ボブ・ディラン氏の受賞とノーベル賞

ボブ・ディラン氏の受賞とノーベル賞

ボブ・ディランの受賞
ボブ・ディランの受賞を聞いたとき、私は同賞選考員会スウェーデン・アカデミーの柔軟さに感嘆した。賛辞を贈りたい。

文学の原点を考えるとき、自ずから私は歴史を思い出す。ホーマーの叙事詩、ギリシャ劇、英雄シーザーの戦記、中国の歴史書などなど。日本では万葉の詩人、柿本人麻呂、山部赤人、源氏物語、方丈記、平家物語など。吟遊詩人は世界各地にあまねく色々な形で存在した。万葉、平家物語などもそうであったように、文学と音楽は人類文化の歴史上深い関係を保って来た。シンガーソングライターはその歴史の継承者だと思うが、世界に遍く存在し、記録・通信などの文明の利器を通して現在はその最盛期であるように思われる。

その代表がボブ・ディラン氏なのだと思う。上述のように文学賞の範疇にあることは理路整然としている。


1401x788-GettyImages-74269254[1]   ボブ・ディラン 

ノーベル賞について
シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(Bob Dylan)氏(75)が受賞決定について沈黙を続けていることについて、同賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)の一員が、ディラン氏は傲慢だと非難した。
ディラン氏 は、授賞を伝えるスウェーデン・アカデミーからの再三の電話に応じず、受賞決定に関して公の場でコメントもしていない。

以下に示すようにノーベル賞は偉大な賞である。しかし、賞は基本的にはもらっていただくものだと思う。だから、選考員会はディラン氏に人を派遣して直接伝えるべきである。また呼びつけて渡すものでもないと思われる。直接行って会って賞を渡すべきであることが本質である。受賞会場に来なければ是非実行して欲しい。

傲慢なのは一選考委員だけであって、ノーベル賞が傲慢なものでないことを祈る


※ノーベル賞は何故偉大か?
前にも書いたがノーベル賞はなぜ偉大なのか。ノーベルがノーベル財団がその選考委員会が偉大なのではない。受賞者が偉大なのである偉大な受賞者を選んだ選考委員会も偉大だということにもなるが、平和賞や文学賞の選考結果は必ずしも偉大な選考ではないと思う。科学系の選考は基準を明確にし易いことから、偉大だと言ってもよいと思われる。だからノーベル賞の偉大さは科学系にある。

韓国は「金大中」が平和賞を受賞しただけで、科学系の受賞者がいない。科学系の受賞者が出ることを渇望しているニュースが毎年伝わってくるが、良くその価値を知っているからと言える。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR