FC2ブログ

庄内藩の「明治元年(戊辰)戦争」

庄内藩の「明治元年(戊辰)戦争」
  <明治元年は荒ぶる年であった。 本稿はある会報誌に800字以内という制限で投稿したもの>

新撰組一番隊組長「沖田総司」の姉ミツが庄内藩鶴ヶ岡城に近い湯田川温泉「新徴組」本部「隼人旅館」に逗留していた。戊申の年、すなわち明治元年(慶応4年、1868年)のことである。徳川幕府と戦いたい薩摩藩々士が放火・強盗などを繰り返し、江戸を混乱に陥れていたが、庄内藩の配下で江戸市中取り締まりをしていたのが「新徴組」であった。

  鳥羽伏見の戦い (明治元年1月2日)」 「江戸城無血開城 (4月11日)」のあと、薩長新政府軍による会津藩攻撃開始が4月19日。 4月23日には最上川上流から庄内藩を奇襲した。庄内藩の天才「酒井吉之亟」は一日でこれを撃退し、今の国道13号線(内陸、そば街道)沿いと国道7号線(海岸)沿いに秋田藩領内の薩長軍を攻めた。「イモ(薩摩)もオハギ(長州)も好物だ」と連戦連勝であった。会津城陥落が間もないという情報を得て(9月16日)巧みな戦術で無傷で庄内領に撤退した。 

  hagunsitiseiki[1]  破軍星旗 酒井吉之亟が指揮した庄内藩二番大隊の軍旗

9月22日会津若松が落城し、3日後の25日庄内藩は自領に薩長軍を一歩も入れないまま降伏・講和した。
西郷隆盛
の意向で戦後処理が穏便になされた。庄内藩は西郷を尊敬し、鶴岡市「致道博物館」の西郷関係の資料は非常に充実している。   
 
酒井吉之亟(玄蕃、ときに26歳)は鬼玄蕃と恐れられたが、性格は温和で慈悲深かった。会津戦線の薩長軍は、白虎隊などの死体の埋葬を禁じ、さらしものにし、恨みを後世に残したが、玄蕃は乱暴狼藉を厳しく戒め、敵兵の死骸も手厚く埋葬した。

鶴岡市在住の直木賞作家「佐藤賢一」が小説『新徴組』(新潮社)を書いている。一読をお薦めするとともに、映画化され、明治元年という年のあまり知られていない歴史が広く再認識されることを望んでいる。
今年5月、大学の同窓会で湯田川温泉に宿泊した。「隼人旅館」の真向いの宿であった。明治元年が最近であることを実感した。



江戸城天守再建に断固反対する

DSC01931 (610x413)
                          三代家光が建てた寛永天守閣のコンピューターグラフィック復元図
                          現在、本丸公園に遺跡として残る天守台は、振袖火事で焼失後、
                          加賀藩前田家が構築したものである。

     江戸城天守再建に断固反対する
DSC01930 (610x359) (2)
みんなの党松沢成文議員(元神奈川県知事、衆議院議員)の参議院予算委員会(11月4日)での質問

江戸城天守閣を再建することは夢のあるプロジェクトである。すでにNPO法人が再建に向け活動している。東京は文化のない都市、江戸城跡に行っても天守閣・タワーがない。ランドマークとして木造建築として再建すれば、観光、経済効果、宮大工、石積など伝統技術の継承など非常に波及効果が大きい。

寛永の天守(三代家光建設)は図面もあるし、忠実に再現可能である。高さ59m、5層6階、容積で姫路城の3倍、大阪城の1.5倍の大規模なものである。建設費350億円、初年度経済波及効果1043億円、雇用誘発8240人など。東京には戦略特区がないが、国際戦略特区に指定したらどうか。
DSC01933 (610x336)
安倍首相 表情は興味なさそう、というより内心は反対なのであろう
故郷の萩城再建は30年来の念願であるが進んでいない。小田原、駿府、高松城など各地域で10〜20くらいの再建計画があるようだし、木造でというのもある。それぞれ地方が主体で建設するのは良いことだ。


DSC01937 (610x341)
下村博文 文部科学大臣 
江戸城は武家の徳川家が建設。徳川家のものであれば問題ないが。
天皇皇后両陛下がお住まいになっている。皇室は安寧・祈りの存在である。城郭は似合わない。
考えることが多い難しい問題だ。


松沢議員の反論で終わり。多少しつこい感じ。


<私見>
再建に絶対反対、 本ブログですでに述べている。
クリック→2013-03-28(19:03) : カテゴリ 明治元年(戊辰の年)

初代家康、二代秀忠、三代家光の代でそれぞれ天守を構築した。
四代家綱の代1657年に「振袖火事」で焼失したが、家綱の後見人であった『保科正之』が天守は遠くを見る物見櫓(やぐら)に過ぎないと再建しなかった。


水戸黄門は天下の副将軍ではなかったが、保科正之(会津藩主)は兄である三代家光に家綱を頼むと託された副将軍に相応しい存在であった。その保科正之が、隅田川に橋を架けるなど民政を重んじ、天守は再建しなかったのである。

:江戸幕府の政治を武断政治から文治政治へ180度転換したのが保科正之であった。武士の政治が始まって以来“つわもの(兵)”による“武断政治”であったが、武士道による“文治政治”により江戸時代を安全・安心・平和の世に導き、江戸を世界に例のない百万都市に発展させた知られざる名君が保科正之であった。

天守台しかないこと自体が、江戸時代の文化を象徴する文化遺産である。東京が世界に冠たる大都市に発展した礎(いしずえ)が文字通り“天守台”なのだ。そのまま大切に保存するのが平和国家日本のとるべき道である。
これを真似てこれ以降、焼失した城郭の天守が再建されることはなかったはずである。各藩が幕府の目を意識したというより、幕府の率先垂範を真似たのである。


本丸公園には天皇皇后両陛下の古果樹園など皇室関係の施設が多い。二の丸公園は昭和天皇の考えで植生の宝庫となり、一般公開されている。吹き上げ御所と濠で区切られ、一般公開されてはいるが皇居の一部である。

私には、文化を語ってはいるが、松沢成文議員が文化というものが分かっているのか疑問である。
たぶん、歴史を知らないのだろう。 経済一辺倒な感じがしてならない。


京都 祇園祭 千年の謎

京都 祇園祭 千年の謎

NHKテレビで表題の番組を見た(総合テレビ 7月23日)。
下の写真、名画1、名画2、名画3に示すように、100枚以上の絵画に描かれた「星模様絨毯」が、ヨーロッパ、中東絨毯生産国はじめ世界中を探しても、切れはしはもちろん痕跡すら見つからなかったそうだ。まさに「幻の絨毯」であった。

メトロポリタン美術館」の研究者梶谷宣子さんが30年前「京都祇園祭」を見物に来て写真を撮って帰り(写真1のような)、「メトロポリタン美術館」の研究仲間に見せたところ大きな驚きとともに問題の「星模様絨毯(写真2)であることが解った。

昭和61年(1986年)本格的な調査が行われた。これは紛れもなく「星模様の幻の絨毯」であった。日本人にとって絨毯は美術品であったから残った。祇園祭はまさに「世界の文化のタイムカプセル」なのである。

DSC01243.jpg
 名画1 アントニウスとクレオパトラ ヤン・ステーン作        クレオパトラとアントニウスの足元に絨毯の
                                                     「星模様」が描かれている

DSC01246 (640x366) (2)
 名画2 テーブル掛けとして用いられている「星模様絨毯」

DSC01249 (640x415)
 名画3 この絵のモチーフは女性奏者と「星模様絨毯」


DSC01253 (640x373) (640x373)
 写真1                             京都祇園祭「北観音山鉾」の前面を飾る「星模様の絨毯」 

DSC01250 (640x359) (640x359)
 写真2                                                「星模様の絨毯」の全体図

世界の文化のタイムカプセルといえば「正倉院」を思い出す。シルクロードの行き着く先の「美術品、宝物の貯蔵庫」である。京都 祇園祭 の凄さは、祭りという毎年大衆とともにあったものが、長期保存の仕掛けになったことである。


日本に残るのは、このような「美術品や宝物」だけではない。
文学、書籍、思想なども大切に保存される。中国では失われた書籍や美術品が日本に残っている例もあるという。
また、外国伝来だけでなく、日本固有の文化遺産も良く保存されている。
これは、「保守の国」日本の特徴と思われる。


実は「マルクス主義」「共産主義」も最後まで残るのは日本ではないかと言われている。新聞の論調を見てもそれは頷けるような気がする。この意味では、「マルクス主義」信奉こそ「保守」といえるかも知れない。

一方、例外的なものとして、明治維新の鬼っ子「廃仏毀釈」がある。神道を重んずるあまり仏教が排斥され、多くの伽藍や仏像遺産を失った。その意味で、明治維新はまだまだ研究の余地がある。


日本の保守の原点を考える

6e779f00319d385490f64df4054cb911[1] 庄内藩兵 手に持つは「スナイドル銃」 
                                          肩章は奥羽越列藩同盟が用いた日章旗


日本の保守の原点を考える   明治元年とは

日本の保守政治の原点はどこにあるのだろうか。
明治維新」にあるとする考えは妥当であろう。もう少し掘り下げていえば、明治維新の「勝者達」にあるといっても差し支えないであろう。

イデオロギーによる政治は20世紀で亡んだといっても差し支えないだろう。人類は20世紀をかけて膨大な犠牲を払いながら、共産主義、マルクス主義の壮大な実験を行い、「ソビエト連邦」は解体され、東西ドイツのベルリンの壁も崩壊した。中国は共産党の独裁政権であるが、それは「独裁」という政治体制の便宜的な姿に過ぎない。

ユーラシア大陸の東に「日本」が、西に「英国」がある。この両国は、大陸の影響下にあったが、地理的にはほどほど隔絶された距離にある。当然この両国の歴史は異なるが、大陸の文化を直接ではなく、ほどよく「醸成」「発酵」させながら比較的穏やかに独自に発展させて来たことは共通している。この「発酵・醸成」の作用は重要で、日英は高度な文明・文化を築き上げた。
共通する政治体制は「保守」と呼ばれるものである。すなわち、日本と英国両国に似合う政治体制は「保守」である。


保守とは何であろうか。私は「保守」とは「フィードバック」であると思う。絶えず「現状」を分析することにより望ましい方向にコントロールする。コントロールは微修正で、革命的な大きな変革、変動を伴わない。


明治維新に戻る。「明治維新」では一流の人物は死に絶え、二流が生き残った、と言われる。高校の「歴史」の先生にも聞いた憶えがある。もっとも、私が卒業した高校は、明治維新のとき徳川」家より「幕府」よりといわれた庄内藩の「鶴ヶ岡城」三の丸跡にあり、卒業当時の同窓会長は旧藩主直系の「酒井家当主」であった。薩長など藩閥といわれた藩の伝統を受け継ぐ高校でもこのようなことが言われていたのかどうかは知らない。

明治維新のとき一流といわれていた人物が残っていたら日本はどうなっていたのだろうか。「安政の大獄」では吉田松陰など多数の人材を失った。坂本龍馬など暗殺された人材も多い。高杉晋作は病死した。歴史の「if」を語るつもりはない。「保守」政治の原点として、これらの人材が作った理想的な明治政府を仮想し、「保守」のフィードバックの原点とするのは面白いし、日本の国のためにもなると思われる。おそらく、戊辰戦争はなかっただろうから、「靖国」はなかっただろし・・・。

この視点から、カテゴリ「明治元年」を充実させていきたい。

カテゴリ「明治元年」

尖閣

カテゴリ 明治元年

カテゴリの再整理  <右カテゴリ欄の「明治元年」をクリック>
カテゴリ「八重の桜」をカテゴリ「明治元年」に改める。
「戊辰戦争」は明治元年に戦われた。我々には「戊申の年」より「明治元年」の方が実感できる。
白虎隊も会津藩・庄内藩の戊辰戦争も明治元年のことなのだ。



慶応2年12月25日 1867年 1月30日 孝明天皇が崩御

慶応3年 1月 9日 1867年 2月13日
      儲君(皇太子)睦仁親王が践祚して皇位を継承(明治天皇)した。

慶応4年 1月 1日 1868年 1月25日 に遡って明治元年と定めた。 
         (慶応4年を改めて明治元年と為す)と法的に定められた。

慶応4年 9月 8日 1868年10月23日 改元の詔書が出された。


※ 慶応4年=明治元年=1868年は、戊辰(つちのえたつ、ぼしん))の年。
  すなわち戊辰戦争は明治元年戦争である



関連する政変
慶応3年10月14日 1867年11月9日 江戸幕府第15代将軍徳川慶喜が政権返上を明治天皇に上奏し、翌15日に天皇がこれを勅許した(大政奉還

慶応3年12月 9日 1868年 1月3日 江戸幕府を廃絶し、新政府の樹立を宣言した(王政復古、雄藩5藩(薩摩藩、越前藩、尾張藩、土佐藩、安芸藩))。

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR