FC2ブログ

日本の現状

日本の現状 1
平成が間もなく終わるにあたり、日本の現状について述べたい。

経済
わたしは未だにアベノミクスに期待しているのだが、現状は満足すべき状態にはない。1の矢:金融政策、2の矢:財政政策、第3の矢、を含めアベノミクスを完全に実行すれば日本経済は回復すると信じている。
日本の政治家の経済音痴ぶりには困惑しているほどだから、政権が与野党誰に代わってもアベノミクス以上の経済政策を出せるとは思えない。ただし、自民党の一部に経済が分かる国会議員が出てきていることに期待はしている


財務省
は日本の「癌」である。エリートとは本来「国民の犠牲」となり、ときには国民のため命を張る存在なのだが。かつて王室を含めイギリス貴族は戦死割合が最も高かったという。日本のエリートは、自分等が一番偉いのだから、一番の報酬を得るのが当然とし、天下り先作りに余念がない。国税の徴税権と警察権に等しい査察権(国税局査察)は財務省から分離(剥奪)すべきである。財務省は、国会議員、企業(特に新聞、テレビなどメデイア)、評論家(特に意見を異にする経済評論家など)に睨みが効く存在なのだ。まさか、安倍首相の弱みを握っているとは思わないが、新聞もテレビも野党議員も財務省への批判を抑え、むしろ「ゴマを摺っている」。


アベノミクスの税収増分はPB(プライマリーバランス)黒字化に使われ、第2の矢:財政政策には使われていない。国土強靭化、防衛など喫緊の課題が放置され、おまけに日本の経済発展の足を引っ張っている。このままでは日本が「縮小」するだけである。

経営トップ
がだらしない。現在の経営者は創業・高度成長時の次の世代のサラリーマン経営者が多いためか決断力が弱く経営の安全運転しか出来ない。
一に、労働分配率を低く抑え、内部留保を蓄積するだけである。
二に、イノベーションが進まないどころか、日本発技術の実用化すなわち『技術革新』の足をさえ引っ張っている(東芝など)。
三に、政治家の中国訪問には、物欲しげに金魚のうん子のように追随する。老害の経営者にはつくづく「大丈夫か日本」と思う。

※シュンペーター:イノベーションとは経済活動の中で生産手段や資源、労働力などをそれまでとは異なる仕方で新結合することと定義した。「技術革新」(「technical innovation」あるいは「technological innovation」)は新技術開発を伴い意味が違う。

         nihonkoku[1] (2)
         日本国:山形県と新潟県境の日本海に近い標高555mの山 山名とともに出羽三山
               開山の歴史・伝説にも関係するので登山者に人気がある

              改元にあたり、日本国のこの階段を一歩一歩着実に昇りたいものだ

グローバリズム
グローハリズムは全体主義である。
共産主義に代表される全体主義は経済の循環を阻害する効率的でないシステムである。
人口の1%が99%以上の資産を所有するというアメリカの富の偏りはグローバリズムを推進する。
グローバリズムは国境に関係なく、資本が国家間を支配する。現に産業を育成する国家の政策が海外資本の損失につながったとして、国家が巨大企業に損害賠償するというおかしなことが起こっている。


法人税を下げ消費税を上げるのは国家のグローバリズムに対する忖度である。
全体主義グローバリズムは経済運営上効率的でないことを喝破すれば、法人税を下げ消費税を上げる選択肢はあり得ない。

安倍政権は10月に消費税を8%から10%に上げるとしているが、経済対策としては間違っている。おまけに不況に入りそうな最近の国際経済情勢からも、二重に消費税を上げるべきではない。人に優しい瑞穂の国の経済運営をするには三重に消費税を上げるべきではない。
国政選挙を前に、消費税を上げない決断は安倍首相の専権事項として残っている。決断するだろう。
消費税を上げるために多方面の経済対策が立案されているが、それはそのまま実施すればよい。


竹中平蔵は日本のグローバリストの代表である。小泉政権に深くかかわり、今も安倍政権」に深く」かかわっている。
人材派遣会社を経営し、成功者だと自認している。経済評論家『三橋貴明氏』が批判したとき、「成功者に焼餅を焼くのか」と言ったという。
人材派遣法を強化し、日本に貧乏をばらまき経済の循環を妨げ日本のGDPを減らしたのは小泉政権の『竹中平蔵』である。名参謀「竹中半兵衛」ではないし、火付盗賊改方「鬼の平蔵」でもない。労働者の生き血を吸う『吸血鬼ドラキュラ伯爵』が相応しい。

日本は脱「グローバリズム」化し、人に優しい瑞穂の国の経済制度を確立すべきである。
達成の暁には人類の尊敬を集めるだろう。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR