北朝鮮「弾道ミサイル」の脅威

北朝鮮「弾道ミサイル」の脅威

北朝鮮の「弾道ミサイル」に恐怖を感ずる。
核弾頭、化学兵器・生物兵器を搭載した弾頭は恐ろしい被害を与える。具体的に書きたくないくらい恐ろしい。

万が一「ミサイル攻撃」を受けた場合、防衛・防御しなければならない。
攻撃より防衛は難しいが、日本には「憲法第九条」があるから、許さるのは「専守防衛」である。
「専守防衛」のための軍事力さえも憲法違反であるという憲法学者が日本には実は多い。

しかし、国際的には「軍事的防衛」は国家に付随した当然の権利であるというのが常識である。
これは憲法を超越した条項であり、日本国憲法に関与したGHQの担当者もそのように考えていた。


ミサイル防衛
現在日本が所有するミサイル防衛システムは「イージス艦」と「PAK-3」である。
パトリオットミサイル「PAC-3」は図の通りで、「イージス艦」は図のSM-3に相当する。

a8b5b7de[1]
  迎撃ミサイルがカバーする射程距離と高度(km)概念図

「イージスシステム」は「イージス艦」より発射するシステムで海上を自由に移動できるが、艦艇の維持管理・メインテナンスが必要で稼働率が低く、予備システムが必要になる。現在、自衛隊は6隻の「イージス艦」を所有しているが、2隻追加の計画がある。

パトリオットミサイルPAC-3はミサイル防衛では終末航程に対応し、20-30kmの範囲を防御する。すなわち、「イージス艦」が打ち漏らした攻撃ミサイルに対応する迎撃ミサイルである。首都防衛などでは迎撃に成功しても被害は免れないだろう。
THAADミサイルは射程200km、最大高度40-150kmで、終末航程に対応する迎撃ミサイルである。

「イージス・アショア」;イージス・システムを陸上で使おうという計画を欧州同様日本で推進中である。
陸上設備は維持管理・メンテナンスが容易で稼働率が高い。1~2システムで日本列島をカバーできる。
韓国に配備された「THAAD」システムより広域、高高度に対応できる。



レーダーシステム
迎撃ミサイルの主要部を占めるのはレーダーシステムである。
この性能こそ非常に重要で、中国が韓国への「THAAD」配備を嫌う一つの理由はここにある。
日本は「専守防衛」の国であり、うさぎの耳と鷹の目が重要であり、レーダーの技術レベルは高い。

防衛予算
憲法九条・専守防衛だからこそ嵩張る防衛費もある。
現在の2段ミサイル防衛を3段、4段にする予算が必要で、防衛費を増やす必要がある。
廉価な巡航ミサイル防衛も重要である。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR