貞観津波堆積層のまとめ

 箕浦教授が発見した貞観津波の堆積層は、次のことを意味する。

○津波堆積物である。 

○約1000年の周期なので、それが即ち地震・津波の予知情報である。
 
○海岸から遠いので小さな津波は到達せずその堆積層はない。大津波だけの堆積層から成る。

○この津波堆積層に対応する大きな地震空白域が存在する。ここにコンピュータ数値シミュレーションの出番がある。今村文彦教授のグループがシミュレーションを担当した(東大地震研からも参加している)。島崎邦彦東大名誉教授はしきりに空白域に触れているが、このような津波堆積層の調査は空白域発見の一手法として重要である。逆に津波堆積層には必ず地震空白域が対応して存在する。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR