FC2ブログ

皇位継承 1

皇位継承 1
『皇位継承者は男系でなければならない』
神武天皇から126代今上天皇まで皇統は例外なく男系により継がれてきた。
そのうち女性天皇は8人10代在位したがすべて男系であった。
 

女性宮家 
女系は皇室、天皇家ではなく婚姻相手の男性の血統に代わることを意味する。
例えば、真子様と小室圭の間の子供は女系で皇室ではなく小室家に属する。それ故、真子様は皇室に所属し得ても、小室圭とその子孫は皇族にはなりえない。

一般参賀で小室圭殿下(?)が長和殿のベランダから手を振る光景は悪夢でしかなく、女性天皇と婚姻関係にある一般男性の敬称を「陛下」と称するのも衝撃的で違和感がある。
だから、女性宮家は皇統・天皇制を継続するための制度にはなりえない。

女性宮家を提案、支持している政治家、マスコミは、いわゆる『リベラル派』『共産主義者』で、皇統の繁栄ではなく皇統の断絶を狙っているとしか思えない。夢々だまされることなかれ。

イギリスの例ヴィクトリア女王がなくなり、長男のエドワード七世が王位に着いたとき、女王の夫君のドイツの実家の名にちなみ王統は『サクス=コバーグ=ゴータ家』に代わった。イギリスでも男系を意識している。第一次世界大戦で英独が敵国として戦ったときそれをさらに『ウィンザー家』に代えた。二重に男系を意識していることになる。 英国の例から、もし真子様と小室圭の子孫が皇位に着いたとき天皇家(姓を持たない)から小室家(小室王朝)に皇位が移ることになる。それでいいのか?


  19c8ddfe[1] (2)
          信任状捧呈式のため皇居に向かう新任大使または公使を乗せた偽装馬車

旧宮家
現在、男系男子の皇位継承者は3名しかおらず、女性宮家創設を認めざるを得ないという議論がなされている。

不思議なことにGHQにより昭和22年に『皇籍離脱』させられた宮家の情報は封印されたままで聴こえてこなかった。しかし、最近、『水間政憲氏』の著書で明らかにされたことによると、七宮家十家族に『男系男子』が多数いる。
例えば、明治天皇の孫である東久邇宮盛厚王(母は明治天皇皇女聡子内親王(泰宮))に上皇(平成天皇)の姉である照宮さま(茂子内親王)が嫁いだという非常に皇室の血が濃い旧宮家に男系男子が5名もいるという。


「宮家」、「旧宮家」と「皇別摂家」を合わせれば120名もの男系男子がいらっしゃるという。 
因みにイギリス王室は百何十位まで王位継承権が与えられ、中には巷間の一般サラリーマンなどもいるという。王制を維持し国体を守るために他ならない。日本にも『宮家』を名乗らないそういう存在があってもよい。


「『世俗に染まった旧宮家出身者』を国民は受け入れない。」と言われているようだ。果たしてそうだろうか。
真子様と小室圭のテレビ、週刊誌、ネット・・・etc.沙汰は十分世俗的だと思うんですが?


旧宮家が皇籍を剥奪された後、昭和天皇によって「菊栄親睦会」がつくられ、新年の祝賀や天皇誕生日など定期的な昼食会が開催されているが、東久邇家はその中心メンバーという。
一方、清子内親王(紀宮、内親王 → 降嫁;黒田 清子、上皇明仁第一皇女)は降嫁して黒田清子(くろださやこ)となったが、2017年(平成29年)6月19日に伊勢神宮祭主に就任し、皇室関連のお仕事をなされている。祭主は名誉職ではなく大変な責務を伴う世俗に染まった人材ではなしえない聖職である。これまでは上皇陛下の姉「池田厚子さん」がやっていたが、高齢のため黒田清子さんが引き継いだ。歴代、皇族が引き継いでいる。



2004年、小泉政権下で設置された「皇室典範に関する有識者会議」の報告書内容
・女性天皇及び女系天皇を認める。
・皇位継承順位は、男女を問わず第一子(愛子内親王)を優先する。
・女性天皇及び女性の皇族の配偶者も皇族とし女性宮家の設立を認める。
・永世皇族制を維持する。
・女性天皇の配偶者の継承は「陛下」とする。

悠仁親王の誕生により見送られたが、野田佳彦内閣でも再燃した。内容は極めてショッキングである。
皇統が護られず一般家に代わることは「皇位簒奪」である。そこには卑しい「暗躍」もあり得る。

それよりは選挙で選ぶ「大統領制」の方が増しである。
それが天皇制の廃止をもくろむ『リベラル派』『共産主義者』の狙い・付け目である。
彼らは皇室が国民に人気があり、天皇制廃止を正面から唱えると国民の支持を失うことを知っている。
政党は支持率を失い、新聞、雑誌は発行部数を減らし、テレビは視聴率を下げる、のを恐れている。


※「天皇、皇室」に関する記述は、右「カテゴリ」欄の「天皇、皇室」(上から19行目)をクリックしてください。

続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR