FC2ブログ

湯田川温泉

DSC00536.jpg
          湯田川温泉街  緑の幟は「孟宗まつり」  朝どり竹の子(筍)を売っていた  5月25日朝

湯田川温泉  山形県鶴岡市湯田川
吉永小百合がラジオで「湯田川温泉」にはじめて泊まったと語っていた。4月29日、羽黒山でロケしたとき泊まったらしい。羽黒山の五重塔石段、三神合祭殿のことを語り、湯田川温泉を語っていた。今、JR東日本「大人の休日倶楽部」のテレビCMとして流れている。

初夏にふさわしい旅を描いたCMです。
山形県:修験の山篇  クリック→<大人の休日倶楽部CM> (右のlリンク欄(最下欄)にもあります)
古くから山岳修験の山として知られ、今もなお信仰が息づく出羽三山のひとつ羽黒山。今回のCMでは、吉永さんが修験の道を訪れる旅を描いています。


DSC00529.jpg
                                       隼人旅館  「新徴組」本部跡  5月25日朝  
さて、本題である
大学の同窓会を湯田川温泉でやった。
私は湯田川温泉に宿泊したことがなかったが楽しみにしていた。
一つは、戊辰戦争のとき、新徴組が滞在した名残を知ること。
一つは、藤沢周平こと小菅留治が唯一先生をやった地であり、その跡をたどること。


湯田川温泉の孟宗は庄内でもよく知られている。
孟宗のシーズンで、何種類もの孟宗料理が出たが、どれも美味しくいただいた。
私の生家にも孟宗の竹原(たけわら)があったが、湯田川の孟宗は皮が茶色でわが家や近隣の孟宗の皮は黒っぽいという違いがあるとおもっていた。おそらく、湯田川の孟宗は腐葉土の厚さが厚く太陽の直射日光を浴びる量が少ないため茶色っぽいのであろう。その分肉質が柔らかいといえるかも知れない。

DSC00526.jpg
                                                       5月25日朝 撮影
新撰組一番隊組長・撃剣師範沖田総司の姉ミツが庄内藩にいたことは、何かで知っていたが、沖田家は新徴組として家族ごと庄内藩に来て、湯田川温泉に滞在し、この「隼人旅館」に泊まっていた。姉は「この温泉に入れば良くなるのに」と、江戸内藤新宿で労咳(結核)を病み療養中の弟総司に思いを馳せた。我々の宿の真向いが「隼人旅館」であった

DSC00548.jpg
    左が、先生「藤沢周平」」の記念碑、右が藤沢周平の教え子「萬年慶一氏」が書いた「記念碑」発起文

藤沢周平記念碑文

右部   「赴任してはじめて、私はいつも日の暮
       れる丘のむこうにある村を見たのである」
            (『半生の記』)

左部   「花合歓(ねむ)や
        畦を溢るる 雨後の水


DSC00547.jpg
               萬年慶一氏の「発起文」  萬年氏は藤沢周平教室の級長であった  5月25日朝

小菅先生に叱られた生徒は一人としていなかったと萬年慶一氏は語っている。作品に流れる「やさしさ」を思うとき、それは当然のことだと納得できる。先生の人格が高潔であるから生徒が叱られるようことにはならない。この人のような理想的な人格だけで世の中は構成されていないし、むしろこのような先生はまれであろう。そういう中で教育は継続され行われていく。そのような中で曲りなりにでも機能するようにするのが、世の中、世間というものであろう。

鶴岡天神祭りの風景

鶴岡天神祭り  お祭りの風景編

DSC00513.jpg
湯田川温泉で大学の同窓会があり、急行バスで着く友人を出迎えるため庄内物産館に行った。
祭りの本番は明日だが、二組の「手踊り」隊が観光客の前で踊りを披露していた。    2014.5.24(土曜日)


DSC00668.jpg
                           伝統的な天神祭りの「手踊り」パレード   2014.5.25(日曜日)

DSC00686.jpg
「よさこいソーラン祭り」の影響がある衣装と踊り?  朝陽第四小学校          2014.5.25(日曜日)
最終を飾ったのは、成人男女の本格的な「よさこいソーラン踊り」と思われるパレードであった。
大きな旗を振る若者が先導し、車の上段から若い女性が絶叫しながら音頭をとっていた。


DSC00651.jpg
                                     フラダンス おまつり広場 2014.5.25(日曜日)

DSC00500.jpg
                    藤沢周平記念館 鶴ヶ岡城本丸跡(鶴岡公園中心)  2014.5.25(日曜日)
全国に藤沢周平ファンは多く、読者層が厚い。藤沢周平の鶴岡・庄内観光への功績は大きい。
庄内映画村
の存在も彼の功績であろうと思う。
藤沢周平の文章力と文章の美しさが好きである。「文章読本」は谷崎潤一郎と丸谷才一が書いているが、丸谷才一も鶴岡出身である。藤沢周平と丸谷才一、二人とも名文家だが私は藤沢周平に軍配をあげたい。


おまつり中だが私は当然のように「藤沢周平記念館」に入館した。この日は2万歩以上歩いたが、館内の読書室で休み、居眠りまでさせてもらった。市の中心に、お祭りの日であるにもかかわらず、これほど落ち着ける場所があるのは鶴岡であればこそと思った。

鶴岡天神祭り

天満神社 鳥居
                                               鶴岡天満宮 前景 2114.5.25 
鶴岡天神祭り   天神様編
5月25日天神祭りの日に故郷鶴岡にいるのは、高校を卒業してから数十年、はじめてのことである。
この際、朝から夕方まで祭りを徹底的に享受・堪能することに決めた。すなわち「おまつり」への参加である。

前夜、湯田川温泉に宿泊し、「庄内物産館」から出る急行バスで帰る友人を見送り、車を鶴岡市役所に駐車した。

まず、お祭りの概要を把握したいとおもった。
パレード(行列、くねり)は駅前ともう一か所、二か所より出発し、途中で合流し、「おまつり広場」に集まる。
おまつり広場は、映画「花のあと」で撮影されたあの桜の古木がある鶴ヶ岡城二の丸跡(鶴岡公園内)である。
そこには舞台が設営され、フラダンス、「阿部武雄」の歌謡祭、ジャズコンサート、ストリートダンス、など、一般市民、高校生、小中学生、幼稚園児まで参加しさまざまな催しが繰り広げられていた。


DSC00582.jpg
                                               鶴岡天満神社本殿 2114.5.25 
それから、お祭りのご本尊の「天神様」に参拝することを目的にした。
天神様は屋台などで賑わう主会場「鶴岡公園」から遠いので、お祭りに来ても参拝しない人が多いようだ。
庄内神社が鶴岡公園の中心本丸跡にあるので、こちらが「ご本尊」と勘違いしている向きもあると聞く。

実は、天神祭りのときに天神様に参拝したことはあるのだが、昔のこと、市内における天神様の位置はもちろんのこと行く道筋が記憶から飛んでいる。夕べ湯田川温泉でこの話を酒田出身の同部屋の友人と話していたのだが、部屋のテーブルに鶴岡市の地図が置いてあり、それでチェックしていてくれた。天神様は羽黒街道と呼ばれる道筋にあり、昔は田んぼと離接していたように思うのだが、今は住宅街の中、それも新興というよりは落ち着いた雰囲気の住宅地にあった。
なお、私の生家は市街地から8kmほど離れた羽黒山とは正反対の方向にある水田と砂丘を耕作する農村地帯にある。


DSC00562 (800x542)
                           ご本尊に参拝する「化け物」に扮した母子三人連れ 2114.5.25 
鶴岡天神祭 (化けものまつり) のこと
つるおかてんじんまつり (ばけものまつり) 
毎年5月25日  今年(平成26年、2014年)は日曜日でした


菅原道真公を祀る鶴岡天満宮の祭り。通称「化けものまつり」。道真公が太宰府に配流になった際、別れを惜しむ人々が時の権力をはばかり、姿を変え、顔を隠して酒を酌み交わしたという言い伝えによるもので、鶴岡でしかみられない奇祭。化けもの姿で三年間誰にも知られずにお参りができると、念願がかなうといわれている。当日は、市内あちこちに化けものが出現無言で酒をふるまうほかに、神輿や道真公行列、天狗舞、手踊り行列など総勢約2500人のパレードが市内を練り歩く。

化け物は無言で「お神酒」を注(つ)いで歩くが、車を運転する人を考慮して、ジュースやお茶も持ち歩いている。

DSC00560 (640x393)
                                     巫女さん達 選ばれし女子生徒達 2114.5.25 

DSC00570.jpg
                      学問の神様「菅原道真」に絵馬を奉納する女子生徒四人組 2114.5.25 
 

パソコン新調

NEC米沢工場   NEC米沢工場

パソコン新調

久しぶりです。
パソコンが突然故障し、ブログの更新ができませんでした。


パソコンを新調しました。
NEC Direct, NECの山形県<米沢工場>製です。
国産、それもふるさと産ですが、国、郷土の経済への貢献は些細なものでしょうね。


そういえば、最近シャープ社製を二つばかり買いました。
国内の亀山工場が経営上裏目に出たわけですが、応援しています。
最新期、黒字決算だったのは快哉です。

海坂 うなさか

<海坂> 水平線のゆるやかな傾斜弧  
                <海坂>  水平線のゆるやかな傾斜弧

うなさか海境 海界 海坂

  〔舟が水平線の彼方に見えなくなるのは、海に傾斜があって他界に至ると考えたからという〕神話における海神(わたつみ)の国と人の国との境界 〈古事記、万葉集〉〈大辞林〉

  海辺に立って一望の海を眺めると、水平線はゆるやかな弧を描く。そのあるかなきかのゆるやかな傾斜弧を海坂と呼ぶと聞いた記憶がある。うつくしい言葉である。(藤沢周平)

  <海坂藩>藤沢周平の小説にでてくる北国にある架空の藩。藤沢周平の故郷庄内藩がモデルといわれる。

  『海坂』は藤沢周平が昭和二十八年から三十年にかけて投稿した静岡にある俳句の同人誌で、その名前を小説に借用した。投稿したのは肺結核のため二年間奉職していた故郷の中学校を辞め、東京都東村山町の病院で手術・療養中のことである。
 

               いぬ
      軒を出て 狗寒月に 照らされる    周平

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR