FC2ブログ

ホワイト国から韓国除外  韓国「GSOMIA」を破棄

ホワイト国から韓国除外  韓国「GSOMIA」を破棄
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は極左翼政権であり、共産主義独裁国北朝鮮に憧れがある。北朝鮮に近づき半島統一政権または連邦政権をつくり、核兵器とミサイルを共有し、日本に報復する恐れがあるという一つの「あらすじ」を考えるのは私だけではないであろう。
皮肉にも韓国の反日・報復の原因になる嘘(フェイク)に基づく「プロパガンダ」は同じく共産主義に憧れている「日本の朝日新聞」が担当したことになる。すなわち、日韓関係破綻の大きな原因は朝日新聞にある。

日韓関係については、韓国と朝日新聞はじめ日本の反日メディアのフェイク報道にあきれ果てたので最近は書いていない。朝日新聞は、自分の報道の影響力が大きく、ついに日韓関係を破綻状態に追いやったことを「悦に入っている」のか、鈍感で「自分には関係ない」と思っているのか、関連を非難されても『言い逃れは簡単』と見切っているのか? 
得たりとばかりに、朝日系の報道は安倍首相官邸の外交の失敗と評価したいようだから、やはり日韓関係破綻状態を「悦に入って(喜んで)いる」ようだ。
この際だから言っておこう。反日朝日新聞は日本にいらない。国民・市民(もちろん、ときの政権)の害になるだけだ。みなさん、朝日新聞に1銭でも金を払う行為はすぐにやめましょう。


8月22日、韓国政府は日韓の軍事情報包括保護協定 「GSOMIA」を破棄 すると発表した。
2016年11月23日に発効した同協定は2019年11月22日に失効することになる。
韓国の主要中道右派新聞各社も韓国政府の決定に驚いているようだ。


関連事項を列挙する
〇2019年6月28日(金)、29日(土) G20大阪サミット
首脳会議、首脳会談では本音・本質を語らない場合が多い。アメリカ随行員が英、仏、独などの随行員に韓国に対する不満とそれを止めることが出来ない日本に対する不満を伝えていた。日本が情報力と軍事力を使い自国の貿易商品の不正利用を監視していないことに関する不満である。日本の自衛力、情報力は大丈夫かということである。
日本から韓国へ『ホワイト国』優遇で輸出された商品を韓国が闇営業し、禁輸国へ横流ししている事実をアメリカが掴んでいるのだ。まず、日本が疑がわれたが不正はなく、韓国の不正が明らかになったという。

〇2019年7月1日 韓国への3品目の輸出優遇措置撤廃と『ホワイト国』から除外検討を発表
輸出優遇措置撤廃の3品目とはフッ化ポリイミド、半導体の基板に塗る感光剤のレジスト、半導体の洗浄などに使うフッ化水素である。いずれも世界シェア(市場占有率)が高く、軍用品に使われる可能性があるため政府が輸出量を管理している。7月4日から実施している。以前は、一度申請すれば3年間は申請なしで輸出できたのだが、この「優遇措置」を取りやめることになった。禁輸ではなくウラン濃縮、VXガス、サリンなどへの軍事転用への管理の強化である。
日本の情報力不足をアメリカに指摘された。G20大阪サミットで韓国を除く18カ国には知れ渡っていたことである。


〇2019年8月28日 「ホワイト国」から韓国を除外する政令施行
安全保障上の輸出管理で優遇措置を受けている「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外する政令が2019年8月28日に施行される。7月の半導体材料3品目に続く、対韓輸出管理厳格化の第2弾で、日本が優遇対象国の指定を取り消すのは韓国が初めて。事実上の報復として韓国は日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を発表しており、日韓の対立は通商分野から安保協力に拡大している。
未だに韓国は「ホワイト国からの除外」を未練がましく(だが高圧的に)言っているが、韓国は『G20大阪サミット』の日韓を除く18カ国の無言の合意事項でもあることを知らないらしい。



日本の問題点 大丈夫か? 日本の情報力・自衛力
日本政府は3年前から、『ホワイト国輸出優遇措置品目』について打ち合わせしたいと韓国に提案していたが無視されてきた。この問題は前朴政権では問題にならなかったが、現文在寅政権に代わってからの問題と認識できる。
だから、G20大阪サミットでアメリカに指摘されるまでもなかったのだが、残念ながら日本の情報力、自衛力の欠如と指摘されても仕方がない。
日本は「スパイ防止法」を整備し自衛のための情報収集力と情報漏洩(スパイ防止)を徹底すべきである。それに憲法を改正し自衛隊を憲法に明確に記すべきである。これは日本の周辺国の状況を見ると『火を見るより当たり前のこと』である。朝日新聞は(中学生レベルの)屁理屈の作文を書くが、朝日とは反対のことをやるのが正しい日本の進む道である。  以上


     DSC09815.jpg TV東京
      徴用工問題 廬武鉉政権(2005年)の見解  解決済み 責任を韓国政府が持つべき
      現文在寅大統領はそれを決定した委員の一人 → 13年後、 ゴールポストが動いた

※付録 徴用工問題  
韓国は「ホワイト国からの除外」を歴史問題である『徴用工問題』に対する安倍政権の反撃であるという。そうではないことは上述のことから明らかである

韓国の李宇衍氏は徴用工問題の研究を行なっている。ジュネーブの国連欧州本部でも講演した。
李宇衍氏いわく「徴用工へのヒアリングを重ね、資料を研究した結果、強制連行や奴隷労働はなかったといえる。韓国人は日帝時代、多くの人が強制的に引っ張られ奴隷のように働かされたと思っています。しかし、日本の制度的にはそうしたものは存在しなかった。それは次の3つのことからも明らかです。
【1】徴用工の賃金は正常に支払われた。【2】労働者には自由があった。【3】お金も自由に使えた。
ある人は真面目に貯金をし、韓国に送金していた。家を建てるために借りた金を返済し、更に農地を買った人もいました。逆に賭博などで賃金を浪費した人も多くいました。徴用工問題は、日本は“絶対悪”、韓国は“絶対善”と考える『反日種族主義者』 たちによって、歴史認識が歪曲された ものだと私は考えています」


韓国には仕事がなく、密航までして日本に来て働いた。日本では成年男子で優秀な働き手こそ「兵隊」として出征し、韓国人は仕事を選び放題だった一面もあった。かなり高給で雇われた例も多かった。
今回判決が言い渡された人たちについては日本に来た経緯なども個々に分かっているが、判決は事実と違うことが判明している。
韓国映画『軍艦島』は史実を無視した全くの創作で、歴史を知らない若い韓国人が映画『軍艦島』を史実と思い込み盛り上がってもらっては永久に『恥ずかしい韓国』が継続することになってしまう。


付録2 8月30日追加  GSOMIA脱退は文在寅大統領の選挙公約だったそうだ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR