ケント・ギルバート氏のブログ 

img_0_m[1]                               ケント・ギルバートのブログ

ケント・ギルバート氏のブログ 
 http://ameblo.jp/workingkent/entry-11913718096.html

リンクにケント・ギルバート氏(弁護士・タレント、誕生日:1952年5月25日、東京都在住)のブログを追加した。
ついでにブログの「朝日新聞へのアドバイス」とマイケル・ヨン氏の翻訳の抄録を記す。

朝日新聞へのアドバイス 2014年8月22日
朝日新聞がいわゆる「従軍慰安婦問題」について、先日、過去の間違った記事を取り消したという話を聞きました。「この件で日本が失った国益はHOWマッチ?」(氏はHOWマッチ?という往年の番組に出ていた)。 30年以上にわたって傷付けられた国家の信用や名誉を金額に換算するというのは相当難しい問題です。正解が計算できない。

私も「従軍慰安婦問題はあったのだ!」と先日まで信じ込んでいましたから、朝日新聞に完全に騙された人間の一人です。だから朝日新聞は私にも謝罪して欲しい。保守系の友人たちは「従軍慰安婦問題なんて無かったんですよ!」と何度か私に教えてくれましたが、私は全く聞く耳を持ちませんでした

騙された被害者が他にもいることを忘れてはいけません。韓国人です。彼らは「日本軍は韓国人女性を強制連行して従軍慰安婦(性奴隷)にした」という、朝日新聞が書いた記事を真実だと信じたからこそ、日本政府にしつこく謝罪と賠償を要求してきました。さらに、韓国の日本大使館の目の前や、アメリカ国内の複数の場所に「従軍慰安婦像」なる銅像を設置する活動も、真剣に継続して来ました。

<コメント>
同感である。しかし、韓国に「従軍慰安婦問題」が捏造であることを知っている人は多い筈だ。調査をした大学教授は最近「だんまり」を通している。体験として知っていて口にした老人が殺されもしたらしい。朝日と同罪は韓国にも多い。




マイケル・ヨン氏の記事のケント・ギルバート氏による日本語訳  2014-11-29 抜粋
著名な米国人ジャーナリストであるマイケル・ヨン氏と連絡を取り、彼が昨日(2014-11-28)発表した記事を、日本語に翻訳して皆さんに紹介する許可をもらいました。


第二次世界大戦中、大日本帝国陸軍が20万人もの韓国人女性を強制連行して、性奴隷(慰安婦)にしたという疑惑について、裏付けの取れない主張が現在も拡大し続けている。それらは主に韓国からの主張である

The final IWG report to Congress was issued in 2007. (Linked below.)
IWGの最終報告書は2007年に米国議会に提出され、発表された(文末のリンク参照)。


Please read the IWG report that practically nobody seems to know exists. If you do not have time for the whole report, do a search inside the report for Comfort Women, and carefully read those parts:
今までほとんど誰も存在すら知らなかったIWGの報告書を読んで欲しい。もし全部を読む時間が無いようなら、報告書の中で慰安婦(Comfort Women)を検索して、その部分だけでも注意深く読んで欲しい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR