潰しが正義とされた。
しかし、政府の大きな赤字(財務省の赤字、日本国(民)の赤字ではない)やデフレに悩まされている今となってはこれらの経済政策が間違いであったと反省する必要がある。あの時代のバブル潰しが間違いであったと、平均的な日本人に話をすると、正義と思っていたことを否定すると言わんばかりに怪訝な顔をされる。

       maxresdefault[1]  渡部昇一

思い出すのは「バブルの何が悪い」という少数派の論陣を張ったのが「渡部昇一」であったことである。バブル時代「あわててバブルをつぶすことはない。余計な政策はいらない。ホッておけば落ち着くところに落ち着く」というのが彼の主張であった。「崖を落下」するようなあの急激な株価の低落に代表される経済を急速に冷え込ませたことがなければ、そしてその積分値を補正すれば政府の赤字は今より大分少なかったであろう。

渡部昇一
今年4月に亡くなった「渡部昇一」は英語学の泰斗であるが、時事問題、歴史などにも通じた碩学であった。何故渡部は経済にも通じていたのか?
            3fefb815[1]  フリードリヒ・ハイエク

1 経済学者で思想家のフリードリヒ・ハイエク(経済学、政治哲学、法哲学、さらに心理学にまで渡る多岐な業績を残した。20世紀を代表する自由主義の思想家。ノーベル経済学賞受賞。ウィキペディア)が来日するごとに通訳をし、ハイエクに関する著書もあり、ハイエクを入り口として経済学に通じていた。 


         yoshimune[1]   徳川吉宗

2 「腐敗の時代」や「世界一の都市 江戸の繁栄」(日本の歴史 4 江戸編)などの著作で「江戸時代」の経済・文化を論じている。学校の歴史で学んだ江戸時代の「改革」に関し、目から鱗が落ちるほどの衝撃を受けたことを憶えている。概要は経済が繁栄し町民文化が栄えると、幕府トップ(徳川吉宗;享保の改革)、幕閣(松平定信;寛政の改革、水野忠邦;天保の改革)などにより、経済のみならず文化も潰された。

4代家綱を保科正之が補佐し5代綱吉の時代になると「元禄文化」が花開いた。金銀が外国にながれ財政に困った幕府は通貨の改鋳を行い小判の金含有率を下げ財政を維持し文化の興隆期を迎えた。勘定奉行「荻原重秀」の手腕であった(改鋳は紙幣を通貨とする現在の経済常識に叶っている。5代将軍綱吉は大阪商人淀屋潰しなどをやったが)。

吉宗の後、9代家重、10代家治の将軍家個人の力が弱い時代になると「田沼意次」が台頭、し経済が発展し、前野良沢、杉田玄白、平賀源内、与謝蕪村、上田秋成、賀茂真淵などを輩出し、米沢藩の上杉鷹山など地方の藩にも名君が輩出し経済が興隆した。これは渡部昇一が名著「腐敗の時代」ではじめて明らかにしたことである。



官僚の跋扈
江戸時代は経済が興隆し町人文化が栄えると、幕府・幕閣と官僚である武士階級が妬ましさから経済・文化潰しを繰り返した時代であった。
現代も、官僚が日本の足を引っ張っている。一番の大物は経済官僚である。プライマリーバランス(基礎的経済収支)だけしか見えず、インフレターゲット完遂の足を引っ張っている。財務省は、財政収支報告の解釈を分かりづらくして誤魔化し、官僚自らの利益誘導のため国政に無駄な外郭組織をつくり天下りするなど、税金の無駄使いを行っている。

アベノミクスで日銀の金融と財務省の財政の両輪を廻さなければインフレ脱却はままならない。今は財務省の方が足を引っ張ている。2%のインフレ達成で国内の個人消費が伸び、自ずから年20兆円の返済をしたことにもなる。官僚が無駄遣いをして我儘を言っているのは、江戸時代の幕閣・武士階級官僚の妬みと同じである財務省が足を引っ張っている。安倍首相よ彼らを抑えよ。

江戸時代から明治維新と言われる時代を通過したが、日本の官僚制度の問題は何ら変わっていないのかも知れない。選挙でなく試験で採用しただけの官僚に権力を振るわれる覚えは全くない。モリカケ問題で文科省の“前川某”という“天下り問題で首になった官僚”を安倍憎さで持ち上げているメディア、マスコミも能力がなく期待できない。文科省告示の4条件は農林族石破氏と官僚のでっち上げに過ぎないが、そんなものを獣医学部設置の条件にするなどは民主政治を無視した話である。

衆議院議員選挙 2017.10.22

衆議院議員選挙 2017.10.22

結果は下表の通りで自民党の勝利。なお、改選前の無所属45議席のうち6議席が自民党で、自民党は290議席であった。計475→465議席10議席減より、自民党議席の比率は変化なしといえる。与党は2/3を確保。
希望は減速し、立憲民主党が野党第一党になった。共産党の減少は著しいが、慶ばしい。

DSC08228.jpg

希望の党 小池百合子代表

DSC08226.jpg
「排除する」発言が選挙の行方を決めたと言われている。その前に「全員を受け入れることはさらさらありません」という発言もあり。「民進党」の左右派混交を解消したのだから、私的には立派な言と思うのだが。

ただし、このような重要なことを事前に民進党前川代表と話し合わなかったとは信じられない。さらに、若狭勝、細野豪志、玄葉光一郎(民進党)などが希望の党と民進党との立候補者調整をしたが、それらは何の相談もなしに、頭越しにバッサリとズバッと否定されたことになる。恐るべき独裁力だ。日本という民主主義国でこんな政治家と協力して行動をする人はいなくなると確信する。


DSC08235.jpg
花のパリでの記者会見=以下にポピュリスト写真三連発  
ケネディ前日本大使との会見も「ポピュリスト」の匂いプンプン
都知事選では、まだ本性が知られていなかった。それに、鳥越俊太郎などが相手ではね。 


DSC08236.jpg
ここまでは誤魔化せたけど。「俺!俺!」いや「わたし!わたし!」の独裁で、スタッフ一人育たなかったのでは? 命懸けで尽くした「ファーストペンギン」音喜多駿にも見捨てられる体たらく。この人には、有能な人材を排除する天性の体質があるようだ。

DSC08238.jpg
都政で何の業績もなし。人気取りのため、石原慎太郎元知事の喚問など、政局作りに一生懸命であった。そのため「豊洲問題」「オリンピック準備」などは進まず。 かえって足枷(あしかせ)となること多し。
これを国政に持ち込まれては大迷惑。国民の目は節穴ではない。「排除」発言だけを問題としているが、メディア、評論家諸氏の目は節穴か?



<総括>
朝日などメディアは「モリカケ」の大合唱。 小池百合子までもそれに乗っかるとは。人気取りのために、最近まで所属していた自民党の虎の尾を意図して踏んだのだろう。私は、岩盤規制破壊だと十分に理解し納得しているのだが。技術・理系の証明とは違い、分からない・不十分だという難癖をつければ限がない「悪魔の証明」問題だ。

朝日は、何とか安倍晋三を追い落とそうとしたが失敗した。それは、メディアとしてのルール違反と言える手法だった。私は安倍晋三をそれほど評価している訳ではないが、朝日よりは圧倒的に支持している。 すなわち、安倍>・・・圧倒的・・・>朝日 
  嘘つき朝日新聞は無くなった方が良い。
プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR