大蔵卿(財務大臣)の愚かさ

大蔵卿(財務大臣)の愚かさ
大蔵卿とは明治憲法発布前(~明治23年)に用いられた明治新政府の財務大臣(大蔵大臣)のことでもある。
大河ドラマ「真田丸」の大蔵卿局の愚かさは、現在の財務省の愚かさと同じだと感じた。
※表題を「愚策」から「愚かさ」に変えた。策になっていないのに愚策では上等すぎる。

アベノミクス」の方向は正しいが、「アベノミクス」の足を引っ張っているのは財務省である。
すなわち、麻生財務大臣も財務省も大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)と同レベルの愚かさである。

大河ドラマ「真田丸」が終わった。
映画「清須会議」にも似た三谷幸喜の脚本は面白かった。
特に大蔵卿局と阿茶の局の脚本と配役、演技は秀逸であった。


DSC07644.jpg
峯村リエ演ずる大蔵卿局:大蔵卿局は茶々の乳母で軍事にもやたらに口を出す(豊臣方)

三谷幸喜の脚本は面白かったが、中でも女性たちの描き方が面白い。
最後に勝つのは歴史通り徳川であるが、その勝敗を決めたのは女性であった。
すなわち、豊臣方の大蔵卿局と徳川方の阿茶局の戦いにならない戦いで勝負がついた。
峯村リエ斉藤由貴も名演であった。


DSC07641.jpg
斉藤由貴演ずる阿茶局(あちゃのつぼね):臆病な徳川家康を牛耳っている存在
英雄とは臆病者である。しかし、渡るべき石橋は必ず渡るが渡らせたのは阿茶局。


阿茶局;「真田丸は取り壊し、お堀も埋めてしまいましょ」
大蔵卿局;「埋めてしまいましょ、埋めてしまいましょ」

これで真田丸は取り壊され、大坂城のは埋められ、豊臣方の敗北が決まったという筋書き。

今、財務省は、ロケットエンジンの出力を増しても、姑息にその推力を吸い取り、チマチマと借金が増えるのを少しでも減らし、いつになっても人工衛星が軌道に乗る速度に達しない愚策をやっている。
人工衛星は軌道に乗ってしまえばロケットの推進力は不要になることを知らない。黒田東彦日銀総裁も財務省出身だから困ったものだ。


<私見>
税増収分で国家は投資せよ!!!

保育士、介護士の収入を増やせ!!!  
貧困からの解放は人権問題。消費に回ることも確実だから経済対策でもある。
若い人が多いから結婚する人も増え、人口問題の解決にもなる。
3月からの移民条件緩和の愚策をやめよ。安倍政権は馬鹿か。やることが違うだろ!!!

公共投資を増やせ!!!
気候変動による治水、災害防止。土木老朽施設の改修。新幹線など新規企画の前倒し。など


国防費の増強!!!
マスコミは不思議なほど鈍感だがこれでいいのか不安です。分かっていて言わない? 何故?


これをやれば人工衛星は軌道に乗ります。.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR