アベノミクス を批判する

AS20141119000405_comm[1]
甘利明経済再生担当大臣              黒田東彦日銀総裁         伊藤元重東大大学院教授

アベノミクス 批判する

○アベノミクスの3本の矢
●第1の矢;金融政策:
●第2の矢;財政政策
●第3の矢;成長戦略

をとらえたのは、第1の矢だけ。しかし、これは制度として政治から独立している「日銀」の仕事である。だから私はこれを「クロダノミクス」と呼ぶ。第2の矢は、介護職の報酬を経営会社の配分の問題にするなど現実的でない。それを言い張る安倍首相の国会答弁はむなしかった。狡(こす)い財務官僚の影がちらつく。

○新アベノミクス3本の矢
●第1の矢;名目GDPを2014年度水準(490億円)から2020年に600兆円を目指す強い経済
●第2の矢;出生率を現在の1.4から1.8への上昇を目指す、夢を紡ぐ子育て支援
●第3の矢;介護離職ゼロを目指す、安心につながる社会保障

第1の矢は、インフレで円の価値が下がることでも名目GDPは増える。国の実質の借金はこれにより減少する。上手に2%前後のインフレ率にコントロールできるのであれば私は文句を言うまい。もちろん、最も重要なことは、実質GDPを大きくすることである。

第2の矢;日本の少子化の理由
結婚が減っているのが原因。有配偶出生率は上昇傾向にあり、結婚率が増加すれば少子化は解決される。
労働者派遣法の規制を強化し、適用範囲を制限する。すなわち、人材派遣会社は所詮「人貸し会社」。労働者派遣法は人間を不平等に扱い、憲法違反の可能性が高い。 だから、人材派遣の範囲を明らかに優位な地位にある、弁護士、医師などの人材・有資格舎に制限する。経済的中流層が厚くなれば結婚が増え人口が増える。


第3の矢;介護報酬を拡大、介護職の賃金を引き上げる。前述のように介護職の報酬を経営会社の配分の問題にするなど現実的でない。財務官僚よ! 他人の財布を利用することを全否定はしないが、それはお前らの仕事ではないことを知れ!!


<コメント>
日本の景気回復は簡単である。日本国憲法に謳われているように一億総日本人の人権を尊重し、日本人を平等に一人前に扱う制度にする。ハケンなどやめ、資本の過度の蓄積を止め労働に分配する。それだけでよい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR