小沢一郎 無罪確定

ニュース抄録

  政治資金規正法違反(虚偽記入)罪で強制起訴され、一、二審とも無罪になった「国民の生活が第一」の小沢一郎代表(70)について、検察官役の指定弁護士三人は十九日、最高裁への上告を断念した。

  検察審査会の起訴議決を受けた強制起訴から一年十カ月。今月二十六日の上告期限を待たずに小沢代表の無罪が確定した。「二審判決に憲法違反や判例違反がなかったか検討したが、見当たらなかった。上告しないと決めた以上、いたずらに被告人の立場を長引かせるべきでないと思い、上訴権を放棄した」「民意に応えられたかどうか、評価を待ちたい」と語った。

  今月十二日の二審・東京高裁判決は、一審判決と同様、「違法性の認識がなかった可能性があり、元秘書との共謀は認められない」と判断。収支報告書の作成に携わった元秘書の故意の一部を否定するなど、小沢代表の無罪を一審より明確にする内容だった。※


  小沢氏「3年7カ月余りの捜査と裁判の日々は本当に忍耐の毎日で、大変厳しい試練の月日だった。支援、励ましがなければ重圧に耐えることはできなかった」と総括。



  ※一審はこれ判決なの? と思ったほど情緒的・非論理的な内容だった。
   3年7カ月は解散した民主党政権の寿命とほぼ同じ。マニュフェスト違反の原因かな?





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR