FC2ブログ

「青色LEDの発明」で日本人3名がノーベル賞受賞

20141008-OHT1I50003-1[1] (610x342)
                                                        青色発光ダイオード

「青色LEDの発明」で日本人3名がノーベル賞受賞

スウェーデン王立科学アカデミーは、10月7日、2014年ノーベル物理学賞を、
赤﨑 勇氏 名古屋大学特別教授・名城大学終身教授
天野 浩氏 名古屋大学教授
中村修二氏 カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授    の3名に授与することを発表した。


受賞理由は、
「明るくエネルギー消費の少ない白色光原を可能にした高効率な青色LEDの発明」
「20世紀は白熱灯が照らし、21世紀はLEDが照らす」
 と説明した。
 ※ LED light emitting diode 発光ダイオード  

一挙に3名もの受賞者を輩出したことは日本人として大変喜ばしく誇らしい。(中村修二氏は現在アメリカ国籍)


この研究は、工学的な色彩が強く、ノーベル物理学賞としてはやや異色と思われるが、理解しやすい。
赤﨑勇氏は、
京都大学理学部卒業後、神戸工業(現富士通)、名古屋大学助教授、松下電器、名古屋大学教授、・・・
中村修二氏は、
徳島大大学院修士課程修了後、日亜化学工業入社、その後カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授となる。
上記のように二人の受賞者には民間企業における研究歴があり、それが大きな特徴である。

赤岩・天野氏と中村氏は研究開発を競ったライバルでもある。
赤岩・天野氏は豊田合成、新技術開発事業団と組んで先行し、中村氏の日亜化学が急追した。双方とも多数の特許を取得し、特許権侵害を互いに提訴し合った。2000年東京地裁は日亜化学勝訴の判決を下した。


ヒッグス氏  南部陽一郎氏の助言が突破口

img_280738_10556966_1[1]  南部陽一郎

ヒッグス氏  南部氏の助言が突破口

天才南部陽一郎の凄さ  ここでは南部陽一郎を多く語りたい

米国に帰化したのは、群れるのが嫌いだからという

  新聞 ネット資料

ノーベル物理学賞受賞が決まったピーター・ヒッグス博士(84)が、物質に重さを与える粒子を提唱した当初、その理論は理解されなかった。落ち込むヒッグス氏に助言し論文を世に出したのは、米国で活躍していた理論物理学者の南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授(92)=2008年ノーベル物理学賞=であった。

ヒッグス氏の理論は、それより少し前に南部さんが提唱した「自発的対称性の破れ」という理論を発展させたものだった。南部さんは「ヒッグス氏の理論を誰も分からず、論文は最初(掲載を)蹴られていた。私は論文を見て、なるほど非常に自然なことだと思った」と振り返る。

1964年7月、ヒッグス氏は欧州合同原子核研究所(CERN)が発行する専門誌に論文を投稿したが却下された。落胆したが、翌月、新しい粒子が生まれることを明確に記した一文を加え、米物理学会誌に投稿し直した。その論文の審査を南部さんが担当した。
 
南部さんは論文を見て、未知の粒子の存在を予測して日本で初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹博士(1907~81年)のことを思い出したという。「新しい現象の背後には、新しい粒子があるとする湯川さんのアイデアを踏襲していた。新しい粒子があっても悪くはない」と評価した。

同時期にベルギー・ブリュッセル自由大のフランソワ・アングレール名誉教授(80)らが、ほぼ同じ内容の論文を書き出版されていた。南部さんはアングレール氏らの論文にも言及するよう求めた。ヒッグス氏は論文で新粒子の存在を明記しており、ヒッグス粒子と呼ばれるようになった。

予言から半世紀。昨年、CERNがヒッグス粒子を発見し、標準理論は完成した。今回の受賞決定を、南部さんは「誠にめでたしめでたしだ。この実験には日本をはじめ各国の学者たちが参加しており、彼らにも祝意を申し上げる」とたたえた。

2008年にノーベル物理学賞を受賞した茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構の小林誠特別栄誉教授(69)は「今回受賞した研究の原点は南部陽一郎先生の理論。改めて先生の研究の重要性が認められ、大変うれしい」と満面の笑み。米シカゴ大の南部陽一郎名誉教授の功績に思いをはせた。

湯川秀樹湯川秀樹(1907-1981年) 1949(昭24)年ノーベル賞受賞

天才南部陽一郎の凄さ
現代素粒子論の基本は南部の天才から生まれた


この50年間の素粒子理論の研究のすべての面で先鞭をつけ、研究全体をリードしてきたのは南部陽一郎だそうだ。南部陽一郎の名を抜きにしては、現代の素粒子理論のどの面も語れないらしい。

ひも理論 ;クォークが多次元の「ひも」で結ばれているという「ひも理論」

色の量子力学 ;湯川秀樹の中間子理論を大きく進化させた「色の量子力学」

ヒッグス機構 ;素粒子の質量を決める理論である「ヒッグス機構」 

このどれを取っても最初の発端は南部のアイデアだという。


現在の素粒子論では陽子も中性子も素粒子ではなく、その三分の一のかけらに相当するクォークが素粒子であることが確定しているが、このクォークを考える決定的一歩になった「西島ゲルマンの公式」も、実は南部が西島和彦に与えたヒントが基礎になっていると言われているという。

つまり、南部は一人で「現代素粒子理論」の骨組みをつくったような人です。物理学者としての「仕事ぶり」= 「頭の働き」は、まさに「すごい」と言うしかない。


コメント
さかんにノーベル賞級の研究というが、この言葉に私は多少違和感を感ずる。ノーベル賞は確かに偉大な賞である。何故、偉大か? 受賞者が偉大だからである。私は山中伸弥教授が受賞したことでノーベル賞が間違いなく偉大な賞だと言ったが、南部陽一郎氏は危うく受賞し損なうところだった。受賞が遅すぎたのだ。南部陽一郎氏が受賞していることが、私のノーベル賞への評価を高めているのは確かだ。


ノーベル物理学賞 「ヒッグス粒子」の存在予言に

02_06[1]
              フランソワ・アングレール氏      ピーター・ヒッグス氏

ノーベル物理学賞 「ヒッグス粒子」の存在予言に 

 受賞者 ピーター・ヒッグス & フランソワ・アングレール
 2013.10.8  各紙 

スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2013年のノーベル物理学賞を、物質に質量をもたらす 「ヒッグス粒子」 の存在を理論的に予言したピーター・ヒッグス氏(84、Peter W. Higgs、英エディンバラ大学名誉教授)とフランソワ・アングレール氏(80、François Englert、ブリュッセル自由大学名誉教授)に授与すると発表した。

ヒッグス粒子は全部で17種類ある素粒子のうち唯一未発見だった粒子。1964年、ヒッグス氏はこの粒子の存在を予言し、アングレール氏は物質に質量が生じる仕組みを説明する理論を発表。極微の世界の基本法則である素粒子の「標準理論」を完成に導いた。

スイス・ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究所(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC、最大7兆電子ボルト)を使った国際チームの実験で昨年7月、ヒッグス粒子とみられる新粒子が見つかり、今年3月に発見が確定。わずか半年後の異例のスピード受賞。

ヒッグス粒子の性質を詳しく解明すれば、現在の「標準理論」を超える新たな物理学が生まれ、「物質」や「宇宙誕生」の理解が飛躍的に進むと期待されている。

LHC は各国から計数千人の研究者が参加した巨大プロジェクトで、日本も東大チームや高エネルギー加速器研究機構の他民間企業などがデータ解析や装置建設で貢献した。

授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計800万スウェーデンクローナ(約1億2200万円)が贈られる。


なお、この研究は発表当初理解されず拒絶されたが、南部陽一郎シカゴ大学名誉教授が論文の再審査をするなど大きな貢献をしている(詳細は別途後述)。


山中京大教授 ノーベル賞受賞

山中伸也   イアン・ウィルムット   ジョン・ガードン 
             山中伸弥       イアン・ウィルムット       ジョン・ガードン

2012年12月10日 スウェーデンのストックホルムで山中伸弥京都大学教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。ケンブリッジ大学名誉教授ジョン・ガードン博士と共同受賞である。
「iPS細胞(万能細胞)という仕事単独では今回の受賞はなかったと思います。自分ではこれは便乗受賞だと思います」 山中教授は謙虚だ。

<受賞理由>
         The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2012
                    Jointly to
            John B,Gurdon and Shinya Yamanaka
for the discovery that mature cells can be reprogrammed to ecome pluripotennt

細胞の初期化(reprogrammed)に対する受賞である。卵細胞から分化してさまざまな臓器ができるが、分化した細胞を初期化することに成功した。これがあらゆる臓器に分化するiPS細胞=万能細胞である。
 
<研究経過>
1962年 生物学者ジョン・ガードン博士がアフリカツメガエル(両棲類)のクローンをつくりだした。卵細胞の核を腸卵細胞の核と置き換えることで成功した。
1997年 イアン・ウィルムットが羊のクローン(ドリー)をつくりだした。哺乳類のクローンとして注目を浴びる。その後、牛、ネズミなどのクローンもつくられた。

山中教授はこれらの成果を踏まえ研究を開始。臓器細胞の初期化に成功した。
2006年 研究成果である山中因子 (Yamanaka factors)と呼ばれる4遺伝子を発表した。
2012年 ノーベル賞受賞。山中氏「仕切り直しの朝だ。これからの研究が大切です」

※独創性と科学的な価値がノーベル賞の対象である。1997年の羊のクローン化は単なる改良とされ受賞対象とならなかった。写真の3人に<ノーベル賞の光と影>
 

コメント
受賞前さかんにノーベル賞級の研究といわれたが、私は多少違和感を感じていた。ノーベル賞は確かに偉大な賞である。何故、偉大か? 受賞者が偉大だからである。私は山中伸弥教授が受賞したことでノーベル賞が間違いなく偉大な賞であることを再認識した。



プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR