抗日戦 台湾からの報道

slide_449838_6006882_free[1]
 中国の抗日70年記念軍事パレード  攻撃用無人機:ドローン(世界の一般論ではこれがドローン) 

中国抗日戦 台湾からの報道
9月3日、中国は、軍事パレードなど「抗日戦勝70年を記念する行事」を大々的に行った。

前稿 「盧溝橋事件に関する中国共産党幹部の発言」 「盧溝橋事件=七七事変の77周年式典 (2014年)」
の流れからは、台湾発の報道を取り上げた方が筋書きが見えやすい。


台湾の馬総統は、「抗日戦は国民政府が主導」
と改めて強調 「抗日」喧伝の中国当局に「遺憾」表明した。<毎日、産経新聞など>

台湾の馬英九総統は9月2日、対日戦争勝利記念日としている3日を前に台北市内の国防部(国防省に相当)で開かれた式典で演説し、「中国共産党が抗日戦を主導したと自称するのは非常に遺憾だ」と述べ、日中戦争は中華民国政府が主導したと改めて強調した。

馬総統は、共産党が参戦したことを「否定したことはない」としつつも、共産党軍は日本軍との正面作戦を避けて兵力を温存し、支配地域拡大のため「国軍(中国国民党軍)」を攻撃することさえあったと指摘。中国当局に対し「抗日戦争は国民政府が主導し、共産党は補助的に参加した」と公式に表明するよう呼びかけた。

式典には、国民党軍の元兵士やルーズベルト元米大統領の孫らも参加した。

<コメント>
馬総統の演説は、「盧溝橋事件に関する中国共産党幹部の発言」に述べられている 「毛沢東」 「周恩来」 「鄧小平」 の発言と矛盾しない。むしろ、彼らの発言の傍証となる。

国民党軍と日本軍を戦わせ、漁夫の利を得た中国共産党。

※日本軍が敗れた1945年から4年余り後の、1949年10月内戦に勝利した毛沢東が中華人民共和国の建国を宣言した。
 崩壊状態の南京国民政府は蒋介石の指導の下で台湾に撤退し(台湾国民政府)中華民国と名乗っている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR