日米首脳会談

DSC07843.jpg NHK

日米首脳会談
安倍首相とトランプ大統領日米首脳会談が終った。
米国の大統領選挙について、基本的に民主党より共和党政権が良いと思っていた。トランプとクリントンの争いになり、クリントンは政治資金、中国との癒着、インテリジェンス(諜報、機密)などで政治の垢が付きすぎて嫌だと思っていたが、米国大統領の世界と日本への影響を考えるとトランプには恐怖感があった。

民主主義の国である米国民が選挙で選んだのはトランプ大統領であるから、今は、トランプだからこそ面白いと思っている。政治家としてのトランプには、その経歴から、自分の意欲からあふれんばかりに満杯の引き出しもあれば空っぽの引き出しもあるだろう。そして、これが批判の的になるのであるが、何を言い出すのか分からない危うさと行儀の悪さもある。
これらの問題については、共和党の副大統領、閣僚、スタッフに期待し、補ってもらえばよい。


安倍首相は世界各国の首脳と渡り合い会談、交渉している。その経歴は今の世界の首脳の中でも出色である。安倍晋三という人は、精神的にタフである。ある政治評論家が今のシチュエーションでトランプと会談しわたり合う交渉をするなんて私なら逃げ出したくなると言っていたのが印象に残っている。こういうことをタフにやってのけるのが政治家で評論家との違いであるが、今の日本にこれをやってのける人が他にいるだろうか。自民党で次期首相候補の・・・・・・?。日本の外務省が駄目なように、日本に安倍晋三のような人材は稀少である。孫正義がいるが、彼は天晴な商売人である。

DSC07844.jpg NHK
  貿易赤字は全体で7343億ドル(約78兆3千億円)、対日赤字は689億ドル(約7兆7千億円)。
  経常収支も4000億ドル程度の赤字。トランプならずとも危機感を持つべき状況だ。
  アメリカの過剰消費が、中国の軍事費を含め、世界経済を背負っている。 


マスコミ、野党、左翼団体は、難民・移民問題に関し、外国の首脳のように何故安倍首相はトランプ大統領を批判できないのかと軽々しく正論を吐く。幸いなことに、移民・難民問題は、日本の首相が他国を決して批判できない外交問題である。それをマスコミは知らないか?知っても知らんぷりなのか?安っぽい政権批判のためにこれを「おべっか」とほざく!!!
私は最近の移民条件緩和にさえ批判的なのだから、日本が大量の難民・移民を受け入れのには反対である。

グローバリゼーションという言葉がある。私はこれが嫌いというより行き過ぎだと思う。だから、英国のEU離脱を歓迎しているし、トランプ発言にも抵抗が少ない。アメリカフアーストなら日本ファーストと言えばいいし、都民ファーストには埼玉県民、山形県民ファーストと言えばよい。ナショナリズムが悪いというが、英国は英国らしく、フランスはフランスらしく、日本は日本らしくあって欲しい。らしくなくなって欲しいのは韓国だけである。

安倍首相が渡米する直前に、トランプは習近平に初めて電話し、一つの中国 について従来通り継続すると伝えたという。これは、一つの中国とは限らないとか、台湾総統に電話し、台湾総統が訪米し、共和党有力議員と会った後のタイミングという経過をたどっている。このタイミングは極めて戦略的である。トランプ政権は賢い集団であるとつくづく思う。

この戦略的な賢さは素晴らしいが油断がならない。もちろん日本にとっても


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR