温暖化

icecoregraph[1]
 図1 南極 「ドームふじ氷床コア」のデータ  極地研究所

温暖化

図1は、南極「ドームふじ氷床コア」より得られたCO2濃度(ppmv)、メタン濃度(ppbv)、気温(℃)の年代変化を示す。
35万年前から現在までを示し、その間に4つの間氷期(温暖な時代)と3つの氷期(寒冷な時代)が存在する。その周期は10万〜12万年である。現在は温暖な間氷期の時代である。

iceflow[1]
 図2 氷床コアサンプルは「ドームふじ」からボーリングにより得られた

氷床コアは、図2の氷床氷河として流れない安定した場所「ドームふじ」から採取された。
すなわち「ドームふじ」は、CO2濃度(ppmv)、メタン濃度(ppbv)、気温(℃)の年代変化を調査する氷床コアを採取するのに適した場所である


<考察>
図1のデータは、地球の温暖化、寒冷化とともに、CO2,、メタン濃度ともに増減している。
氷期〜間氷期の温度変動の原因は、太陽の活動、太陽に対する地球の軌道や地軸の歳差運動などが原因といわれているから、CO2,、メタン濃度の増減は、最後の間氷期を除けば、地球の温暖化〜寒冷化に追随した現象であると推定される。

大気のCO2濃度は、大気の温度が上がり海水温が上昇すると上がり、大気温度が下がると濃度が下がる。

メタンガスは、大気温が下がると海水温が下がり海水への吸収率が増加し、海底に拡散し温度が低下し圧力が高くなることにより水とメタンの包摂化合物「メタンハイドレート」として海底に沈積する。逆に気温が上がると海水温度の上昇とともに「メタンハイドレート」が分解しメタンガスとして大気中に放出され、大気のメタンガス濃度が高くなる。なお、メタンガスはCO2の約20倍の温暖化(温室)効果がある。

間氷期には、(現在の最後の間氷期を除くと、)
CO2、CH4とも増加し温暖化に寄与している状態から、それに逆らい地球は寒冷化した。CO2、CH4濃度以上に強い寒冷化の要因が作用したことになる。さらに、寒冷化した氷期は間氷期より遥かに長期間継続する。

現間氷期の人間の活動を加えた温暖化ガス(CO2,CH4)の寄与と寒冷化要因の寄与を直接観測または計算により比較できれば良いと思うのだが。
武田邦彦氏のように避けられない寒冷化の前には、温暖化ガスの影響はプラスだと主張する論者もいるし、ごく最近は地球は寒冷化に向かっているとの議論も多くなったようだ。氷期は必ず来るといわれている。



<問題点>
最近、温暖化の議論に関連し、海水面上昇、台風の強大化、竜巻の頻発などの気候変動を全て人間活動によるCO2の増加に起因するという議論が激しくなっているように感ずる。氷期〜間氷期の周期変動は、極地の氷床が減少小さくなり、海水面変動が130mに及ぶような大変動であることも事実である。そしてこれらは人類が経験してきたような短い周期で起こったこともまた事実である。
氷期〜間氷期の変動が如何なるものか? それらの大局的知識はもっと普及されるべきであろう。

COP21で議論されていることを否定はしない。しかし、人類の影響がなくても地球は大変動するものなのだ。
産業革命以後のCO2量の増加は、地球の周期変動としてのCO2の増加に、人間の活動によるCO2の増加が重なったものである。



<付録>
CO2、CH4、(H2O)を構成する軽元素である水素、炭素、酸素はビッグバンとその直後の宇宙活動で生成した宇宙に賦存する元素である。太陽系、惑星それぞれにも配分され、地球には、個体、液体、気体として賦存している。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR