柏崎・刈羽原子力発電所3 直下に活断層?

map,11[1]

柏崎・刈羽原子力発電所3 直下に活断層?

国は「過去12万~13万年間」に活動した断層を活断層と定義している。東電は1,2号機原子炉建屋直下を通る「α 断層」と「β 断層」は国の定義より古いとして「活断層ではない」と主張してきた。両断層とも24万年前に降った火山灰より上の地層をずらしている(24万年より新しい)という。

しかし、原子力規制委員会(田中俊一委員長)が1月22日に示した新基準骨子案では活断層の定義を「過去40万年間」の活動まで拡大。この基準案が適用されれば、両断層が活断層とされる可能性が出てきた。3、5~7号機の原子炉建屋や4号機タービン建屋直下にも断層がある。

東電は現時点では「いずれも活断層ではない」としている。


<コメント>
柏崎・刈羽原子力発電所は出力821万2千キロワットの世界最大の新鋭原子力発電所である。
けじめをつけ、安全が確認された原発は稼働すべきというのが本ブログの意見である。
7月原子力規制委員会の基準値が決まる。その後の柏崎・刈羽 原子力発電所の命運が注目される。
日本は営々と<砂上の楼閣>をつくってきたことになるのか。

<参考>
東京電力は本原発において海抜高さ15mの防潮堤を2013年6月までに設置すると発表。1~4号機の防潮堤延長は800m以上、5~7号機は500m以上となる。併せて2013年9月までに原子炉冷却機能を失った場合の注水の溢れを貯める貯水池も設ける。

柏崎・刈羽 原子力発電所設備仕様; 出力合計821万2千キロワット(世界最大)
       原子炉形式                        運転開始    定格出力   施工
1号機  沸騰水型軽水炉(BWR)  GE社設計Mark-2    1985年9月18日  110万kW    東芝
2号機  沸騰水型軽水炉(BWR)  GE社設計Mark-2改  1990年9月28日   110万kW    東芝
3号機  沸騰水型軽水炉(BWR)  GE社設計Mark-2改  1993年8月11日   110万kW    東芝
4号機  沸騰水型軽水炉(BWR)  GE社設計Mark-2改  1994年8月11日  110万kW    日立
5号機  沸騰水型軽水炉(BWR)  GE社設計Mark-2改  1990年4月10日  110万kW    日立
6号機  改良型沸騰水型軽水炉(ABWR) 3社合同設計  1996年11月7日 135.6万kW   東芝/日立/GE
7号機  改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)           1997年7月2日  135.6万kW   日立/東芝/GE
(参考:東電公表内容)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「辻行燈」を拝読すると整理でき、有難く思っています。
柏崎刈羽原発には7号機まであり5機がGE社設計とは知りませんでした。

ブログに触発されまして、最近、小生の原発立地にかかわる思い出が湧いてきました。
昔、地質コンサルタント会社の依頼で、北陸の原発候補地の、層理の無いマッシブな堆積岩地層の傾きを調べる作業を何回も手伝ったことを思い出しました。

堆積岩を板状にして、X線装置で重鉱物の分布を調べる作業でした。原発立地の検討会で、委員の学者からの質問に何でも答えられるように、考えられる項目は全て調べるのだと調査を請け負った地質屋に聴きました。

そこまでやるのかと思うような作業を数年間やっていました。しかし最近、それらの調査結果が立地の最終判断に活かされたかどうかは怪しいと思うようになりました。


もう一つは、昔、柏崎の活断層調査に従事した友人からの最近のメールに、次のようなことが書いてありました。初めて知る情報でした。

当時の判断の基準は、活断層の証拠を見つけることができなければ、活断層ではないという結論です。
土地を買収し確保してから、縦横無尽に横抗を掘ったり、トレンチしたりで、活断層の現地調査ができるわけですから、実際問題とし原発建設中止となる活断層の評価は、明確な活断層の証拠がない限り当時は下せなかったでしょう。

今回の原子力規制委員会の判断の基準は、活断層でないという証拠が見つけられない限り、活断層ではないという結論は出せない。難しい仕事になるでしょう。


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR