坂本龍馬暗殺の黒幕は西郷隆盛

坂本龍馬暗殺の黒幕は西郷隆盛
暗殺実行者は齋藤一、と本郷和人東大教授が林修氏のテレビ番組で語っていた。
私は、本郷和人東京大学史料編纂所教授が語る歴史は面白い、磯田道史氏と双璧だと思っている。

ddb04d95-s[1]

坂本龍馬の暗殺の黒幕が西郷隆盛とするのは納得できる。
赤松小三郎を暗殺したのは中村半次郎で黒幕は西郷隆盛である。
赤松小三郎は、慶応3年5月「建白七策」を福井藩松平春嶽と薩摩藩島津久光に提言した。
その一カ月後の慶応3年6月坂本龍馬が、
赤松の「建白七策」を下敷きに「スローガン」的にした「船中八策」を起草した。 

「建白七策」「船中八策」は西郷ら薩長勢にとって不都合と考えたのが原因であろう。


赤松小三郎は慶応3年9月3日、薩摩藩中村半次郎(桐野利秋)等により暗殺された。
坂本龍馬はその約2カ月後の慶応3年11月15日に暗殺された。
暗殺犯には諸説があるが、薩摩藩の大久保、西郷黒幕説がある。

その詳細は、クリック → 赤松小三郎 を参照されたい。


しかし、本郷教授の齋藤 一 暗殺実行説は、西郷とのつながりがあり、左利きだから、との説明たが俄かには納得できない。
齋藤一は新選組三番隊組長で撃剣師範、戊辰戦争では会津藩とともに戦い、西南戦争では西郷の敵として戦い、大正時代まで生きた。私には西郷と斎藤一の接点が分からない。 本郷教授は自説を小出しにして勿体つけてる風にも見えたが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR