権力としてのマスコミ論

権力としてのマスコミ論
権力とは;マックスウェーバーの定義
「他者の反対や抵抗(拒絶)を排除してでも、自己の意思・要求を貫徹できるあらゆる可能性」

この定義から、権力に相当するのは、
日本の政権与党=自民党は当然権力である
その総裁であり、首相である安倍晋三は権力者である。日本は民主主義国であるから選挙・投票により国民から選ばれ、権力の座についている。国民は選挙・投票により権力の座を奪うことができる。


ecn16022917200013-m1[1]  
 怒る前に、マスコミの権力、責任を論ぜよ。  目をつむれない弊害が多すぎる。

マスコミもこの定義に当てはまる権力である。

田原総一郎が「俺は首相誰それと誰それをその座から引きずり下ろした」と粋がっていたから彼はまさに権力者だ。この言はハッタリかもしれないがマスコミを代表する彼は権力者以上の権力者だという顔をしたい、言説を用いたい権力志向のジャーナリストであることは間違いない。


朝日新聞が吉田清治の虚言を歴史的真実として報道をしたのは1982年9月2日が最初である。ようやくそれを取り消したのは2014年8月5日。実に31年11ヶ月28日間嘘をつき続けた。その権力の大きさは、その反響の大きさ、例えば、その後の共産党機関紙「赤旗」が9月、「北海道新聞」が11月に朝日新聞に同調して同記事を取り消したことでも判る。
しかし、朝日新聞に洗脳された日本人の団体が韓国の団体と同様、国連、米国などを舞台に今も「従軍慰安婦」反日運動を継続し展開している。げに、洗脳ほど恐ろしい権力はない。朝日新聞の権力継続中。

○同様、朝日新聞発に「南京大虐殺」問題がある。その歴史からどう考えても中国共産党はこれは嘘であることを知っている筈である。皮肉だが、共産党は書記とか書記長が偉いから、歴史を正確に記録している筈である。しかし、中国国内の内政と外交に役立つからこれを政権維持のカードにしている。
朝日新聞には「本多勝一」というスター記者がいた(生存中)。「南京大虐殺」問題を発信した張本人である。今、中国の「南京大虐殺、抗日記念館」に「本多勝一」の特設コーナーまであるという。


2008-1107chikushi-tetsuya1[1]  NEWS23 膳場貴子キャスター 

○「筑紫哲也」(故人)という高名な朝日新聞記者がいた。筑紫哲也は「本多勝一」という先輩を尊敬していた。本多先輩が乗る車の後を駆け足で追いかけた思い出話を「TBSテレビ『筑紫哲也 NEWS23』」で語っていた。毎日新聞系のTBSが朝日新聞記者の筑紫哲也を起用したのは、「毎日新聞」が「小朝日新聞」になり下がったからである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR