3.11(東日本大震災)から5年

3.11(東日本大震災)から5年
2016年3月11日で東日本大震災から5年になる。
東日本大震災は、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波(平成三陸大津波)、およびその後の余震により引き起こされた大規模地震災害である。この地震によって福島第一原子力発電所事故が起こった。

警察庁発表の死者、行方不明者数を以下に示す (2016年3月10日 時点)
       死亡     行方不明      計
合計   15,894     2,561    18,455  国内全体

岩手県  4,673     1,124     5,797
宮城県  9,541      1,236    10、777
福島県  1,613        197     1,810


陸前高田 オートキャンプ場・モビリアの仮設住宅DSC06903 (2)
俳優村上弘明氏 藤沢周平原作「腕におぼえあり」を好演してくれたことに感謝  NHKテレビ

3月11日のNHKテレビの特集番組に村上弘明氏が出ていた。NHKの藤沢周平原作「腕におぼえあり」を好演してくれたので、藤沢周平ファンとして感謝している俳優である。陸前高田の話題は仮設住宅、それもかつて私がボランテイアで行ったことがあるオートキャンプ場に設置された仮設住宅であった。彼がオートキャンプ場近くの出身であること、震災について繰り返し語っていることを私は知っている。

168戸のうち、現在は88戸が使われ、高田市は仮設の集約をしてゆくが、村上氏によるとオートキャンプ場は県有地であるため今後も継続して使われる仮設住宅であるという。オートキャンプ場は休業を継続すれば良いが、学校のグランドなどは子供たちに返す必要があるというようなことらしい。


DSC06898 (2)
 陸前高田 オートキャンプ場・モビリア  NHKテレビ

ボランテイア活動 の思い出
東日本大震災被災地で、私が繰り返し行った場所は陸前高田である。
岩手県内で一関市から最も近く、しかも三陸海岸の街としては平坦地が広く(災害規模が大きいと推定した。被災具合はどこもひどく比較すべき状況ではなかったかも知れないが。)、高田松原で遊んだ記憶がある、などが理由である。復興のボランテイア活動の地を陸前高田に決め数回にわたって出かけた。

久しぶりでボランティアに行ったとき、ボランティアセンターは閉鎖直前で留守の担当者しかいなかった。それでも、折角だからと紹介されたのが、「ポスティング」という仕事であった。仮設住宅に色々な資料の配達(ポスティング)をなるべく長い時間をかけて住人の話し相手になりながらやって欲しいということであった。

場所は半島部にある陸前高田オートキャンプ場・モビリアに設置された仮設住宅であった。
私が出かけようとしたとき1台の車が入ってきて、私は呼び止められ、この方達と一緒に行ってくださいと言われた。30歳代の夫妻で、奥様の是非ボランテイア活動をしたいという希望で秋田を旅行してから来たという。

168戸をほぼ3等分割し、回ることにした。仕事に出掛け留守の仮設も多いし、話し込んだ家もあったが仕事は短い時間で終わってしまった。夫妻の旦那さんも私とほぼ同時に管理棟にかえって来た。奥さんは整体師の資格を持ち、訪問先で体を揉みほぐしながら回っているので、まだ1/3も回っていないとの連絡が旦那さんに入った。夕方までかかりそうだという。そこで私と旦那さんは開墾中の畑で作業することになった。被災地ではないのだが、仮設住宅もあるし、畑地として有効利用したいということのようだ。地中に大きな石が埋まっており、それを掘り起こし、一ヵ所に積み上げるのが仕事で楽ではない労働であった。

このポステイングには、整体師としての奥様の活躍こそ最も目的に適うものであろう。男二人が回った仮設住宅より、奥様が回った仮設の方が大分得したと思う。また、奥様のボランティア活動をしたいという願望もさぞかし満たされたことだろうと思い、私は今もそれを称賛している。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR