FC2ブログ

ウインストン・チャーチルによる好戦的策謀

     「歴史のファクト」「歴史修正主義」および「コミンテルンの策謀」など  
         その2 ウインストン・チャーチルによる好戦的策謀

        2016040600012_1[1] (2) チャーチル

チャーチルレトリック(文章、演説)の天才である。
チャーチル自伝は高校時代、英語の教科書にあった。チャーチルは文章の天才だから、私は「ガリア戦記」で知られるシーザーと同質な天才的英雄だと思っていた。日本にはチャーチルファンが多いからアマゾンの書籍一覧にもこの自伝は凄いとの書評がある。確かに、レトリック力に優れたチャーチルの史書は面白い読み物であるが、彼の演説、文章は国家を、世界を誤った方向に動かした。
チャーチルの著作「The Second World War Ⅱ(第二次世界大戦回顧録)」が直接的なノーベル文学賞受賞の理由となったらしい。
「チャーチルの名言集」なども有名である。

日本国内にもチャーチルを賛美する著書が多い。
ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 (角川文庫)
チャーチル 不屈のリーダーシップ
危機の指導者チャーチル (新潮選書)冨田 浩司 などなど枚挙にいとまがない。


ハーバート・フーバー米元大統領によると、以上は、従来通りの歴史観「釈明史観主義(釈明(apology))」の歴史観による評価である。
しかし、最近のファクト(事実)重視の「歴史修正主義」によるチャーチルの実像、評価は違っている。以下にそれを解明する。



歴史を簡潔に振り返る。

第一次世界大戦
1914年にオーストリア皇太子がサラエボで暗殺されたことがきっかけで起こった。
オーストリアードイツ連合とロシアーフランス連合の間に戦争が起こる。
初期にイギリス外相エドワード・グレイによる和平仲介がなされた。すなわちイギリスは傍観者であった。
 
ドイツがフランス攻撃のためベルギー通過を求めたがベルギーは拒否。ドイツはベルギーに侵攻した。
イギリスはベルギーの中立保障条約を根拠に対独宣戦布告した。すなわち、小国ベルギーがドイツの通過を拒否したのは、イギリスへの小国らしい甘えがあったためと言われている。

イギリスのハーバート・アスキス政権は非干渉の立場をとる勢力が主流だったが、70年以上前の古びた条約を根拠に対独戦争を強硬に主張したのが若きチャーチル(40歳、海軍大臣)で、ロイド・ジョージ蔵相も同調した。閣議により参戦が決まると内閣は瓦解しそうになるが、それを防いだのはチャーチルのレトリック力ある演説・弁舌であった。イギリスの世界覇権維持強化のための戦いであった。
アスキス首相はチャーチルの好戦的性格に驚いた。

イギリスのドイツの非人間的な非道・残虐行為に対するプロパガンダは国内、海外に対し徹底していた。
アメリカはイギリスに武器輸出をしたが、隠蔽のため客船も使った。ドイツはそれを防ぐためアメリカの客船を攻撃した(その客船が武器を積んでいたことは戦後に解明されている。)。それを機にアメリカも参戦し、世界大戦の様相を呈した。アメリカはイギリスの軍需工場と化し未曽有の繁栄を謳歌した。


第一次世界大戦はドイツの敗戦に終わり、ヴェルサイユ条約が結ばれたが、敗戦国ドイツにとって屈辱的で非現実的な賠償請求がなされた。いわゆるヴェルサイユ体制という敗戦国ドイツにとって不正義な地獄の条約は、やがて「ヒトラー」の出現」の原因となり、第二次世界大戦の原因を萌芽させることになる。


1929年、保守党の選挙敗戦(スタンリー・ボールドウイン内閣)を受けてチャーチルは大蔵大臣の座を降り、作家に専念した。アメリカ事情の視察に行き、政治家、財界の進めるままにギャンブラーチャーチルは株を買ったが、ニューヨーク株式市場の暗黒の木曜日(1929.10.24)に遭遇し、大きな借金を負った。

1935年イギリスの総選挙でボールドウインが首相の座に帰り咲いたが、チャーチルに入閣の声はかからなかった。チャーチルはベルサイユ体制固定化の旧態依然の思想でその不正義に鈍感であった。また、肌の色の違いによる強い人種差別主義者であった。
閣内に入れないことでチャーチルは存分に政府批判を始めた。ヒトラードイツに対しその反ユダヤ政策は好都合であったが、現在の視点のユダヤに対する「ホロコースト」はまだ起こっていない時代の話であることは注意すべきである。チャーチルはレトリックを駆使し、雑誌などを動員して徹底的にヒトラードイツを批判した。


1937年同じく保守党のチェンバレン内閣に代わったがチャーチルは同様に閣外であった。ヒトラーが東進したければ東進させスターリンと戦わせるというのがイギリスの基本的考えで方であったが、それを引き留めたのは小国ポーランドに対するチェンバレンの方針転換とそれに追随するフランス外交であった(ダンツィヒ・ポーランド回廊問題)。それはポーランドという小国の安全保障であることは第一次世界大戦におけるベルギーの立ち位置に似ている。すなわち、小国のわがままが世界の方向を誤らせた。ポーランドに関する英仏のこの誤りがなければ、カチンの森におけるポーランド将校1万2000人のソ連による殺戮も、第二次世界対戦も起こらなかったであろう。

チャーチルの巧みなレトリックによるイギリスの世論操作も影響した。
1939年9月4日、チェンバレンは万策尽き遂にドイツに宣戦布告し、数日前無任所大臣にしたチャーチルを海軍大臣に任命した。
1940年チャーチルは首相に着任し、1941年12月日本が真珠湾攻撃したとき、同じく好戦的なアメリカのルーズベルト大統領と電話会談し快哉の祝杯を挙げた。アメリカはルーズベルト大統領の意に反しヨーロッパの戦争には加担しないという世論が80%を超え圧倒的だったが、真珠湾攻撃は世論を動かしアメリカは太平洋戦線とヨーロッパ戦線に参入した。

<まとめ>
日本の東条内閣も馬鹿であるが、チャーチルとルーズベルト(FDR)という好戦的な指導者の存在は世界と日本にとって不幸であった。
チャーチルとルーズベルトが共産主義の脅威に鈍感でスターリンを味方に引き入れたのは歴史的皮肉である。東進するヒットラーとスターリンを戦わせるのが歴史的な必然であるという見方は当時でも常識的な見方であったのだから。
チャーチルもフランクリン・ルーズベルト(FDR)も愚かな指導者であった。もちろん日本の東条英機も軍部もだが。


戦争を始めるのは誰か  (これが本稿で参考にした著書名である。渡辺惣樹著:前稿参照)
チャーチル第一次世界大戦と第二次世界大戦を始めた人類にとっての大犯罪者である。
ヒトラーも彼の手のひらで踊らされたに過ぎない。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR