FC2ブログ

「加計学園問題」 朝日新聞とその亜流の嘘を暴く

「加計学園問題」 朝日新聞とその亜流の嘘を暴く
  参考;前出
  参考:前出;獣医学の人獣医学双方にまたがる業績の例 北大獣医学部 

DSC07948 (3)
 2017年5月17日 朝日新聞一面の「新学部「総理の意向」」なる記事の写真
都合が悪い部分を読めないようにした切り取り写真だ。よくやる音声の切り取り、編集に等しい新手の「偽物(フェイク)」記事の証拠。これが日本をリードするとプライドを持つ新聞のやることか? このままだと日本がつぶされる。

 
  
朝日新聞が「安倍晋三首相」を天敵にしているのは今に始まったことではない。
朝日の社運を賭けた「揚げ足取り」「印象操作」「報道しない自由」「切り取り操作」などよる嘘報は、まさに「テロ」である。「テロ」とは大げさなと思われるかも知れないが、「ペンは剣よりも強し」(The pen is mightier than the sword.)という。
「文は武に勝る」というから、暴力・武力による「テロ」同様、当然「ペン・文・報道によるテロ」もある。


だから、「報道の自由という名のもとの「テロ」」は、「武力による「テロ」」同様罰せられなければならない。
しかし、法律による罰は非常に難しく問題が多いから、我々一般国民・読者が判断し、一人ひとりが行動で示さなければならない。
「吉田清治」の慰安婦問題で発行部数を減らしたが、社運を賭けた加計問題に関する「嘘の報道」でもさらに発行部数を減らす覚悟があるのだろう。日本国民は自己判断で行動し、あるかどうか知らん朝日の覚悟に「不買」で応えなければならない。


「加計学園」問題は学園の理事長加計晃太郎氏が「安倍晋三」首相の親友だから生じた問題である。
加計晃太郎氏と親友だから、首相という権力を悪用し、加計氏に「獣医学部」創立という権益を授けたというのは分かりやすいが、果たして真実はどうか? 朝日が報道を避けている事実を組み立ててゆくと、情報を曲げ嘘をついていることがわかってくる。

朝日は、「前川喜平」前文科事務次官を立派な官僚だったと持ち上げている。文科省から大学への天下り問題であれだけ叩いた前川氏に対し掌を返したように反対のことを言っている。
前川氏の座右の銘は「面従腹背」であるという。すなわち行政の上位者(首相、大臣等)に対し、従う振りをしていたいうことになる。まさに人間としても官僚としても屑である。そして、今、官僚をやめ無事8000万円の退職金をもらったから、元上位者首相を貶める嘘を堂々とついている。



朝日新聞亜流の毎日、東京新聞とその関連テレビ局、テレビ朝日、TBS等の報道も似たりよったりであるが世論への影響はこちらの方が大きい。耳目に蛸、ハローができるほど虚報を繰り返し世論を動かしている。市民・国民はこれを喝破する能力を持たねばならない。
反日の朝日に、南京大虐殺を含め、日本民族がどれだけ傷め尽くされ、世界における立場を失い、外交的な損失を将来にわたり受けなければならないことになったことか。



長くなるので取り敢えず写真だけで、加戸前愛媛県知事と原英史国家戦略特区ワーキンググループ委員の証言を示す。都合が悪いこれら証言を朝日は報道していない。「報道しない自由」とは嗤ってしまう。
<出典;東京MXテレビ;ニュース女子> 詳細は次に報告。

DSC07937.jpg
 加戸守行氏は文科省における前川喜平氏の元上司で文科省を知り尽くしている。

DSC07938.jpg
 原英史氏は、元通産・経産官僚で天才と言われる有能な人格者である。
 原氏は一点の曇りなく、国家戦略特区ワーキンググループの判断で岩盤規制を廃したと証言した。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR