FC2ブログ

「歴史のファクト」「歴史修正主義」および「コミンテルンの策謀」など 序論

「歴史のファクト」「歴史修正主義」および「コミンテルンの策謀」など
                     序論 


最近読んだ以下の数冊の著書、雑誌記事などから考えたことを述べる。

保坂正康著;昭和の怪物 七つの謎、2018.6.20、講談社現代新書、税別880円

渡辺惣樹著;第二次世界大戦 アメリカの敗北、2018.6.20、文春新書、税別1,100円
        ;戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実、2017.1.20、文春新書、税別1,100円
渡辺惣樹訳・解説、ジェフェリー・レコード著;アメリカはいかにして日本を追い詰めたか、2017.2.8、
        草思社文庫、税別900円

中西輝政(京大名誉教授)-長谷川煕(元朝日新聞記者)対談>;国際共産主義に操られる朝日新聞
        月間WiLL、2018年、10月号、pp240~253、税込840円     など



概説
ロシア革命は1917年に起こったが、アメリカはルーズベルト(FDR(フランクリン・デラノ・ルーズベルト)、第32代大統領(1933年 - 1945年、民主党))の時代までソ連を国家として認めなかった。国家としてはじめて認めたFDRの時代、アメリカ中枢部はコミンテルンのスパイに支配され、日米戦争(太平洋戦争)の原因になったハルノートを起草したハリー・ホワイトもコミンテルンのスパイであった。

一方、盧溝橋事件(1937年(昭和12年)7月7日)で日本はズルズル日華事変(日中戦争)に引き込まれたが、それはコミンテルンのスパイの直接関与、日本メディア(朝日新聞など)、軍人、政治家など「コミンテルンのテーゼ」に支配された者たちによる誤った情報操作、政治判断があったからである。

東条英機はコミンテルンの支配から逃れられない程度が低い(馬鹿な)指導者で、戦後、中曽根内閣でも活躍した瀬島龍三(元陸軍参謀)は晩年までコミンテルンのスパイであった。「石原莞爾」は一環として社会主義を研究したがそれに支配されなかったのは「東亜連盟思想」「世界最終戦争論」など確固たる「思想」「哲学」に裏打ちされていたからである。

そして、現在も、共産主義、コミンテルンテーゼの思想に支配されている日本のメディア、知識人、政治家は多い。

これらが明らかになってきたのは、1995年、米国情報公開法に基づき「ヴェノナ」と呼ばれる機密文書が公開されて以来である。
日本でも「歴史のファクト」に基づく歴史が盛んに研究され「歴史修正主義」が貶(おとし)められることなく、「コミンテルンの策謀」から解放されることを切望する。
多くの日本人にこれらの著書、記事が読まれ、ファクト(事実)に基づく正しい歴史を理解されることを望んでいる。


        isihara_g_05[1] (2) 石原莞爾

その1 
保坂正康著;昭和の怪物 七つの謎、講談社現代新書
 帯;昭和史研究の第一人者が出会った「戦争の目撃者たち」、東条英機、石原莞爾、犬養毅、渡辺和子、瀬島龍三、吉田茂が残した「歴史の闇」に迫る。

本屋で平積みされているから良く読まれている本であると思われる。
私は「石原莞爾」に関する本であればその殆どを買って読む。この本を手にして、全七章のうち「石原莞爾」だけに二章が割り当てられているので即座に購入した。 

「石原莞爾」は私の郷里・高校の先輩である。厳密には学制の変化とともに、石原が仙台陸軍幼年学校に入学する前一年間だけ在学した「庄内中学」は、「鶴岡中学」、「鶴岡高校」、「鶴岡南高校」と変遷した。私が卒業したのは最後の名前の時代である。

大学2年目の夏休みに遅れて授業料を払いに行ったとき、クラーク像に近い古めかしい木造事務棟(今は記念館)の窓口に女子事務員はおらず、留守居の事務長自らが事務処理するからと事務室に入るように促された。「君は鶴岡出身か?石原莞爾将軍を知っているか?偉い人だった。」などと何時間か話が止まらない。それは石原莞爾のファン、崇拝(敬)者が多いことを実感した初めての経験であった。

これを契機に石原莞爾に関する著書を多数読んだ。仙台にいたとき高木清寿著「東亜の父 石原莞爾」(1985/11刊)を購入し読んだとき、著者が近いところに住んでいることが分かり(著書による)、訪ねて行ったことがあった。午後何時間かお邪魔したがそのとき記憶に残った言葉は「あの世で会うとき世の中がどのように変遷したか、詳しく知らせてほしい」というのが石原莞爾の高木氏への遺言であったという。石原莞爾「予言の書」ともいえる「世界最終戦論」の行方を確かめたかったのだろう。

「昭和の怪物 七つの謎」の石原莞爾に関する多くは高木清寿氏への取材によるものだと著者保坂正康氏は語っている。高木氏は1999年まで生きたから、私がお邪魔したときとそうは違わない時期に保坂氏が取材に訪れたことになると思うとこの著書への思いが深くなることを実感する。


参考 クリック→盧溝橋事件  
本ブログ2015年7月27日 「盧溝橋事件に関する中国共産党幹部の発言」に石原莞爾少将(49歳、参謀本部第一部長)の不拡大方針について述べた。


続く

NHK大河ドラマ「西郷どん」

NHK大河ドラマ「西郷どん」

     SID0032903[1]  NHK

今年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」(西郷隆盛)が放映中である。
明治維新150年であるが、今、明治維新の歴史の見直しが盛んである。
私にとって明治維新はまだ生々しいし、色々な著書が次々発表されている現実もあるから、NHKが「西郷」を取り上げるのにはやれやれという思いがあり、批判的である。

林真理子原作小説「西郷どん」の起用というが、これが歴史の常識になっていくから怖い。
お馴染み「司馬遼太郎」の小説の歴史観に私は食傷気味であるが、これも小説という創作であることを強調したい。しかし、司馬史観の日本人の歴史観への影響は大きく、政治家、評論家、俳優やタレントにも「坂本龍馬教(竜馬(小説名)狂?)」信者と言える人が多いのはその一例であろう。


学校で教える歴史は時の権力の影響が大きい。明治維新の歴史は当然明治新政府の影響が大きい。
低い塀で囲んだだけの平和の館である御所をまるで城郭であるかのように攻撃し天皇を連れ去ろうとしたのも、天皇の威を借り「偽綸旨」で「錦の御旗」を振りかざし、大勢を有利に導いたのも長州藩である。長州藩こそ朝敵であることを示している。会津・荘内藩、奥羽越列藩同盟は朝敵ではない。


「大政奉還」で平和裡に政権をつくるのに異を唱え、江戸市中を「押し込み」「強盗」「火付け」の限りを尽くして騒がせ、薩摩江戸藩邸を焼き討ちさせ「戊辰戦争」の口実を作ったのは西郷隆盛その人である。西郷が戦争好きであったことは確かである。歴史教科書で挿絵付きで習った「江戸城無血開城」は「戊辰戦争」という大事の前には小事に過ぎない。西郷の人物・人格のことは知らぬが、そんなことを大河ドラマで百題・百篇並べても戦争という大事の前の小事だ。


戊辰戦争がなかったら、明治新政府のまとまりは少なく内部分裂もあったであろう。しかし、その後の征韓論、日清戦争、日露戦争など、戦争ばかりやっていた明治新政府のことを考えるとその方がまともな歴史をたどったかも知れない。産業育成策や外交は維新前に大いなる萌芽と実績があったし(維新政府はそれを隠したので多くの日本人は知らない)、人材も豊富であった。戊辰戦争のどさくさで失った惜しい人材も多かったのは残念でならない。

私は旧庄内藩出身であるが、譜代である庄内藩は「会庄同盟」(会津藩と庄内藩の同盟)を結び戊辰戦争を薩長と戦った。間もなく長期政権で安倍首相に抜かれ話題になるであろう「桂太郎首相」(長州藩)は戊辰戦争のとき秋田領を庄内藩から逃げ回り、部下の半数を死傷させた。 
庄内藩が戊辰戦争の矛をおさめたとき、庄内藩に江戸薩摩藩邸を焼き討ちさせた「西郷」は庄内藩に寛容だった。庄内藩は西郷を多とし尊敬しているが、私は西郷に「庄内藩には借りがある」という気持ちがあったと解釈している。(庄内藩が敗者ではないと考えた可能性もある。)



<結論>
西郷隆盛は戦争好きであった。また、薩長藩は明治維新というものに「関ケ原の戦い」の継続(敵討ち)以上の哲学をもっていなかった。その戦争の遺伝子は明治維新から敗戦(1868年~1945年)まで受け継がれ、日本は戦争ばかりやっていたことになる。司馬遼太郎は日清・日露戦争以後の戦争を問題とするが、私はすでに明治維新に問題があったと確信している。

天皇退位と譲位 女性宮家創設

天皇退位と譲位
政府の有識者会議の最終報告が4月21日に提出され、天皇退位を実現する法案を立案し、国会に提出される段階になった。

天皇の意思を重んじ、天皇が退位され、皇太子に譲位されることを多数の日本国民と同様に私は望んでいる。
皇室典範は明治維新のどさくさに紛れて天皇制を必ずしも重んじなかった(悪用した)政治勢力のもとで成立したものであり、昭和天皇までの124代のうち58代が生前退位・譲位であった事実を私は重んじたい。すなわち、退位・譲位は議論の余地なく自然なことである。

現状
現在の皇位継承順位は、①皇太子殿下(57歳) ②秋篠宮殿下(51歳) ③悠仁親王殿下(10歳) ④常陸宮殿下(81歳)で、皇位継承者はこの4人の他にいない。皇位をつつがなく継承していただくには大変心配な状況にあることは国民共通の認識である。


 DSCN0750.jpg
    ①②③④は皇位継承順位  ( )内は年齢    BSフジプライムニュースより

女性宮家創設  民進党
民進党の野田義彦幹事長は天皇制・天皇退位について強い主張を持っている。
その一つに「女性宮家創設」があることは報じられてきた。しかし、その明確な内容は知らなかった。
津村啓介 民進党皇位検討委員会事務次長 がBSフジプライムニュース(3月22日)で語っていた内容は以下の通り。

津村啓介議員によると
民進党は「女性宮家の創設」を方針(党是)にしている。
その中には「女性天皇」「女系天皇」を認めることも含めている。


そこで「男系天皇」「女性天皇」「女系天皇」について明確にしておかなければならない。
現在の皇室典範では①「男系」の「男性天皇」だけが認められている。
歴史上8人10代の②「男系」の「女性天皇」がおられた。「男系天皇の血筋である皇后の即位」、または「男系天皇の血筋で生涯独身を通された女性天皇」、の何れかであった。

「女系天皇」は、内親王(皇女・皇孫たる女子)と一般男子の間の子供が即位する「天皇」(男女)であり、歴史上例がない。例えば一般男子が「井伊家」※であれば伝統的(一般的)解釈では「井伊家」の血統であり、井伊家が「天皇家」になり代わったことになる。これは、井伊家が天皇家を簒奪したと解釈し得る。だから、帝位簒奪という政変に繋がる問題を含んでいる。法律を変えればよいという問題ではなく、古来の日本民族の伝統・心情の問題である。
※大河ドラマと「いろは」の「い」より、例を「井伊家」にしたに過ぎない。

皇室典範改正が前提となるが、
③「女性宮家」「女性天皇」は一代限りであればよいと考える。男系だからである。
すなわち、愛子内親王、真子内親王、佳子内親王は男系であるから、「女性宮家」のみならず「女性天皇」の資格もあるように「皇室典範」を改正するのは日本民族の歴史、伝統、心情に合致していると考える。(但し、「天皇」は現皇室典範より「男子である」「悠仁親王」が優先されることになるだろう。) 
※「女性宮家」「女性天皇」の二代目は、上述「井伊家」の例より、「女系」になる。

※この民進党の主張には有識者会議の御厨貴氏の影響があると思われる。御厨氏は天皇家存続に関し「帝位簒奪」という危険な考えを持っていると思う。ただし、「女性宮家創設」は有識者会議の議論の範囲ではない。



天皇の譲位  皇室典範

天皇の譲位  皇室典範
天皇家の立場にから見ると、薩長閥明治新政府に悪用された一面が私には見える。
それは、日本人として許される範囲を逸脱するものであり、日本民族、天皇家ともに被害者である。
それが戦争の遺伝子となり、日本は明治から昭和20年(1945年)の敗戦まで戦争ばかりやっていた。

人はよく、過去を振り返るより、未来志向でなければならないというが、正しい歴史観を持つことなしに未来は見えない。
歴史は勝者の論理でつくられるというが、「明治維新」という歴史観は山縣有朋など薩長藩閥明治政府が作ったものである。

ことわっておくが私は保守主義の支持者であり、リベラリストではなく共産党や左翼を否定するとともにいわゆる右翼も否定する。
支持政党は一応自民党である。

   thDSNTFDXF.jpg 孝明天皇 攘夷思想でなかったら良かった

司馬史観
司馬遼太郎は、明治維新、日清、日露の戦争を小説の題材にし、自身が参戦した昭和の戦争を卑下し、小説に書けないとしている。
過去の政争、戦いを叙事詩として書き、実体験は叙事詩にならないというのであれば私は承知する。
そうではなく、昭和、あるいはその20年程度前からの日本は情けない国になり下がったというのである。
日本人に広く受け入れられている、この司馬史観を私は否定する。
司馬氏の著作は歴史書ではない。「叙事詩」あるいは「小説」として読むべきである。
戦争の遺伝子はあくまで明治維新に起源があり、明治維新から受け継がれたものである。



薩長藩閥明治政府と天皇の関わり
長州は敢えて京都御所付近を争いの場とし、御所に大砲をぶっ放し、天皇の幽閉、動座(誘拐)を企てるなど手段を選ばず物欲しげに天皇の錦の御旗を強奪しようとし、終に目的を達成した。長州こそ朝敵であった。

簡略に例を述べると
池田屋事件(事変);1864年7月8日(元治元年6月5日):新選組が「祇園祭の前の風の強い日を狙って御所に火を放ち、その混乱に乗じて中川宮朝彦親王を幽閉、一橋慶喜・松平容保らを暗殺し、孝明天皇を長州へ動座させる(連れ去る)」という情報を得た(Wikipedia)。御所は塀を廻らしただけの平和の館で城郭ではないが、それに乗じようとする卑怯な政争である。それを未然に防ぐため新選組による池田屋襲撃事件が起こった。 

孝明天皇暗殺説:孝明天王は攘夷思想の持ちぬしであったが、公武合体派で和宮を降嫁させ、あくまで江戸幕府を支持していたことは、薩長にとって不都合であった。病死、暗殺説があり、一応事実は不明ではあるとされる。皇位を継承した明治天皇はまだ14歳であった。

   Secret_imperial_order_of_overthrow_the_Tokugawa_Shogunate[1]  討幕の密勅

討幕の密勅;江戸時代最末期の慶応3年10月14日(1867年11月9日)、薩摩藩と長州藩に秘密裡に下された、徳川慶喜討伐の詔書である。従来より偽勅説が唱えられてきた。この詔書はもともと模擬文書であり、必要な場合は「このような勅命を出すことが可能だ」という「サンプルのようなもの」らしいというのが説得力ある説という(Wikipedia)。要するにこのようなものが欲しいというサンプルを作ったに過ぎなかった。これが戊辰戦争の錦の御旗の正体である。幕府側のみならず、日本に朝敵はいなかった。しかし、戊辰戦争を戦った幕府側は薩長の卑怯なまだ15歳の明治天皇の偽勅により朝敵とされた。むしろ朝敵は薩長であった。


靖国神社:は長州の護国神社に過ぎない。朝敵とされた奥羽越列藩同盟や西南戦争などの戦死者を祀っていない。日本にはいなかったでっち上げられた朝敵を祀らず、朝廷をしゃぶり尽くした朝敵長州の施設といえる。国のために戦死した英霊を祀るに相応しいところではない。


「主権回復の日」式典  最近の出来事
2013年4月28日に開かれた日本政府主催の「主権回復の日」式典で、会場内にいた安倍晋三首相を含む人々が「天皇陛下万歳」と万歳三唱をした。このことに対して日本国内からも批判の声が上がっている。中国・京華時報が伝えた。
安倍晋三首相の取り巻きのごますりか? 上述を背景に私も批判する。 日中韓からの批判!!


結論
今、長州自慢の安倍晋三首相のもとで「皇室典範」を改訂すべきではない。
御厨貴氏は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の座長代理を務めているが、この方も時代に乗り遅れた知性で相応しくない。

「歴史は権力がつくる」は常識であるが、最近の日本の歴史「明治維新」が権力にまみれていると日本人は気づいて欲しい。
今、原田伊織氏の著書「明治維新という過ち」などを端緒として、権力がつくった明治維新という歴史を見直すべき「とき」である。

「皇室」は日本民族にとって大切である。
伊藤博文の皇室典範を改めるのは、「明治維新」の歴史を見直したあとが良い。



『明治維新という過ち』 という著作

『明治維新という過ち』
という本を読んだ。著者の「原田伊織」氏と私には共通点がある。

致道館_5_-_コピー[1] 致道館 鶴岡市

私は徳川四天王の譜代大名左衛門尉酒井家のお膝元庄内出身で庄内藩の伝統を多少なりとも受け継ぐ鶴岡の名門校といわれる高校を卒業した。在学中、同窓会長は酒井家当主であった。庄内藩には致道館という藩校がありその名を冠していなかったが、同じ山形県内の藩校を冠した米澤興譲館高校を羨ましいと感じたこともある。

著者「原田」氏は京都生まれだが、彦根市で育ち彦根藩の藩校を冠する弘道館高校を卒業したという。彦根(佐和山)藩は言うまでもなく同じく徳川四天王譜代大名である井伊家の版図であった。(今、NHK大河ドラマの舞台である。楽しみにしている。)


私は徳川家にゆかりが深い藩出身であるからこそ、明治維新と言われる歴史を詳細に検討し、薩長藩閥権力による明治維新の歴史は捏造されていると結論している。原田氏は小説家であるが発端は似ているように思われる。

私は戊辰戦争勃発を糸口として経緯を大局的に調べ、薩長藩閥政府は「戦(いくさ)の遺伝子」を持ち、明治以来の征韓論、日清戦争、日露戦争、満州事変、日華事変、太平洋戦争はその遺伝子によるものだと結論している。そのキーワードは、赤報隊、世良修蔵、二本松・会津戦争の残忍さ、明治憲法、皇室典範、廃仏毀釈などである。


私は薩長藩閥明治政府を「戦の遺伝子」を持つと表現しているが、原田氏は吉田松陰はじめ長州の勤皇攘夷の志士たちを「テロ集団」と呼んでいる。

司馬遼太郎の昭和に入り日本は情けなくなったという歴史観間違いで、「戦の遺伝子」は明治憲法、皇室典範そのものに内在し、それは薩長藩閥明治新政府が本源的に持つ遺伝子であり、明治以来のあらゆる戦争はそれに原因があるというのが私が到達した結論である。


※右リンク欄の【戊辰戦争】最強軍団【庄内藩】をクリックして庄内藩の説明動画を見てください。

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR