FC2ブログ

碑が立つ話  藤沢周平の随想

DSC00545_20140612224850eae.jpg  藤沢周平先生「記念碑」

碑が立つ話   藤沢周平の随想

藤沢周平に「早春」という現代小説がある。文春文庫「早春」に収められているが、この文庫本はこのほか時代短編小説2編と随想4編から構成されている。その随想の最終編が「碑が立つ話」である。平成7年(1995年)に書かれたと推定される。以下に終わりの部分をそのまま引用する。
  参考  クリック →   藤沢周平生誕地と湯田川中学校のあいだ
             →   湯田川温泉


「碑が立つ話」より 引用
  一昨年の秋に郷里に帰ったとき、私は泊まっている旅館の女将(おかみ)大滝澄子さんに萬年慶一君を呼び出してもらった。
  二人とも私の教え子で、郷里に残る同級生のまとめ役をやらされている。萬年君は家業の農業のかたわら鶴岡市農協の理事も兼ねていて、いそがしい身体なのだが、夜になるとさっそくにやってきた。彼の家は旅館から歩いて十分以内のところにある。
  私は旅館のロビーで二人を前にならべ、哀草果の歌碑の例も出して、文学碑はだめだと強い口調で言い聞かせた。二人は黙々と聞いていたが、やがて萬年君が顔を上げた。「先生が派手なことを嫌うことはよくわかっているいるけれども、文学碑は先生だけのものではなく、私たちのものでもあると思う。碑を見て、あああのころはこんなに身体がちっちゃくて、先生から勉強を習ったなと懐かしく思い出したり、そこに碑があることで何かのときに力づけられる、そういうもんではねえだろうか。もし、先生と私たちをむすぶ絆を形にしたものがなかったら、さびしい」
  今度は私が黙って聞く番だった。負うた子に教えられるという言葉がちらりと頭を横切った。結局私はあなたがたにまかせようと言った。ただし文学碑という言葉を一切使わないことを条件に出した。碑はどこかに「藤沢周平ここに勤務す」というような文字を加えて、校庭の一隅に建てることになるらしい。その動きをわたしはいま、時にはとてもはずかしく、時には私ほどしあわせな者はいまいと思ったり、複雑な気持ちで眺めているところである。

DSC00547[1]
                                 藤沢周平先生の教え子「萬年慶一氏」の「記念碑」発起文

引用文に書かれているように萬年慶一氏は鶴岡市農協の理事であったが、私の兄も同時期に理事で特に親しくさせてもらっていた。萬年さんが藤沢先生に逢うと先生が書いた色紙を持って来るが、自分の手元に残っているのかなあ、と心配していたことがあった。
色紙には 「軒を出て 狗寒月に 照らされる」 と 「花合歓や 畦を溢るる 雨後の水」 という自作の俳句が書かれていたと記憶している。狗は(いぬ)、合歓は(ねむ)と読む。藤沢周平が結核で教職を離れざるを得なくなり、東京近郊の病院で療養していたとき、「海坂(うなさか)」という俳句の会に所属していたがそのときの作品と思われる。


「花は咲く」の演奏

DSC01538 (610x337) (337x610)
                                        田野畑駅の近くにある「ひらいが(平井賀)の海」

「花は咲く」の演奏

インターネットで検索すると一括して1000曲以上の演奏が出てくる。
この文章をクリックするか、リンクの「花は咲く」をクリックしてください

それぞれが好きな演奏、名演奏を見つけ出して下さい。




「花は咲く」アニメ その1  

「花は咲く」アニメ その1  震災復興支援ソングがアニメに

DSC01471 (610x338)
作曲家 菅野よう子             歌とざしきわらし 高畑充希      アニメ監督 加藤道哉

「花は咲く」 
NHK震災復興支援ソング「花は咲く」がアニメになり放映中
この曲は「南三陸町」で友人がコルネッを独奏し、翌年「福島県」でそのコルネットに合わせみんなで合唱した。

DSC01480 (610x348)
 高畑充希 「ごちそうさん」ではものすごくイケずなお姉さんのもとでおとなしい役だったが本来はその逆キャラ?

「花は咲く」は名曲で多くの名演奏を生んでいる。
アニメも美しく素晴らしいし、ストーリーに「宮沢賢治」も「ざしきわらし」も「田野畑村」も「三陸鉄道」もある。
本ブログのカテゴリ「イ-ハトーブ紀行」に借用したい。

DSC01484 (610x364)
 2011年3月11日午後の地震で、座敷わらし、陽だまりの廊下から、あわてて逃げ出す

アニメ監督 加藤道哉  震災から3年半、細密にリアルに被災地を描いた
作曲・編曲 菅野よう子 震災から3年半、一部を明るい曲想に編曲した
作詞     岩井俊二
歌       高畑充希(女優)

DSC01486 (610x356)
 どーも と チャロ  もう一つの予約席は、今は都会の自由人「ざしきわらし」

アニメの声
ざしきわらし 高畑充希(女優)    どーも 山川静夫   チャロ 純名里沙 

DSC01495 (610x337)
 ざしきわらし「帰りたーい」。 どーもが車掌に変身し、

ストーリー
2011年3月11日午後の地震で、座敷わらし、陽だまりの廊下から、慌てて逃げ出し、お家がわからなくなる。
今の私は「自由人てやつよ」と都会をうろついている。
通行人の男の子「ねえ、ママ早くお家へ帰ろうよ」
それを聞いて、ざしきわらし「帰りたーい」 

DSC01498 (610x333)
 一両編成の銀河電車で東北を目指す。   曲の演奏がはじまる。

南三陸町さんさん商店街とモアイ像

DSC00866.jpg
                                              商店街入り口  2014年5月28日朝
南三陸町さんさん商店街  モアイ像  イーハトーブ紀行

宮城県南三陸町の「さんさん商店街」を訪れたのは5月28日の朝であった。
町の復興へ向けた意気込みを感じた。しかし、ここから海岸方面へ行くと津波で打ちあげられた残骸は整理されているものの、平地の津波被災地は住宅地にせず、産業地域にするとのことであるが、残念ながらまだ復興への道筋は見えない状況のように感じた。

DSC00871.jpg
                                                              商店街内部
最近、天皇皇后両陛下のご訪問をテレビで見た。商店街のこの付近が写っていると思われた。
私は、何種類かの海苔などを買った。朝なのでまだ閉じている店が多かった。


DSC00870.jpg
   チリ共和国イースター島でイースター島の自然石を用いて作られた正真正銘本物の「モアイ像」
                                                        2014年5月28日朝

1991年にチリ地震津波で南三陸町は41人の死者を出した。その復興と友好の証として、チリから南三陸町へモアイ像が贈呈された。 そして、2011年3月11日、東日本大震災の大津波によりモアイ像が流出した。 しかし国境を越えた絆は絶えず、2013年5月25日、チリのイースター島から新しいモアイ像がやってきた。
南三陸町には、イースター島から世界で初めて贈呈された本物のモアイ像を始め、全7か所にモアイスポットがある。


DSC00849.jpg
                                              町立総合病院(仮設)玄関のモアイ像

チェインソーで木彫したモアイ像があちこちに置いてあった。ボランティアが作ったと聞いた。

DSC00903.jpg
                                南三陸ポータルセンターモアイハウス(木彫場)のモアイ像

モアイ!  復興のシンボルとして南三陸に増殖中!!   
順調な復興を祈る!!!    


藤沢周平生誕地と湯田川中学校のあいだ

高坂(黄金小学校)と湯田川温泉の間

高坂と湯田川温泉

藤沢周平記念碑文

赴任してはじめて、私はいつも
日の暮れる丘のむこうにある
村を見たのである
  『半生の記』より


藤沢周平は、黄金村高坂の生まれで、黄金小の出身である。
高坂または黄金小から湯田川温泉の方向(西方)を見ると、その間は金峰山の麓で丘をなしている(地図参照)。
藤沢周平は幼いころから「日の暮れる丘」を見ていたが、僅か3〜4km先の「日の暮れる丘のむこう」の湯田川温泉に行って見たことがなかった。先生として赴任してはじめて見たのである。


そして、そこには先生と生徒の相思相愛の深い縁(えにし)があった。
湯田川中学校の記念碑の碑文としてこれほどふさわしい文章はないであろう


DSC00545_20140612224850eae.jpg 藤沢周平記念碑


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR