鶴岡みやげ だだちゃ豆フリーズドライ

510612_0[1]

だだちゃ豆フリーズドライ  鶴岡のみやげ

故郷である鶴岡へ帰って来た。
お土産にいただいた中に「だだちゃ豆フリーズドライ」があった。
早速いただいだら、気泡が多く柔らかく乾燥したサクサクした噛み応えの上に「だだちゃ豆」の風味がそのままフリーズ(凍結)されている。アイデアと実用化の妙が素晴らしい。

実はこれ、日本農業新聞 「一村逸品大賞」 2014年 大賞受賞作品なのだ。

DSC04506.jpg
いただいた「殿様のだだちゃ豆」

城下町・鶴岡の酒井の殿様が大変な枝豆好きで、食べる毎に「今日はどこのだだちゃ(お父さん)の枝豆か?」と聞いたことから、いつからか「だだちゃ豆」と呼ばれるようになったという。
子供の頃わが家でも父親のことを「だだちゃ」と呼んでいた。周囲の家では単に「だだ」と呼ぶのが一般的であったが、わが家は「篤農家」だったためであろうか「だだちゃ」と呼んでいた。

DSC04500.jpg
;だだちゃ豆のフリーズドライ 説明書

DSC04502.jpg
召し上がり方

fdnn-300x545[1] 
日本一のクイズ王 「やくみつる氏」 が「審査委員長」であった

実は明後日、「下部(大腸)内視鏡(フィイバースコープ)検査」を受けることになっているので、今、豆類は食べられない。
「だだちゃ豆フリーズドライ」をつまみにビールを飲むのを楽しみにすれば、辛い内視鏡検査にも耐えられるというものだ。

おみやげ、ありがとう!!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR