東京都知事選挙 2 「溺れる犬は棒で叩け」 

東京都知事選挙 2  
「溺れる犬は棒で叩け」  今、「鳥越俊太郎」は「溺れる犬」である。 

昨日の読売新聞を切り抜いた。
切り抜きは久しぶりであるが、切り抜いた記事は「週刊文春」と「週刊新潮」の広告である。

週刊文春:鳥越「淫行」報道 すべての疑問に答える
▼選挙戦の最中に記事を出したのはなぜか? ▼「公職選挙法違反」「選挙妨害」ではないか? 云々

週刊新潮:13年前の「被害女性」証言記録 
鳥越俊太郎は、何ら説明もせず、「週刊文春」の記事全てを否定した。世間を納得させられるのか?記事化を見送らざるを得なかった2003年夏の被害者女子大生(週刊文春記事の被害者)の証言を収録している。


日本のあらゆるジャーナリズムの中で、今最も元気が良い2誌のダメ押し記事である。週刊文春では被害者の証言を載せていなかったが、今号「週刊新潮」が掲載した。ライバルである最強2週刊誌の貴重な最強の「タッグマッチ」記事と言えるのではないか。

「溺れる犬は棒で叩け」 という諺がある。
鳥越俊太郎はすでに「溺れる犬」らしい。すなわち、当選の見込みがない情勢であるようだ。
この際徹底的に叩いて、グーの音も出ないほど、すなわちジャーナリストとして復帰できないほど「棒で叩き」のめし、人前に出るのに恥ずかしい人間であることを思い知らせたらよい。勿論、間違っても当選させないことが最優先課題であるが。


「がんサバイバー」は都知事選挙に出るべきではない。再び、都政の空白をつくり、50億円の出費で都民による選挙をする羽目になる。こんなこともわからない貧しい判断力で都知事候補とは「笑止千万」である。アメリカ大統領は副大統領が昇格するから再選挙の必要がない。与謝野馨は自分の主義を貫くため「がん」であるからこそ余命を考慮し、党の垣根を乗り越えて管内閣の「経済財政政策担当大臣」に就任したが、健康を害したとしても選挙・空白なしに代わりはいた。

私は「がんサバイバー」の活躍を期待するものである。ただし、直接選挙で決まる都道府県知事、大規模都市の首長だけは無理である。そのほかの あらゆる分野に洋々たる活躍の場がある

民進党の票は鳥越から逃げるだろう。共産党の得票だけは残るような気がする。

週刊文春<都議会のドン内田茂(77) 「黒歴史」>なる記事が掲載されている。都議会にも深い「闇」があるようだ。この記事は「小池百合子」に有利に作用するのかな? 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR