東北電力、東電と賠償協議

畑作も境界                                                  畑作も立ち入り禁止を厳守
東北電力、東電と賠償協議   時事通信-2013/04/23など

東北電力が、東京電力福島第1原発事故に伴う損害賠償請求について東電と協議していることが24日分かった。事故による福島県での電力料金収入の低迷や、同県内の拠点が使用できなくなったことなどが協議の対象となっているもようだ。

事故で建設を断念した浪江・小高原発(福島県浪江町、南相馬市)の投資額185億円も含めて請求する可能性がある。電力業界内で、他社と損害賠償請求について話し合うのは異例。

政府の原子力損害賠償紛争審査会の指針に基づいて請求対象などを検討中で、「具体的な対象や請求を行う時期は未定」(同)としている。(2013/04/24-15:48)


東北電力女川原発は東日本大震災の大津波の被害を受けなかった。それどころか付近の津波被災者が原発建屋に避難した。東電、保安院、マスコミ、地震学会、などどこが言い出したか知らないが、想定外は嘘だったのである。

その顛末は本ブログにすでに書いた。 → <共同研究などの経緯 2012.9.9>  <共同研究>
電力業界内とはいえ、被災地に電力を供給する東北電力だからこそ。異例とはいえない。当然の行動だ。
だから

       堂々と賠償請求したらよい!
     むしろ賠償請求して欲しい!!
     いや、賠償請求すべきである!!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR