天皇退位と譲位 女性宮家創設

天皇退位と譲位
政府の有識者会議の最終報告が4月21日に提出され、天皇退位を実現する法案を立案し、国会に提出される段階になった。

天皇の意思を重んじ、天皇が退位され、皇太子に譲位されることを多数の日本国民と同様に私は望んでいる。
皇室典範は明治維新のどさくさに紛れて天皇制を必ずしも重んじなかった(悪用した)政治勢力のもとで成立したものであり、昭和天皇までの124代のうち58代が生前退位・譲位であった事実を私は重んじたい。すなわち、退位・譲位は議論の余地なく自然なことである。

現状
現在の皇位継承順位は、①皇太子殿下(57歳) ②秋篠宮殿下(51歳) ③悠仁親王殿下(10歳) ④常陸宮殿下(81歳)で、皇位継承者はこの4人の他にいない。皇位をつつがなく継承していただくには大変心配な状況にあることは国民共通の認識である。


 DSCN0750.jpg
    ①②③④は皇位継承順位  ( )内は年齢    BSフジプライムニュースより

女性宮家創設  民進党
民進党の野田義彦幹事長は天皇制・天皇退位について強い主張を持っている。
その一つに「女性宮家創設」があることは報じられてきた。しかし、その明確な内容は知らなかった。
津村啓介 民進党皇位検討委員会事務次長 がBSフジプライムニュース(3月22日)で語っていた内容は以下の通り。

津村啓介議員によると
民進党は「女性宮家の創設」を方針(党是)にしている。
その中には「女性天皇」「女系天皇」を認めることも含めている。


そこで「男系天皇」「女性天皇」「女系天皇」について明確にしておかなければならない。
現在の皇室典範では①「男系」の「男性天皇」だけが認められている。
歴史上8人10代の②「男系」の「女性天皇」がおられた。「男系天皇の血筋である皇后の即位」、または「男系天皇の血筋で生涯独身を通された女性天皇」、の何れかであった。

「女系天皇」は、内親王(皇女・皇孫たる女子)と一般男子の間の子供が即位する「天皇」(男女)であり、歴史上例がない。例えば一般男子が「井伊家」※であれば伝統的(一般的)解釈では「井伊家」の血統であり、井伊家が「天皇家」になり代わったことになる。これは、井伊家が天皇家を簒奪したと解釈し得る。だから、帝位簒奪という政変に繋がる問題を含んでいる。法律を変えればよいという問題ではなく、古来の日本民族の伝統・心情の問題である。
※大河ドラマと「いろは」の「い」より、例を「井伊家」にしたに過ぎない。

皇室典範改正が前提となるが、
③「女性宮家」「女性天皇」は一代限りであればよいと考える。男系だからである。
すなわち、愛子内親王、真子内親王、佳子内親王は男系であるから、「女性宮家」のみならず「女性天皇」の資格もあるように「皇室典範」を改正するのは日本民族の歴史、伝統、心情に合致していると考える。(但し、「天皇」は現皇室典範より「男子である」「悠仁親王」が優先されることになるだろう。) 
※「女性宮家」「女性天皇」の二代目は、上述「井伊家」の例より、「女系」になる。

※この民進党の主張には有識者会議の御厨貴氏の影響があると思われる。御厨氏は天皇家存続に関し「帝位簒奪」という危険な考えを持っていると思う。ただし、「女性宮家創設」は有識者会議の議論の範囲ではない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR