2016東京都知事選の総括

160719_319071_02-640x374[1] 小池百合子東京都新知事 

2016東京都知事選の総括

小池百合子 64 新  2,912,628票
増田 寛也 64 新  1,793,453
鳥越俊太郎 76 新  1,346,103 
上杉  隆  48 新    179,631


小池氏の圧勝を慶ぶ。自民党都議連の闇 を一掃せよ。日本の民主主義の恥だ。
鳥越俊太郎の落選を願っていた。落選確実と思っていたが、落選にホッとした
4位は上杉隆氏であろうと予測していた。得票は増田寛也候補の1/10。ジャーナリストとして鳥越より上杉氏の方が骨がある。日本のジャーナリズム再生に貢献してほしい。


自民党東京都連
会長は、経済再生担当大臣「石原伸晃」であるが、大臣である会長を飾りにするほどの実力者が別にいる。都議会の「ドン」「神田大明神」こと内田茂東京都連幹事長だ。石原慎太郎氏を含む歴代知事を屈服させてきた力の源泉はどこにあるのか。故・樺山卓司元都議が綴った遺書に、内田氏への恨みが書き殴られているという。

 「知事と議会は両輪です。一輪車にならないように」。あいさつのため議長室を訪れた小池氏に対し、都議会の川井重勇議長(自民)は報道陣の前でクギを刺した。報道陣から小池氏と並んだ写真の撮影を求められると「あなた(報道陣)の要望に応える必要はないから」と拒否し、「どうもご苦労さまでした」と小池氏に退室を促した。自民党控室では「ドン」内田茂幹事長と政調会長が不在で、ナンバー3高橋信博総務会長ら2人が対応。「よろしくお願いします」と握手したが、滞在は約30秒と短かった。

自民党都議連を幹部5人が辞任したのは、大好きな「闇」「伏魔殿」に潜るためだろう。油断できない。対峙するのはマスコミの任務と心得、今後も追跡せよ!!!  「闇」から「光」、「白昼」のもとにさらけ出すだけでよい。「明るい場所」で彼らは棲息できない。



鳥越俊太郎
「正義のジャーナリスト」が聞いてあきれる。正義面が気に食わない。公約や政策がなく批判だけで、都知事という公職に「誠実さ」のかけらもない、鳥越を落選させた都民に敬意を表する。134万票は多すぎたと思うが、負の情報の伝達速度もそんなに速くないことの証左であろう。時間とともにどんどん票は減っていたのだが。

「淫行報道」に対し鳥越は大声で否定し、「週刊誌告訴」(「事実無根」として、刑事告訴)しただけである。「淫行」は事実であるが、被害者が表に出たがらないこと、過去のことで実証が難しいことを鳥越は織り込み済みで自信満々を装い、「事実無根の週刊誌による選挙妨害報道があった」と恨み節をまだ言っているという。但し、示談書という証拠が残っているという話もあるようだ。

この問題に対し、報道の自由の声明文の仲間=青木理がラジオでややこしい見苦しい言い訳を言っていた。



内田茂、鳥越俊太郎
「溺れた犬は棒で叩け」 「溺れた犬は叩き続けろ」
 

高市総務大臣の「電波停止」発言に対する抗議。声明文 「私たちは怒っている。高市総務大臣の発言は憲法、放送法の精神に反している。」 呼びかけ人:青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康宏、田原総一郎、鳥越俊太郎(本ブログ2016-03-07;時事:参照) 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR