星野文紘さん 出羽三山の修験者で宿坊主人

星野文紘さん  出羽三山の修験者で宿坊主人
星野文紘さんのお兄さんは同時期同じ大学で学び、その縁で文紘さんの宿坊=大聖坊にお世話になったことがある。そのほかにも色々な縁がある。NHKBS放送で「新日本風土記」「出羽三山」が放映され、星野さんに詳しく触れていた。その写真とともにメモを記録しておきたい。

出羽三山の歴史は6世紀にはじまる。古事記、日本書紀が8世紀に編纂されたことを思うと、この時代の記録があったのかと驚くほど古い。
開祖は蜂子皇子(はちすのみこ)とされるが、西暦595年の政変時、18歳の聖徳太子が逃がした、ときの天皇の第一皇子であった。修験道場と仏教(主に天台宗)が結びつき神仏混交の場であったが、明治維新のとき「廃仏毀釈」という愚にあい、多くの仏教建造物が破壊された。その中で五重塔はかろうじて残り、国宝に指定されている。

信者は多く、修験場として多くの参拝者を全国から集め、羽黒山の手向集落には江戸時代300を超える宿坊があったという。参拝者の集団(「講」を構成し計画的に参拝した)は先祖代々同じ宿坊に宿泊し、宿坊と信者の縁は非常に深いという。


DSC07586 (2)
出羽三山神社に至る大鳥居と月山  羽黒山、月山、湯殿山を出羽三山という。

DSC07576.jpg
星野文紘さん  慈愛に満ちた人柄である。星野さんの宿坊は相馬など代々福島県浜通りの信者の利用が多いという。

DSC07575 (2)
南相馬出身の木幡信雄さんは代々宿坊という縁で星野さんと結ばれている。東日本大震災で被災したとき、星野さんを頼り鶴岡に来て、今も鶴岡に住んでいるという。月に一度以上星野さんを訪ねる

DSC07574 (2)
星野さんの宿坊の室内

DSC07591 (2)
白装束で月山頂上に向かう信者たちの行列


日本の歴史のかぐわしさと反省点
日本は歴史的なものを大切に保存してきた。
しかし、残念なことに木造建造物の寿命は短く保存性は良くない。

明治維新のとき、日本の歴史上かつてないほどの愚を犯したのが「廃仏毀釈」であった。このような破壊は日本の歴史では珍しいことかもしれないが残念である。我々は最近のこととして大いに反省しなければならない。

星野文紘さんは歴史の継続者であると思う。ここに書いたことは日本の歴史のかぐわしい一場面である。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR