鶴岡調査

           outlinemap_00[1]
             「鶴岡調査」の調査区域  故郷へのこだわりがあるので表示します

鶴岡調査
国立国語研究所は,日本における言語生活の実態を捉えることを目的に,日本各地で言語調査を実施しているが、それらのなかで一番重要なのが山形県鶴岡市でおこなっている調査。この継続性は世界的にも評価されるものだという

鶴岡市における「第4回ことばの調査」
2011 年 10 月 28 日鶴岡市役所にて::記者発表資料

■日本語の将来予測にむけて
国立国語研究所は,昭和23(1948)年に設立されました。翌年の昭和24(1949)年以降,日本における言語生活の実態を捉えることを目的に,日本の各地で言語調査を実施してきました。

それらのなかで一番重要なのが,山形県鶴岡市で,昭和25(1950)年,昭和46(1971)年,平成3(1991)年の3回にわたって統計数理研究所と共同でおこなった調査です。第1回の調査から現在まで約60年が経過し,その間,社会は大きく変化しました。11月にスタートする第4回調査は,地域社会のことばの使い方がどのように変化したかを探るとともに,日本語の将来を予測するための最先端の科学的研究を推進していきます。

            outlinedesign_00s[1]   ランダムサンプルとパネルサンプル

国立国語研究所と統計数理研究所による言語調査研究の方法
・ 言語生活の実態把握とことばの変化についての調査を実施。
・ 調査にご協力いただく市民は,科学的な方法(ランダムサンプリング)によって,住民基本台帳から無作為に選出(ランダムサンプリング調査)。=>
・ さらに,過去の調査にご協力いただいた市民に,再度ご協力いただく調査(パネル調査)も並行して実施。



2015年3月19日  上記調査に関する報告書(第2分冊)を刊行しました。
 

東京新聞の報道  2015年5月29日 東京新聞
日本人過去60年でバイリンガル化? 方言と共通語使い分け

60年間で日本人は「バイリンガル化」し、時と場合に応じて方言と共通語を使い分けるようになった。国立国語研究所は、山形県鶴岡市の住民を対象に20年に一度実施している「鶴岡調査」の4回目の結果から、このような報告をまとめた。調査は日本人の言葉の使い方の変化をみるのが目的。他の方言の影響が小さいとみられた鶴岡弁に注目し、2011年の第4回では約800人が答えた。

例:ネコの絵を見せて「これは何ですか」と口頭で尋ねる質問。第1回では63%が共通語「ネコ」、37%が鶴岡弁「ネゴ」と答えたのに対し、第4回では共通語が97%。鶴岡弁は3%に激減した。


PK2015052902100150_size0[1]標準語に対し「ネゴ3%」、鶴岡弁らしくに「ネゴ88%」と使い分ける

しかし、同じ絵を見せて「鶴岡弁らしく発音して」と、第4回で初めて聞いたところ、88%が鶴岡弁で発音でき、鶴岡弁を話す力は、多くの人に健在だと分かった。
また、第4回では、家族と話すときに半数以上が鶴岡弁を使い、共通語を使うのは10%未満だった一方、鶴岡への旅行者とは60%近くが共通語で話すと回答。第1回では、共通語で旅行者と話すのは40%に満たなかったことから、相手や場面に応じて、方言と共通語を使い分ける 傾向が強まっているとした。

国立国語研究所の研究員時代から調査に携わってきた専修大講師の阿部貴人さんは「社会が成熟して、方言は誇らしく守るべきものという地位を獲得した」と指摘。その上で「各種メディアの発達などで共通語も話すようになり、相手や場面、状況に適したものを使えるようになった」と分析している。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR