諏訪根自子 4

 
 大島大使夫妻一行と車でベルリンを出てチェコスロバキアに入り、宿泊したホテルで進駐してきた米第七軍に軟禁される(昭和20年4月?)。一行はザルツブルグを経てフランスのル・アーブル港に護送され、やはりヨーロッパ滞在中であった近衛秀麿も米軍にとらわれて加わり、ジェネラル・ゴードン号に乗船させられ米国へ向かった。同船には西部戦線から日本の本土侵攻に向かう米第八軍の兵隊が満載されていた。

 自由の女神が立つニューヨーク港手前のリヴァテイ・アイランドの難民収容所で徹底的な所持品検査、身体検査が行われたが、ストラデヴァリウスは接収されなかった。一行170名が米国東部アパラチア山系のベッドフォ-ド・スプリングのホテルに収容されたのは昭和20年8月9日のことであった。

 11月11日、ヴァイオリン独奏諏訪根自子、ピアノ伴奏近衛秀麿、テノール独唱内本実の音楽会を開き、米国国務省関係者とホテル従業員たちも招待した。深夜まで拍手が鳴りやまず、アンコールを繰り返したという。11月16日ホテルを発ち、11月24日シアトル港から軍用ジェネラル・ランデル号に乗船し、昭和20年12月7日夕刻浦賀に到着下船した。諏訪根自子はほぼ10年ぶりに日本の国土を踏んだ。


 1937年4月9日、立川~ロンドン間1万5千㎞を飯沼正明操縦の「神風」が94時間余で飛行した。「美貌なれ昭和」という書名は、この慶事に因み、「宮本武蔵」を執筆中の吉川英治が朝日新聞に書いた「美貌なれ国家」という一文を真似たものである。「国際面に対しても、美貌は国家も必要としてもつ容姿でなければならない」

 飯沼正明が真珠湾攻撃のニュースを聞いて、そのショックで飛行機のプロペラに巻き込まれて死亡し、諏訪根自子が戦時のヨーロッパにあった時代、日本は精悍殺伐な顔つきになり美貌ではなかった。そして、諏訪根自子が浦賀に下船したとき、日本は再び美貌に向かい出したと言えるのではないだろうか。


 このシリーズを一応終了します。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR