盧溝橋事件に関する中国共産党幹部の発言

img_1[1] 東篠英機と石原莞爾 犬猿の仲? 

盧溝橋事件
に関する中国共産党幹部の発言

盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)は、1937年(昭和12年)7月7日、北京西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民党軍(第二十九軍)との衝突事件である。中国では七七事変と呼ばれる。
この事件は日中戦争(支那事変)の直接の導火線となった。
これに関し、中国共産党の幹部は以下のように語っている。

周恩来
1949年10月1日、「中華人民共和国」成立の日に周恩来首相が、「あの時(廬溝橋事件の際)、我々の軍隊が、日本軍・国民党軍双方に、発砲し、日中両軍の相互不信を煽って停戦協定を妨害し、共産党に今日の栄光をもたらしたのだ」と発言したと伝えられている。


劉少奇
周恩来の発言の裏付け:「中国人民解放軍総政治部発行/戦士政治読本」に以下の記述がある。
「七・七事変(盧溝橋事件)は劉少奇同志の指揮する抗日救国学生の一隊が、決死的行動を以て党中央の指令を実行したものである。これによって、わが党を滅亡させようとして第六次反共戦を準備していた蒋介石南京反動政府は、世界有数の精強を誇る日本陸軍と戦わざるを得なくなった。その結果滅亡したのは中国共産党ではなく、蒋介石南京政府と日本帝国主義であった。」


毛沢東主席
毛沢東も、「日本の皇軍なしには、我々が権力を奪取することは不可能だった」と発言していた。
このように、40年くらい前まで、支那共産党の連中は、「盧溝橋事件とそれに続く日支全面戦争は、自分たちが起こした」と堂々と公言していたのだ。

日本社会党佐々木更三、黒田寿男、細迫兼光らを接見した際の談話 (1964年(昭和39年)7月10日)
佐々木――今日、毛主席の非常に寛大なお気持ちのお話しをうかがいました。過去において、日本軍国主義が中国を侵略し、みなさんに多大の損害をもたらしました。われはれはみな、非常に申し訳なく思っております。
主席――何も申し訳なく思うことはありません。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらし、中国人民に権力を奪取させてくれました。みなさんの皇軍なしには、われわれが権力を奪取することは不可能だったのです。この点で、私とみなさんは、意見を異にしており、われわれ両者の間には矛盾がありますね。

(皆が笑い、会場がにぎやかになる)。
佐々木――ありがとうございます。
主席――過去のああいうことは話さないようにしましょう。過去のああいうことは、よい事であり、われわれの助けになったとも言えるのです。ごらんなさい。中国人民は権力を奪取しました。同時に、みなさんの独占資本と軍国主義はわれわれをも〔日本側の記録では、「みなさんをも」となっており、文脈からはその方が適切と思われる〕助けたのです。日本人民が、何百万も、何千万も目覚めたではありませんか。中国で戦った1部の将軍をも含めて、彼らは今では、われわれの友人に変わっています。

東京大学近代中国史研究会訳『毛沢東思想万歳』、下巻

鄧小平
日本側が「先の戦争では申し訳なかった」といった内容のことを述べると、鄧小平は発言をさえぎるようにして「われわれは日本軍をそんなに悪く思っていませんよ」と切り出した。あっけにとられた一行を前にした鄧小平の説明はこうだった。

「あの戦争が始まる前、われわれは井崗山(せいこうざん)から、長征の途についた。延安にたどりついたときは気息奄々、靴もちびはて、人数も2万人に減って、全滅寸前でした。ところが日中戦争が始まり、われわれを包囲していた蒋介石軍は日本軍によって次第に南部に押されていく。袋のネズミだったわれわれはそれで息を付くことになり、日本軍の後ろに回って、着々と工作をしていった。そして戦争終結時には数百万の正規軍を擁する軍事勢力にのし上がった」

日中戦争のおかげで全滅を免れた中国共産党-鄧小平語録 1998年06月06日(土) 伴 正一



石原莞爾少将の方針
49歳、参謀本部第一部長。盧溝橋事件は不拡大、事件を大きくしないという方針を打ち出した。
すなわち、日本は満州国の経営に専念し、ソ連の脅威に対抗する力をつけるべきだとした。


杉山元陸軍大臣、武藤章参謀本部作戦課長、など
強硬意見を持つ人々が、中国へ増援部隊を派兵すべきだという意見を強く打ち出した。



<コメント>
陸軍の馬鹿どもが、情勢を見誤り、中国共産党の術中にはまり、アジアを共産化するお手伝いをする羽目になった。石原莞爾は大局を見ていたのだが。悔やまれる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR