天皇の譲位

天皇の譲位

徳川慶喜が「大政奉還」を奏上し、その後も内乱を避けようと妥協を重ねたにもかかわらず、薩長藩は攘夷討幕派浪人などを使い何とか徳川幕府勢力と戦端を開きたいと行動した。だから、私見では、明治維新の功労者は徳川慶喜であり、薩長藩ではない。暗殺された坂本竜馬は、徳川慶喜の「大政奉還」によりもはや内乱は起こらないと確信して亡くなった。ところがさにあらず、明治新政府=薩長藩の「戦の遺伝子」「戊辰戦争」を勃発させた。

明治新政府の主要な法典、「大日本帝国憲法」「皇室典範」には欠陥がある。
「大日本帝国憲法」は統治権、統帥権に関しザル(笊)であった。明治維新に活躍した「元老」達が生きている間は「明治憲法」は一応機能した。しかし、「元老」達がいなくなる代になると「大日本帝国憲法」の基の統治権、統帥権とも破たんし、首相には陸軍大臣、海軍大臣を抑える統治権がなく、統帥権も天皇の名のもとに、事実上、陸軍参謀本部、海軍軍令部にあった。はっきり言って「伊藤博文」には将来まで見通す「憲法」という「法典」をつくる能力がなかったということになる。 

「皇室典範」も同様である。「皇室典範」に天皇の譲位を盛り込むことが議題に上ったが、日本の歴史と伝統を無視し、それを拒否したのは「伊藤博文」(長州藩)であったという。天皇の「譲位」(「生前退位」)は歴史上当たり前に行われた。ただし、権力争いなど色々な弊害があったのも事実であるし、退位後どのように待遇するかなど問題は多いが、それは克服しなければならない問題であった。皇室典範に関してここでは「譲位」以外の問題点には振れない、。 


3076[1]
 被災者を見舞われる天皇・皇后両陛下  被災者と同じ目線で慈愛に満ちておられる

天皇、天皇家の視点から
明治維新後を天皇家の立場から見ると、私には明治新政府に利用された一面が見えてくる。

すなわち、上述したように「権威」という、いうなれば「象徴」的な立場を明治新政府の「錦の御旗」として内乱「戊辰戦争」の勝利の為に利用された。

後に「統帥権干犯」として、明治憲法(大日本帝国憲法)第11条「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」、第12条「天皇ハ陸海軍ノ編成オヨビ常備兵額ヲ定ム」(天皇の統帥権および編成大権)、の欠陥を政争の具にされた。騒ぎ出したのが野党・政友会の犬養毅や鳩山一郎(鳩山由紀夫・邦夫兄弟の祖父)であり、反論したのは浜口雄幸首相であった。「責任内閣制度なのだから実際上は内閣が軍縮条約を結んでもかまわない。これが統帥権干犯ならば、外交を外務大臣がやるのは外交権干犯なのか?」という答弁をして鳩山一郎や政友会を黙らせる。しかし、これが後に上述した「統治権、統帥権とも破綻」する緒になり、軍部台頭のきっかけとなった。


天皇の名のもとに「権威」と「権力」がもてあそばれ、天皇家のみならず日本国民に不幸を招くことになった。これは「日本帝国憲法」と「皇室典範」の欠陥によるものである。ここで「権力」とは軍部が天皇の名をかたり、悪用した権力である。すなわち、明治憲法は、天皇家を傀儡(かいらい、あやつり人形)というより、「虎の威を借る狐」の「虎」にしたような意味がある。もちろん「狐」は明治新政府と後(昭和時代)の軍部である。

このような観点から今上陛下が「象徴」天皇を繰り返し語られた意味が分かるような気がする。すなわち「元首」という言葉は「狐」が出てくると「虎」にされ利用されかねない。現日本国憲法の「象徴」のままが良いと繰り返し語ったようにも思われる。天皇に政治的発言は許されないが、私には「お言葉」にその意図をかすかに感ずることが出来る。「皇室典範」は「譲位」に関しては恒久的なものとして改訂されなくてはならない。明治新政府の「皇室典範」は「明治憲法」同様いい加減なものであったのだから



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR