FC2ブログ

間違いだらけの日本の経済政策

間違いだらけの日本の経済政策

日本の経済政策は間違いだらけであった。
1990年前後バブルの時代があり、インフレで土地価格なども上がり、庶民が土地も買えずマイホームなどは夢といわれ、バブル潰しが正義とされた。
しかし、政府の大きな赤字(財務省の赤字、日本国(民)の赤字ではない)やデフレに悩まされている今となってはこれらの経済政策が間違いであったと反省する必要がある。あの時代のバブル潰しが間違いであったと、平均的な日本人に話をすると、正義と思っていたことを否定すると言わんばかりに怪訝な顔をされる。

       maxresdefault[1]  渡部昇一

思い出すのは「バブルの何が悪い」という少数派の論陣を張ったのが「渡部昇一」であったことである。バブル時代「あわててバブルをつぶすことはない。余計な政策はいらない。ホッておけば落ち着くところに落ち着く」というのが彼の主張であった。「崖を落下」するようなあの急激な株価の低落に代表される経済を急速に冷え込ませたことがなければ、そしてその積分値を補正すれば政府の赤字は今より大分少なかったであろう。

渡部昇一
今年4月に亡くなった「渡部昇一」は英語学の泰斗であるが、時事問題、歴史などにも通じた碩学であった。何故渡部は経済にも通じていたのか?
            3fefb815[1]  フリードリヒ・ハイエク

1 経済学者で思想家のフリードリヒ・ハイエク(経済学、政治哲学、法哲学、さらに心理学にまで渡る多岐な業績を残した。20世紀を代表する自由主義の思想家。ノーベル経済学賞受賞。ウィキペディア)が来日するごとに通訳をし、ハイエクに関する著書もあり、ハイエクを入り口として経済学に通じていた。 


         yoshimune[1]   徳川吉宗

2 「腐敗の時代」や「世界一の都市 江戸の繁栄」(日本の歴史 4 江戸編)などの著作で「江戸時代」の経済・文化を論じている。学校の歴史で学んだ江戸時代の「改革」に関し、目から鱗が落ちるほどの衝撃を受けたことを憶えている。概要は経済が繁栄し町民文化が栄えると、幕府トップ(徳川吉宗;享保の改革)、幕閣(松平定信;寛政の改革、水野忠邦;天保の改革)などにより、経済のみならず文化も潰された。

4代家綱を保科正之が補佐し5代綱吉の時代になると「元禄文化」が花開いた。金銀が外国にながれ財政に困った幕府は通貨の改鋳を行い小判の金含有率を下げ財政を維持し文化の興隆期を迎えた。勘定奉行「荻原重秀」の手腕であった(改鋳は紙幣を通貨とする現在の経済常識に叶っている。5代将軍綱吉は大阪商人淀屋潰しなどをやったが)。

吉宗の後、9代家重、10代家治の将軍家個人の力が弱い時代になると「田沼意次」が台頭、し経済が発展し、前野良沢、杉田玄白、平賀源内、与謝蕪村、上田秋成、賀茂真淵などを輩出し、米沢藩の上杉鷹山など地方の藩にも名君が輩出し経済が興隆した。これは渡部昇一が名著「腐敗の時代」ではじめて明らかにしたことである。



官僚の跋扈
江戸時代は経済が興隆し町人文化が栄えると、幕府・幕閣と官僚である武士階級が妬ましさから経済・文化潰しを繰り返した時代であった。
現代も、官僚が日本の足を引っ張っている。一番の大物は経済官僚である。プライマリーバランス(基礎的経済収支)だけしか見えず、インフレターゲット完遂の足を引っ張っている。財務省は、財政収支報告の解釈を分かりづらくして誤魔化し、官僚自らの利益誘導のため国政に無駄な外郭組織をつくり天下りするなど、税金の無駄使いを行っている。

アベノミクスで日銀の金融と財務省の財政の両輪を廻さなければインフレ脱却はままならない。今は財務省の方が足を引っ張ている。2%のインフレ達成で国内の個人消費が伸び、自ずから年20兆円の返済をしたことにもなる。官僚が無駄遣いをして我儘を言っているのは、江戸時代の幕閣・武士階級官僚の妬みと同じである財務省が足を引っ張っている。安倍首相よ彼らを抑えよ。

江戸時代から明治維新と言われる時代を通過したが、日本の官僚制度の問題は何ら変わっていないのかも知れない。選挙でなく試験で採用しただけの官僚に権力を振るわれる覚えは全くない。モリカケ問題で文科省の“前川某”という“天下り問題で首になった官僚”を安倍憎さで持ち上げているメディア、マスコミも能力がなく期待できない。文科省告示の4条件は農林族石破氏と官僚のでっち上げに過ぎないが、そんなものを獣医学部設置の条件にするなどは民主政治を無視した話である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR