新政権への期待 2

  震災復興

  優先せよ。民主党政権には実務能力が欠けていた。現場が分かっていないのだ。近くへ行っても現場を素通りしたらしい。実務・推進能力を見せつけて欲しい。官僚主導で予算枠が不明瞭、予算の横流しは<もってのほか>の<もって菊>。

  被災者を救うのは国家の国家たる所以にかかわる。ましてや原発事故は国家の犯罪的失政が原因である。専門家集団としての官僚の犯罪的失敗である。


原発事故避難区域入口 国道6号線北検問所
   原発事故立入禁止区域入口 国道6号線北検問所(当番は岐阜県警だった) 2012.11.5

<追記> 震災復興に関する抜粋を追記します
安倍晋三 「新しい国へ」 『文芸春秋』 創刊90周年記念新年特別号 2013年1月号 pp126-127


  東日本大震災からの東北復興は大きな政治課題です。国直轄の道路や鉄道は現状で九七%復興していますが、住宅については二〇%程度にとどまっています。

  私はまず復興庁の意識を変えていく必要があるだろうと考えています。復興庁の仕事の実態は、被災自治体が申請した復興交付金の使途を厳しく審査する「査定庁」となりつつあります。復興庁は復興交付金の使途を「最低限の生活再建」と限定しているため、各自治体の最初の申請のうち認可されたのは、六割未満にすぎません。

  しかしながら、被災地からの要請を、東京の役所の卓上で審査するだけでは、東北復興などできようはずもない。復興庁の職員は、原則は現地に拠点を置き、現地の人たちの声を吸い上げながら、どうすれば彼らの要望を叶えて、東北の復興につなげていけるかと考えるべきでしょう。

  さらに言えば、東北復興に求められるのは、「最低限の生活再建」ではありません。東北に経済特区を設置するという計画もありますが、大事なことは、震災をバネにして、創造と可能性の地としての「新たな東北」を創造していくことではないかと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR