大河ドラマ

pc-ttl[1]

大河ドラマ
歴史好きで毎回繰り返し見るほどだった私も、今年の「花燃ゆ」はところどころしか観ていない。
面白いかどうかは個人によるから、あくまで私の主観の問題であるが、視聴率が低かったようだから、あながち、私の主観だけの問題ではないだろう。

実在する人物である「吉田松陰」の妹「文(美和)」が主人公であるが、史実が不明な点もあるようだから大河としての脚本に無理があるように思われる。脚本家は苦労したように思われる。

「テーマ」「主題」は大切である。それが、適切でなければ、良くなければ、あるいは悪ければ、成果を得ることは難しい。だから、NHKの企画段階の失敗である。どのように『テーマ』が選ばれたのか、経緯に問題があるのだろう。
主役の「井上真央」は苦労し、心労もあったと思うが低視聴率は彼女の責任ではない。もちろん大河に相応しい豪華な多数の共演俳優の所為でもない。


今年の「紅白歌合戦」の女性の司会は大河ドラマ「八重の桜」で主役「山本(新島)八重」を演じた「綾瀬はるか」がつとめる。もし「花燃ゆ」の視聴率が高かったら慣例的に「井上真央」がつとめることになったであろうといわれているようだ。

000000134_l[1]

山本八重」は「戊辰戦争」を「戦士」として戦い、京都を舞台に、兄「山本覚馬」を支え、夫「新島襄」と同志社大学の創立に寄与し、「日清戦争」の「看護婦」として活躍し、老いては「茶の湯」などにも長じた。話題のスケールも大きく満載であり、まさに大河ドラマのヒロインとしてふさわしい。



<コメント>
敢えて言う。大河ドラマ(の「戊辰戦争」)は会津の勝ちである。
ヒロインを演じた女優には関係がない。

<付録>
長州、会津に次いで薩摩藩出身者のことである。
朝ドラ『あさが来た』で大久保利通が暗殺される場面があった。「西郷隆盛」の死は不満武士階級を道連れにした意味があったが、大久保利通が生きていたら、日本の国家の骨格・歴史は違っていたかも知れない。生きていて欲しかったと思う。暗殺された明治11年から明治憲法発布(明治22年公布、明治23年施行)までは10年以上ある。わたしは大久保利通を最も評価しているから、せめてそれまでは生きていてほしかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR