古代天皇と卑弥呼

astro01[1]
 月の満ち欠け(月齢)   新月 → 満月 → 新月 の周期i

古代天皇と卑弥呼

神話、伝説は架空の話と信じられていても、叙事詩『イーリアス』のトロイ神話や司馬遷『史記』の中国古代王朝・殷などのように、遺跡の発掘により、真実であることが証明された例は多い。

日本の古代天皇は、戦後の津田左右吉史観により、第15代応神天皇以前の神代史=いわゆる欠史13代が否定され、左翼イデオロギーからも、その存在が否定される傾向にあった。

安本美典氏の数理・統計的手法により、欠史13代の存在に光があてられた。
安本美典氏は歴史に統計的手法を用い成果を上げているが、その一例として本題を当ブログにメモしておきたい。
※参考:河崎貴一:歴史通、2015年11月号 p100〜101 



『欠史』と否定される大きな根拠は、『記紀』に記されている天皇の寿命年齢である。
神武天皇=137歳、孝安天皇=123歳、崇神天王=168歳で亡くなったと記されている。

天皇の寿命年齢
第1代神武天皇〜21代雄略天皇;欠史とされる時代   平均91.3歳   標準偏差38.1歳
第31代用明天皇〜123代大正天皇;歴史的事実    平均48.5歳   標準偏差18.0歳


仮説1 記紀による天皇の寿命は2倍にしている。
2で割ると最も長寿の崇神天皇は84歳となり人間の天寿に近い。
古事記には13人の天皇が亡くなられた日が記されているが、一人残らず月の15日以内に亡くなっている。
偶然に起こる確率は非常に小さい。


仮説2
半月をもって一ヵ月と数えていた。すなわち、月が満ちる周期を1カ月、月が欠ける周期を1カ月と数えた。
上図参照
これにより、天皇の寿命が2倍であること、亡くなられた日が15日以内であることがうまく説明できる。

仮説3 平均在位年数より
第31代用明天皇〜第40代天武天皇の平均在位年数=10.2年 → これより第1代神武天皇在位は3世紀後半と推定される。

20100911162618[1]  邪馬台国女王 卑弥呼

仮説4 この仮説をさらに延長して神武天皇の五代前に当たる天照大御神の時代を推定。『魏志倭人伝の邪馬台国女王卑弥呼』に比定する。すなわち、天照大御神=卑弥呼と推定した。姫御子(ヒメミコ)=女王(ヒメミコ)は魏国に伝わり卑弥呼と記され、我々は今<ヒミコ>と読んでいる。

安本氏は断定していない。ただし、『なかった』と決めつけるべきではない、とも言っている。


<コメント>
天照大御神=卑弥呼 という説は諸説ある中で最も自然なように思われる。卑弥呼(ヒミコ)≒姫御子(ヒメミコ)=女王(ヒメミコ)のような読み方より私は直感的に根拠もなく天照大御神=卑弥呼と推定していた。また、安本美典氏の手法は魅力的で説得力があり、その『推定』は私の中では限りなく『断定』に近い。
神武天皇の『東征伝説』より、『卑弥呼=天照大御神』は九州にいたことになる。『天孫降臨神話』とも矛盾しない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR