FC2ブログ

大祓 (おおはらえ)  半年間の厄災を祓う行事

大祓 (おおはらえ)  半年間の厄災を祓う行事
神社では1年の終わりである大晦日と、1年の半分が終わる6月末日の2度、大祓という行事をおこなう。

6月末日に行われるのが「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」で「茅の輪くぐり」が主な儀式の形式です。
郷里の「椙尾神社(すぎのおじんじゃ)」では山越えして「御神輿」を運び日本海で清める儀式が行われます。 
大祓の儀式により、厄払いをして、清浄で清々しい7月1日を迎えます。


安本美典説
安本美典氏によると『欠史』とされる時代(第1代神武天皇〜21代雄略天皇)は、新月~満月で1か月、満月~新月で1か月、すなわち、1か月は陰暦の半分の日数(14~15日)であった。
参照 → 本章末のクリックをクリック  http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-entry-291.html
だから、1年12か月の期間も現在の半年に相当する。

安本説が成立する主な根拠は、①『記紀』に記されている『欠史』の時代の天皇の寿命が、神武天皇=137歳、孝安天皇=123歳、崇神天王=168歳など、あり得ない高齢であったこと。半分にすると現実的な年齢になる。②天皇が例外なく月の15日以前に亡くなっていること。などである。


大祓 は、『欠史』の時代に毎年大晦日に行われた儀式がそのまま継続したものであろう。それ故、神社の行事として、現在の大晦日と6月末日の大祓は同格であったと思われる。また、7月1日も『欠史』の時代には元旦であった。 

   tides[1] (2)
        満月             地球            新月                    太陽
            満月と新月のとき、月と太陽の潮汐作用が一致し、潮汐作用は最大となる

欠史の時代に、なぜ今の半月を1か月としたのであろうか。
半月で1周期である自然現象に潮汐作用がある。その周期は、新月~満月、満月~新月、の周期と一致する。上の図を参照
貝塚に見られるように、海は食料を得る重要な場所で、磯漁の体験から潮汐作用の周期はよく理解されていた。だから、欠史の時代、倭人は月の満ち欠けの周期より、潮汐作用の周期を感覚的、体感的に重視したのであろう。

郷里の「椙尾神社」の「御神輿」を日本海の磯で清める大祓の儀式も理解できる。


7月1日 は,欠史時代の元旦に相当する。だから、去る7月1日は令和の最初の元旦と見なし得る。
7月1日が誕生日の私は清々しい気分で運転免許証の書き換えを行った。
安全・無事故無違反を期している。


安本説参照クリック
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR