FC2ブログ

茅の輪潜り(ちのわくぐり)

氷川神社 茅の輪  7月1日早朝 撮影

茅の輪潜り(ちのわくぐり)

近くの氷川神社で「茅の輪潜り」があり、今年も縁起を担いで参加した。

茅の輪潜りの由来
6月と12月の晦日(みそか、6月30日と12月31日)に行われる除災行事である大祓(おおはらえ)に由来する。大祓は、犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)という。

6月の大祓は夏越神事、六月祓とも呼んでいる。なお、「夏越」は「名越」とも標記する。また、「宮くぐり祭」や「輪くぐり祭」とも呼ばれる。

行事としての大祓
701年(大宝元年)の大宝律令によって正式な宮中の年中行事に定められた。衣服を毎日洗濯する習慣や水などのない時代、半年に一度、雑菌の繁殖し易い夏を前に新しい物に替える事で疫病を予防する意味があった。その後、応仁の乱の頃から行われなくなったが、江戸時代(1691年(元禄4年))に再開され、次第に広まった。


氷川神社 茅の輪

1871年(明治4年)の太政官布告にて明治新政府により「大宝律令」の「大祓」の旧儀の再興が命じられ全国の神社で行われるようになった。戦後には「夏越神事」「六月祓」の称も復活し、現在に至る。

夏越の祓では多くの神社で「茅の輪潜り」が行われる。これは、氏子が茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓うものである。

なお、茅の輪のカヤを引き抜いて持ち帰る人が後を絶たないが、本来は罪や穢れ・災厄をカヤに移すことで無病息災を得る風習であり、カヤを持ち帰ることは他人の災厄を自宅に持ち帰ることになるので(茅の輪のカヤを抜いて持ち帰るのは)避けるべきである。

出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』

>茅の輪を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓う。
このため、一人の通過時間が比較的長くなる。初詣など普通の参拝に比べ人出の割に長い待ち行列ができる。




アルジェリア人質事件の連想

東方見聞録 山の老人 全文
                                   東方見聞録 山の老人 全文 (図上クリックで拡大)
アルジェリア人質事件の連想 

マルコポーロ「東方見聞録」の一編の記述を思い出した。
アロアディンという山の老人がアシシン<刺客>を仕立てるという話である。

10 山の老人 <要約>

ムラヒダ地方にはむかし山の老人が住んでいた。ムラヒダとは異端のすみかという意味である。マルコポーロは土地の人からその話をきいた。

 山の老人はアロアディンといった。彼は山の谷間を囲いこんで、大きく美しい庭園とし、果樹を植え、楼閣と宮殿を建て、全てに金箔をはり、あざやかな色をぬった。マホメットは楽園について、葡萄酒や牛乳、蜂蜜、水の流れがあり多くの美女がいると述べているが、老人はこれをもとに庭園をつくり、この地方のイスラム教徒はこれこそ楽園だと信じこんだ。

彼は12歳から20歳までの武術のすきな少年を、一服もって深い眠りにおとしたうえで、庭園にはこびこむ。アシシン<刺客>に仕立てるためである。美女たちは満足のゆくまで接待し、青春の歓びをみたす。

アロアディンは素朴な住民に彼こそ偉大な預言者だと信じこませる。アシシン<刺客>を送ろうとするときは、また一服もって眠らせ宮廷にはこびこむ。青年にどこから来たかと聞くと、当然マホメットの言う楽園にそっくりの楽園から来たと答える。

そこで殺人の任務を伝える。帰ってきたら天使がお前を楽園に連れていく。たとへ死んでも楽園に行ける。そこで死の危険をおかして命令を遂行することになる。

 君主たちは恐怖心をかきたてられ臣下となった。何人かの部下たちはアロアディンをまね同じことをやっていた。一人はダマスクス領内で、ひとりはクルディスタンで・・・。

 1252年、後にイル・ハーンとなったフラグはこの悪行を聞き、この城を攻撃した。非常に堅固であったが3年目に食料が尽き陥落した。
                                                            <物語終り>

<コメント>
 「アルカイーダ」は、アルは定冠詞、カイーダは基地、要塞、塁、城を意味し、英語の The Base に相当する。上述アロアディンがつくったものはまさしく「アルカイーダ」である。アロアディンはウサマ・ビンラーディンということになり、アルジェリア人質事件の首謀者ベルモフタールはウサマ・ビンラーディンをまねて同じことをやった何人かの部下の一人なのか。このようなことが13世紀のマルコポーロの時代から間断なく続いてきたのであろうか。

 砂漠という厳しい環境だから人間はこのような「性悪説」に基づく行動をとるものなのだろうか。
日本でも「オウム」のテロがあったから,自然環境の厳しさだけによらない、誘惑するような要因があるのかも知れない。



<注1>ムラヒダ地方;イラン北部のアフガニスタン国境に近い地域、またはアフガニスタン? その辺
<注2>本棚を探したらあった。古典に類する本は捨てないようにしている。
     マルコポーロ 東方見聞録 青木富太郎訳 教養文庫 社会思想社(1969年)pp36ー37(上部写真)

年末年始

年末はアメ横へ、元旦は初詣に

アメ横
昨年はお世話になりました  

年末のアメ横の混雑はテレビで見るものと思っていたが、上野駅へは電車一本、たまにはと思い出かけて見た。
正月用の蒲鉾セット、蛸などを買い求めた。蒲鉾は安売りに負け2セットまとめ買いした。
雑踏はお祭りである。アメ横の雑踏を楽しんだ。外国の方々も多い。アジア系もイスラム系も日本の年末というお祭りを楽しんでいるように思えた。 


023 (3)
本年もよろしくお願いします 

初詣に出かけた。毎度のことであるが、参道で最初に出会うのは、「悔い改めよ」「キリストを呼び、求める人は救われる」「キリストは人に永遠の命を与える」などのスピーカー音と看板。
お宮参りの神道の場で良くやるもんだと思うとともに、日本は平和だとも思う。

武蔵国一の宮氷川神社。その由緒書きに、二千有余年前、第五代孝昭天皇の御代に創立、景行天皇の御代、日本武尊(やまとたける)は東夷鎮圧の祈願をなされ、・・・などとある。

地続きの県立博物館前に縄文と弥生の住居が再現されているが、その場所は真実の遺跡だという。
原始ここは渚であった。博物館前の池も、神社前の池も渚の跡であり、縄文・弥生の遺跡は渚のそばにあったのだ。そして、私の想像では、縄文・弥生人の祈りの場にこの神社が建立された。

日本は伝統を大切にし、代々継承し絶えることがない。今年は伊勢神宮で天武天皇の時代からつづく20年に一度の式年遷宮が行われる。

「武相荘」所感

武相荘  武相荘

「武相荘」所感

 先日、「武相荘」(ぶあいそう)へ行って来た。御存じのように、白洲次郎・正子夫妻の邸跡である。武蔵国と相模国の境界に位置することから命名されたが、「不愛想」と掛けている。もともと農家だったから、私にはどこか懐かしい感じがした。以前、白洲次郎主役のドラマがNHKから放映されたが、そのときNHKが輸入し撮影に用いたクラシックカーも置いてあった。

 今、「負けて、勝つ」という吉田茂のドラマをNHKが放映している。先週、白洲次郎と服部卓四郎のにらみ合いの場面があった。終戦後、服部が警察予備隊の幕僚長に任じられる予定だったが吉田茂首相の反対にあい実現しなかった。その顛末の一場面である。因みに、服部(山形県出身)は、荘内中学、仙台・中央陸軍幼年学校、陸士、陸大と全て石原莞爾と同じルートをたどったが、愚将とされる。吉田栄作の服部卓四郎はこのドラマで一番のはまり役かも知れない。迫力があった。
 
 マッカーサーにとって、朝鮮戦争は共産主義の脅威からの防衛であった。ドラマで、来日したダレスが赤い花は嫌いだと取り替えさせるが、マッカーサーも同じ思いであったと思われる。ソビエトが北海道の分割を要求したとき、大統領に相談せず俺の独断で阻止すると応じたという。副大統領から昇格し、半ば独断的に原爆投下を決めたトルーマン大統領を信じきれなかったようだ。また、朝鮮戦争の実体験から、日本はソビエト=共産主義の南下を食い止めるため緩衝地帯として満洲国を建国したと米国議会で演説した。ドラマを見ながら、日本の共産化、南北分割の恐怖に思いが至ったが、多く人に共感してもらえるとはとても思えない
  
プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR