放射線測定値について

TKY201103180628[1]
福島第一原発現状   図上をリックすると拡大されます

放射線測定値
東日本大震災、福島原発事故から4年が過ぎた。
福島第一原発ではまだ「排水処理ALPS」が順調に稼働せず、放射線処理に苦戦している状況だ。
私は本気でこの状況を心配している。

※ 下のURL名をクリックするとホームページが表示されます。「辻行灯」に戻るには、← で前画面に戻す。

放射線測定値のホームページ

新・全国の放射能情報一覧

全国放射線量測定マップ 原子力規制庁のデータ

放射線測定マップ - Japan Radiation Map

福島県放射能測定マップ

東京都健康安全研究センター



自然放射線についての説明

自然放射線量の概要

日本の自然放射線 日本地質学会



放射線測定値の変化について注目しなければならない。
東電は原発内の放射性物質の処理を誤り、そのため福島県産米の放射線量が増加した。放射線処理物のコーテイング剤濃度を二桁も薄めて使用したというからあきれ果てる。私見では「原発事故」そのものが犯罪であるが、日本の国内では犯罪でないということになっている。しからば、この「二次災害」といえる「放射線の散逸」こそ犯罪意外の何物でもない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR