FC2ブログ

平川一臣 という人

吉里吉里浜2      
吉里吉里浜 (岩手県大槌町)  2014年4月17日撮影  
破壊された防潮堤が散乱する。 歩くと砂浜はかすかに鳴いたが、私は大震災前の鳴きの程度を知らない。
ここは、井上ひさしの小説「吉里吉里人」の語源ではあるが、小説の舞台ではない。
小説の舞台は、あの朝ドラ「あまちゃん」を書いた「宮藤官九郎」生誕の地若柳(栗原市、宮城県最北)である。


平川一臣 という人
NHKBSで宮沢賢治について語ったことが印象に残っている。
  カテゴリ<平川一臣 津波堆積物の研究>をクリック、最下段(2012年9月27日)の記事
そして、井上ひさしについて以下のように語っている。平川さんのブログから<コピペ>する。
この方、読書の少なくとも一部分は、好みが完全に私と一致する。嬉しい限りだ



閑話休題かな?
カテゴリ : Diary 執筆 : hkazu 2012-2-11 13:45 .
このところ,取材が多い.当然だろうが・・・,でも,取材で聞かれているうちに,自分の頭がさらにクリアになっていくことを感じながら,揺るがない確信と,問題点を残している部分がさらに仕分けられていることを感じ取っている.丁寧に応対しなくっちゃ!.  

3.11 津波に学ばねばな。らないことは,まだまだいっぱいあるのだが・・・,すでに(研究の側面でさえ)忘れられつつあるのだろうか???・・, 3.11津波の様相を丁寧に地形図上で見直し,分析的に考え,検討していて・・・,ちょっと疲れた.その瞬間に,実在する集落(地名)が脳を刺激して,

吉里吉里浜
吉里吉里浜全景    2014年4月17日撮影
最近、浸食され狭くなって行く砂浜が多い。その共通点は重い砂鉄の残留比が高く黒っぽいことである。
しかし、ここの砂は石英の粒がキラキラと輝き、砂鉄の黒っぽさを感じさせなかった。

井上ひさし「吉里吉里人」を思い出した.・・・抱腹絶倒,才気煥発,博覧強記,縦横無尽,痛快無比,(品性不良)・・・,あらゆる四文字熟語を勝手に並べて(造語しても)なんでもOKになる,ひとりでにやにやし,納得し,啓発され・・・・.”ふかいことを,おもしろく”井上ひさしさんは,いい.本当にいい.腹筋を鍛えるのに(ついでに,アタマと心の筋肉を鍛えるのに)最適にして最良の方法ではなかろうか?まちがっても,電車の中や,授業中(内職)に読まないことだ: ここで急にマジメになってですね,・・・,

3.11以降,取り憑かれたように津波について調査し,考え,ただただ夢中で過ぎた1年だった.とくに頑張ったわけではない.しかし,1日として倦むことなく弛むことなく(ちょっとは弛んだか!?),毎日緊張感を持って,勤勉に日々が過ぎてきた,そういう勤勉,緊張感のなかにいる自分が好きだ,そう言える感覚が嬉しい.

65歳に達せんとするこの期になって,そういう精神とそれを支える身体でいられるのが,とにかく嬉しい.津波でなくなった人達を前に,そんなことを言ってはならないのだが,まったく違う意味での”3.11への個人的謝意”だと書き残しておきたい. ・・・なんちゃって,とここでドイツ語風におふざけでマジメに混ぜ返すことができれば,井上ひさしに弟子入りできるのだがなあ,と非才を悲しむのみ.あちらの世界に行ってから考えるしかない. やっぱり閑話休題でした. .

原発再稼働

川内原発 九州電力川内原発

原発再稼働

再稼働審査申請中10原子力発電所17基のうち、九州電力川内原発1,2号機(鹿児島県)が最も早く審査を終え、再稼働する見通しとなった。夏までには運転する可能性があるという。

田中俊一原子力規制委員長 
        「立地に適合性があるかどうかの判断で、地震や津波などの自然現象についてクリアできた」
島崎邦彦委員長代理(地震・津波担当)  「川内だけはがすでに基準地震動が確定している」
更田(ふけた)豊志委員(設備面の安全対策を担当)  「重大事故対策で九電が示したものは満足のいくものだ」


基準地震動とは「想定される最大の揺れ」のこと:最大の揺れを基準にして原発施設の耐震性を再評価する。
川内原発は基準地震動を「安全側に行き過ぎている」(九電幹部)というほど、規制委の要求に全面的に従った。


再稼働までの行程
審査チームの人員を集中的に投入し、1か月程度で審査書案を作成する。その後、
意見公募(4週間)、地元公聴会審査終了地元と同意再稼働の手順となる。

審査が終盤に入っている九電玄海原発3、4号機(佐賀県)や四国電力伊方原発(愛媛県)も続いて再稼働する可能性がある。


関西電力基準地震動の引き上げを阻止しようと躍起になったのが審査を長引かせる要因になった。
すなわち、大飯原発3,4号機は規制委の周辺活断層の三連動の可能性を拒否し続けた。
「急がば回らなかった」のだ。


私見
田中俊一委員長のことは余り知らないが、地震・津波担当の島崎邦彦委員長代理は、「空白域」の議論で福島の大津波を予言していた(別稿として記述する)。彼の意見が通っていれば福島原発事故は避けられたと確信している。誰も予測していなかった。予測できなかったというのは嘘である。
 

福島第一原発所長だった吉田昌郎は津波の可能性を調査したとされるが島崎氏の「空白域」を無視した。吉田昌郎を美化しようとする流れがあるが、それは間違いである。彼も福島原発事故の主犯の一人である。

私は原発再稼働派である。当然安全を確保しての話だ。島崎邦彦委員長代理の存在は心強いと思っている。
再稼働は基準地震動をクリアしての話である。安全神話による杜撰な地盤調査に起因する耐震性が足りない原発が存在する可能性がある。電力会社は正攻法でクリアせよ。国・政治の方針でオマケがあると期待するな!ゴネルな!

川内原発の発電設備
 番号   原子炉形式   定格電気出力     燃料・装荷量       運転開始日       現況
1号機 加圧水型軽水炉(PWR) 89万kW 低濃縮二酸化ウラン・約72トン 1984年7月4日    定期点検中
2号機 加圧水型軽水炉(PWR) 89万kW 低濃縮二酸化ウラン・約72トン 1985年11月28日 定期点検中


防潮堤

防潮堤       濱口梧陵が構築した防潮堤 和歌山県広川町

東日本大震災から3年
2014年3月11日現在:死者15,884人、 行方不明者2,633人、 避難者数約267,000人


防潮堤

今、防潮堤が話題になっている。
私は自分が住民ならばまず防潮堤には基本的に反対である。海が見える景観が大切だからだ。
ただし、普代村、田老、山田、田野畑など先祖伝来繰り返し津波の経験をし、
その知恵の集積として防潮堤を築いているところは、この議論の対象ではない。

1, 000年に一度の大津波というが、
1,000年単位で考えたら海岸線なんてどのように変わるか知れたものではない。
温暖化、寒冷化どちらに向かうとしても海岸線は動くのだ。
この年代スケールでは守るべき海岸線などあやふやなのだ。
貝塚の分布一つをみても、防潮堤計画のスケールを越えているではないか。

1000年に一度の大津波に対策するのはバカ馬鹿莫迦げている
1000年に一度の大津波は「てんでんこ」に逃げるしかないのが基本だ。
「大船渡の奇跡」を奇跡にしない知恵こそ大事なのだ


この観点からは宮城県知事村井嘉浩の考えは間違っているし、住民が正しい
住民の意見の多くは計画の防潮堤は高すぎるから低くして欲しいというものだ。
被災地に生まれ育ち、被害を経験し、海の恩恵で生きてきた人々、の意見は傾聴に値する。
知事は税金で作るからからには中途半端な役に立たない防潮堤をつくるわけにはいかないという。

自衛隊出身というが、行政は上官が兵隊を命令で動かすようなわけにはいかない。
何が中途半端か、そうでないか、示すことも定義することもできないはずだ。
役に立つ防潮堤の定義を教えてほしいものだ。
行政とは住民の意見、意向に沿うもので、押し付けようというのは自惚れであり許せない行為である。

漁港(漁業権)についても、防潮堤についても、岩手県は行政の対応が宮城県より柔軟である。

たとえば陸前高田の高田松原があった海岸。私はここで遊んだことがある。
松原をもとへ戻したい、復旧させたいという思いが先に立つ。おそらく住民もそのように思うだろう。
松原をつくったらよい。その後ろまたは真ん中に土手を築く。これで景観は変わらない。 
土手は芝生と背丈の低い灌木林にする。地元の山の野生のつつじもいいだろう。


私が尊敬する東北大学災害科学国際研究所の今村文彦教授(52)は「防潮堤はコンクリートの壁という先入観があるが、景観や生活の中に位置づける案もある」と柔軟な対応を提案する。前案はこれに合致するものである。



稲むらの火
次の挿話より、「稲むらの火」は誰でも知っている話ではないようだ。

2005年1月、インド洋大津波をうけてジャカルタで開催された東南アジア諸国連合緊急首脳会議でシンガポールのリー・シェンロン首相が当時の小泉純一郎総理大臣に「日本では小学校教科書に『稲むらの火』という話があって、子供の時から津波対策を教えているというが、事実か?」と尋ねた。しかし、小泉はこの話を知らなかった。東京の文部科学省に照会したが、誰も知らなかったということである。(少し小泉の悪口を言いたい気分なのでここにこの挿話を入れた(^^♪)

「稲むらの火」の話は省略する。モデルである濱口梧陵の防潮堤の話である。
濱口梧陵(儀兵衛)1820年(文政3年)紀伊国有田郡広村(現和歌山県有田郡広川町)に生れ、66歳で亡くなった。ヤマサ醤油 7代濱口儀兵衛である。ヤマサ醤油は紀州、銚子、江戸の海洋、河川交通を利用したスケールが大きい家業であった。


政治家として1868年(慶応4年、明治元年)には、商人身分ながら異例の抜擢を受けて紀州藩勘定奉行(のちの出納長に相当)に任命され、後には藩校教授や大参事(のちの副知事に相当)を歴任するなど、藩政改革の中心に立って紀州藩・和歌山県経済の近代化に尽力した。その後、1871年(明治4年)には、大久保利通の要請で初代駅逓頭(えきていのかみ)(郵政大臣に相当)に就任するが、権頭(次官)であった前島密との確執もあって半年足らずで辞職する。官僚より民間で活躍するのが似合う人だったのでしょうね。

濱口梧陵は稲むらの火にあるように大津波の被害にあい経験した。そこで故郷広村に防潮堤を築いた。
津波にあったのは、35歳のとき、「稲村の火」に記述されているような老人ではない。
「稲むらの火」にとどまらない広い分野で活躍した偉大な人物であった。

下に示すのが広村の防潮堤の断面図である。
陸前高田にはこのような防潮堤が似合う。
土手の高さは成長した松の木の高さを越えることはないだろう。
 

防潮堤

柏崎刈羽原発の再稼働は東北電力で

柏崎刈羽原発の再稼働は東北電力

前稿その2の、問題のタンクは

容量が1基約450トンで、セシウムなどを除去した汚染水が入っている。原発事故の直後2011年4月に設置された事情はあるが、55メートルで50センチの傾斜地に傾斜地なりの傾きで建設したのは柴崎直明福島大教授が指摘しているように問題が大きい。


このタンクの建設法は「囲碁」でいう「本手」ではない。後々まで禍根が残る「ウソ手」である。今回の「トラブル」はその禍根である。すなわち、今回の事故は起こるべくして起こったのである。

これが分からないのをプロフェショナルではなくアマチュア=素人という。東電は素人集団であることになる。
素人集団が原子力発電所を計画し、設計し、建設し、操業・発電し、送電し、売電した。恐ろしい限りである。
だから福島第1原発事故は起こるべくして起こった事故である。したがって、犯罪である。


柏崎刈羽原子力発電所の再稼働は東北電力で

今、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働が問題になりニュースを賑わしている。
新潟県は東北電力の範囲である。すなわち、新潟県は東北6県には入らないが、東北電力に関しては東北7県で新潟県が入っている。


だから、もし、柏崎刈羽原子力発電所を再稼働するのであれば、その立地地域でもあるし、東京電力は福島原発の事故処理で手一杯、いや手に余るのだから、東北電力に移管して稼働すべきである。

東北電力女川原発が事故を起こさなかったのは、偶然ではない。計画段階から周到な津波対策、事故対策を行った東北電力の技術力の背景があるのである。ただし、柏崎刈羽原子力発電所を東北電力が傘下に納めるか否かは東北電力に選択権があるのだが。

  参照  本ブログ 2013年1月21、22、25日
       http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-category-29.html


福島第1原発のトラブル3連発

20131003032jd[1]  傾斜地に建設されたタンクの概念図

福島第1原発 トラブル3連発

  
その1 10月1日午前11時50分
福島第1原発H5エリアタンク東側に設置している仮設タンクへ、H6エリアタンクのせき内の水を移送していたところ、H5エリアのタンク上部マンホールから約4トンの水があふれるトラブルが発生した。移送した水は雨水をせきに貯めていたものだという。雨水からはストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が390ベクレル/リットル検出された。



その2  10月3日 汚染水タンクに傾き 漏出430リットル
福島第1原発の地上タンク群「B南エリア」の1基から高濃度汚染水が漏れた問題で、東京電力は3日、タンク群を囲むせきを超えた漏出量は推定約430リットルに上ると発表した。一部は海に流出した可能性が高い。


原因について東電は、漏えいのあったタンクに傾きがあったと説明。傾いた状態で水をほぼ満タンまで入れたため、タンクの天板部分から漏れ出した。漏えい箇所はタンクの天板と側板の複数の継ぎ目。タンクは鋼板をボルトで留めて組み立てる「フランジ型」で、天板と側板の継ぎ目にはパッキンは使われていない。

タンクの水からはベータ線を出すストロンチウム90(法定基準1リットル当たり30ベクレル)などの放射性物質が58万ベクレル検出された。近くの排水路の水からも、ベータ線を出す物質が1万5000ベクレル、放射性セシウム134が120ベクレル(同60ベクレル)、セシウム137が310ベクレル(同90ベクレル)出た。

B南エリアのタンクは2011年4月に設置された。容量は1基約450トンで、セシウムなどを除去した汚染水が入っている。東電は「漏えい水の一部がせきを超え、側溝を通じて海に流れ出た可能性がある」と説明した。同エリアのタンクは5基でパイプで連結されている。問題のタンクと異なる1基に水位計が設置され、5基分をまとめて測っていたが、今回、漏えいを疑わせる数値は示さなかった。

<詳細>
福島第1原発の高濃度汚染水漏えい問題で、タンクの傾きが漏えいの一因だったことが明らかになった。東電は「傾斜は基準内にとどまり、許容範囲内」と話すが、専門家は「基準が甘い」と問題視している。東電によると、漏えい源のタンクはタンク群「B南エリア」にあり、このタンクを入れて5基が横に並ぶ。エリアの幅は55メートルで緩やかに傾斜している。両端で50センチの高低差があり、タンクを傾かせ、漏水の引き金になった。東電は「傾斜は1%未満で自社基準をクリアしている」と説明する。

傾斜1%は100メートル先で1メートルの高低差を生む。タンクは直径9メートルで、1%なら9センチの高低差を許容することになる。福島県廃炉安全監視協議会専門委員の柴崎直明福島大教授は「一般の建築物でも傾斜は0.1%程度。高濃度汚染水を入れる目的からすれば基準が甘すぎる」と批判している。

<東電、半日発見できず/巡回強化も「雨で困難」>
福島第1原発の地上タンクから新たな汚染水の漏えいが見つかった問題で、東京電力が8月の漏えいを受けタンク周辺の巡回を強化したにもかかわらず、半日にわたり漏えいを見つけることができなかった。東電は「当時は雨が降っていたため、タンクからの漏えいを見つけにくかった」と説明する。


第1原発では8月、今回漏えいした「B南」と呼ばれるタンク群から北に約300メートル離れた「H4」のタンクで約300トンの高濃度汚染水の漏えいが発覚。東電は漏えいの早期発見のため、それまで1日2回だった巡回を4回にした上で、担当する作業員も大幅に増やした。

東電によると、B南では、2日午前8時40分ごろからせきにたまった雨水をタンク内に移す作業を始めていた。作業開始時点でタンク内には満杯に近い汚染水が入っており、作業を始めて間もなくあふれたとみられる。漏えいは同日午後8時ごろ、巡回担当とは別の作業員が見つけた。この間、巡回も行われたが、漏えいには気付かなかった。



その3 10月4日午前6時45分 ALPS=汚染水処理装置また停止 
東京電力は4日、福島第1原発で、汚染水から放射性物質を減らす「多核種除去装置」(ALPS)の異常を示す警報が鳴り、汚染水処理ができない状態になったと発表した。東電によると、警報が鳴ったのは4日午前6時45分ごろ。これまでのところ、汚染水の漏えいは確認されていない。ALPSの運転を自動制御するシステムに不具合が発生した可能性があるといい、原因を調べている。


ALPSは汚染水対策の「切り札」と位置付けられており、現在は試運転中。だが、トラブルが相次いでおり、安定的な運用ができていない。今回警報が鳴ったALPSは9月27日に試運転を始めたが、約22時間後にトラブルが発生し、処理を停止し。東電は、回収すべきだったゴム製の敷物が装置のタンクに放置され、廃液の流路をふさいだことが原因と説明。30日に試運転を再開したばかりだった。

現在、福島第1でALPSは3系統あるが、ほかの2系統も汚染水をためるタンクに腐食が見つかり、試運転を停止している。

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR