天皇の譲位  皇室典範

天皇の譲位  皇室典範
天皇家の立場にから見ると、薩長閥明治新政府に悪用された一面が私には見える。
それは、日本人として許される範囲を逸脱するものであり、日本民族、天皇家ともに被害者である。
それが戦争の遺伝子となり、日本は明治から昭和20年(1945年)の敗戦まで戦争ばかりやっていた。

人はよく、過去を振り返るより、未来志向でなければならないというが、正しい歴史観を持つことなしに未来は見えない。
歴史は勝者の論理でつくられるというが、「明治維新」という歴史観は山縣有朋など薩長藩閥明治政府が作ったものである。

ことわっておくが私は保守主義の支持者であり、リベラリストではなく共産党や左翼を否定するとともにいわゆる右翼も否定する。
支持政党は一応自民党である。

   thDSNTFDXF.jpg 孝明天皇 攘夷思想でなかったら良かった

司馬史観
司馬遼太郎は、明治維新、日清、日露の戦争を小説の題材にし、自身が参戦した昭和の戦争を卑下し、小説に書けないとしている。
過去の政争、戦いを叙事詩として書き、実体験は叙事詩にならないというのであれば私は承知する。
そうではなく、昭和、あるいはその20年程度前からの日本は情けない国になり下がったというのである。
日本人に広く受け入れられている、この司馬史観を私は否定する。
司馬氏の著作は歴史書ではない。「叙事詩」あるいは「小説」として読むべきである。
戦争の遺伝子はあくまで明治維新に起源があり、明治維新から受け継がれたものである。



薩長藩閥明治政府と天皇の関わり
長州は敢えて京都御所付近を争いの場とし、御所に大砲をぶっ放し、天皇の幽閉、動座(誘拐)を企てるなど手段を選ばず物欲しげに天皇の錦の御旗を強奪しようとし、終に目的を達成した。長州こそ朝敵であった。

簡略に例を述べると
池田屋事件(事変);1864年7月8日(元治元年6月5日):新選組が「祇園祭の前の風の強い日を狙って御所に火を放ち、その混乱に乗じて中川宮朝彦親王を幽閉、一橋慶喜・松平容保らを暗殺し、孝明天皇を長州へ動座させる(連れ去る)」という情報を得た(Wikipedia)。御所は塀を廻らしただけの平和の館で城郭ではないが、それに乗じようとする卑怯な政争である。それを未然に防ぐため新選組による池田屋襲撃事件が起こった。 

孝明天皇暗殺説:孝明天王は攘夷思想の持ちぬしであったが、公武合体派で和宮を降嫁させ、あくまで江戸幕府を支持していたことは、薩長にとって不都合であった。病死、暗殺説があり、一応事実は不明ではあるとされる。皇位を継承した明治天皇はまだ14歳であった。

   Secret_imperial_order_of_overthrow_the_Tokugawa_Shogunate[1]  討幕の密勅

討幕の密勅;江戸時代最末期の慶応3年10月14日(1867年11月9日)、薩摩藩と長州藩に秘密裡に下された、徳川慶喜討伐の詔書である。従来より偽勅説が唱えられてきた。この詔書はもともと模擬文書であり、必要な場合は「このような勅命を出すことが可能だ」という「サンプルのようなもの」らしいというのが説得力ある説という(Wikipedia)。要するにこのようなものが欲しいというサンプルを作ったに過ぎなかった。これが戊辰戦争の錦の御旗の正体である。幕府側のみならず、日本に朝敵はいなかった。しかし、戊辰戦争を戦った幕府側は薩長の卑怯なまだ15歳の明治天皇の偽勅により朝敵とされた。むしろ朝敵は薩長であった。


靖国神社:は長州の護国神社に過ぎない。朝敵とされた奥羽越列藩同盟や西南戦争などの戦死者を祀っていない。日本にはいなかったでっち上げられた朝敵を祀らず、朝廷をしゃぶり尽くした朝敵長州の施設といえる。国のために戦死した英霊を祀るに相応しいところではない。


「主権回復の日」式典  最近の出来事
2013年4月28日に開かれた日本政府主催の「主権回復の日」式典で、会場内にいた安倍晋三首相を含む人々が「天皇陛下万歳」と万歳三唱をした。このことに対して日本国内からも批判の声が上がっている。中国・京華時報が伝えた。
安倍晋三首相の取り巻きのごますりか? 上述を背景に私も批判する。 日中韓からの批判!!


結論
今、長州自慢の安倍晋三首相のもとで「皇室典範」を改訂すべきではない。
御厨貴氏は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の座長代理を務めているが、この方も時代に乗り遅れた知性で相応しくない。

「歴史は権力がつくる」は常識であるが、最近の日本の歴史「明治維新」が権力にまみれていると日本人は気づいて欲しい。
今、原田伊織氏の著書「明治維新という過ち」などを端緒として、権力がつくった明治維新という歴史を見直すべき「とき」である。

「皇室」は日本民族にとって大切である。
伊藤博文の皇室典範を改めるのは、「明治維新」の歴史を見直したあとが良い。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR