日本の基礎と屋台骨

img_1_m[1]  まだ民主党ですが

日本の基礎と屋台骨

米国オバマ大統領広島の平和記念公園と平和記念資料館を訪ね、17分間のスピーチをした。戦後71年目で一つの節目を感じさせる出来事であった。また、同大統領は、アメリカは世界の警察官ではないという発言もしている。

一方、共和党トランプ大統領候補は、これまでの米国の意図と国益を無視して、日本など海外の防衛費を100%負担させようとする演説をし、それなりの支持を得ている。批判はあるようだが、これは今までになかった米国内の動きととらえるべきである。

また、中国の南シナ海埋め立て地の軍事利用、尖閣列島問題などの覇権主義北朝鮮のミサイル開発実験、原爆所持、水爆実験など、日本周辺には軍事的な危機の枚挙にいとまがない。

これらの状況は、今、日本は政治的にも軍事的にも、米国依存から、国家として独立しなければならないことを示している。特に、軍事は、周辺国との関係からかなり厳しい状況にあることを日本人は認識しなければならない。



そのためには、憲法9条を改正し、普通の国として、国連憲章に謳われている範囲の「自衛権」を持たなければならない。


共産党藤野保史政策委員長が2016年6月26日のNHK「日曜討論」で防衛費は「人を殺すための予算」と発言し、批判を受けて発言を取り消しが、これは中国共産党と友党である日本共産党の本音である。

民進、社民、生活の党が共産党と野党4党選挙協力をしているが、各党の今の幹部は、民主党では岡田代表、枝野幹事長は思想的にマルクス主義共産党と近いから不思議ではない(前原誠司などは違うような気がするが?)。社民もマルクス主義であるが取るに足らない。生活の党の小沢一郎は選挙に勝つには何でもありで、けじめがないだけだろうが、親中国(これは必ずしも悪いことではない)ではある。

野党第一党が共産党と選挙協力、それも次の衆院選までと聞くと「日本の屋台骨」が心配である。
日本の選挙民のバランス感覚は良いから、共産党との選挙協力と聞いただけで、民進党離れが進むであろう。少なくとも岡田民進党はこの選挙で終わりであろう。そうでなければ日本はシロアリに食われ腐って自壊してしまう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR