慰安婦に関する『IWG報告』

10411046_722058237885039_8596017425744217198_n[1]  マイケル・ヨン(Michael Yon)氏
グリーンベレーでの活動歴あり。1990年後半からフリーの記者として活動開始。イラク戦争、アフガニスタン紛争などで軍事ライターとして活動。ウオールストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、雑誌、テレビ放映、著書多数の著名なジャーナリスト(ウィキペディア(Wikipedia))

慰安婦に関する『IWG報告』

米国の著名なジャーナリスト=マイケル・ヨン(Michael Yon)氏(1964年3月4日〜(50歳)、数代前からの欧州系米国人)が、米欧大手メディアの 『日本軍が組織的に女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張は作り話としか思えない、と明言している。すなわち「慰安婦問題での日本糾弾は特定な政治勢力の日本叩きだ」と断言しているのだ。

その根拠は
「日米両国、タイなど東南アジアにおける調査」 および 米国 『IWG報告』 である。

『IWG報告』 「ナチス戦争犯罪」と「日本帝国政府の記録」の各省庁作業班(IWG)の米議会あて報告」
「法律的」には、「1998年ナチス戦争犯罪開示法」 「2000年日本帝国政府開示法」により調査を実施。目的は第二次大戦での戦争犯罪の情報開示を徹底させることにあった。在米の中国系反日組織「世界抗日戦争史実維護連合会(抗日連合会)」が動き、日本の調査も追加され、抗日連合会の意向にしたがい「日本軍の慰安婦に関する戦争犯罪や女性の組織的な奴隷化に関連する文書を探す」ことが明示された。
 

調査範囲は、国防総省、国務省、中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)、国家安全保障局、米軍当局など戦争にかかわったすべての主要組織の未公開の公式文書」を点検し公開することを指示していた。対象期間は1931年(昭和6年)満州事変から1945年(昭和20年)終戦まで。調査は7年もの歳月をかけ、三千万ドル(35億円)もの経費をかけ、膨大かつ詳細を極めた。

「いわゆる慰安婦プログラム=日本軍統治地域女性の性的目的のための組織的奴隷化」という極めて具体的な指示が出ていたにもかかわらず、慰安婦関連の文書の発見も報告も皆無であった。ただの1ページも無かったと言うことである。

この資料『IWG報告』は日本では知られていなかった。この発見・公開自体がマイケル・ヨン氏の功績である。8年近く前の2007年4月発表の報告をなぜ日本が知らなかったのか不思議でならない。IWG代表者の「抗日連合会」に向けての言明は、あなた方が望み、期待した証拠が見つからず申し訳ない。探索は徹底を極めたのだが。(IWG代表のこの言はおかしい? 米国もおかしいということになってしまうが?)


マイケル・ヨン氏の発言
「日本軍が組織的に20万人の女性を強制連行して性的奴隷にしたというのならば、国家犯罪となるが、そんな事実は出ていない。どの時代でも軍隊に売春はつきものであり、日本の慰安婦も大多数は普通の意味の売春婦だったのだろう」。

それでもなお「日本軍の強制連行による性的奴隷」と断じる主張は政治的意図のにじむ捏造であり、日本を同盟国のアメリカや韓国と離反させるための日本叩きだろう。その主役は間違いなく中国だ。

日本ほど人道主義、平和主義に徹した国は全世界でも珍しい。アメリカにとっても貴重な同盟国だ。であるのにアメリカ側が慰安婦問題で日本を叩くのは適性勢力を強め、友邦を弱めることに等しい。中国の術策に陥ることになる。


<私見>
一流ジャーナリストの視点・視座は高い。まず、中国と韓国の報道を一蹴している。誤ったものとは同じ土俵に上りさえしない感じである。関連して、タレント・弁護士のケント・ギルバート氏は、マイケル・ヨン氏のブログの日本語への翻訳許可を貰い、自身のブログに掲載している。『IWG報告』についても述べている。このような米国、海外からの正しい歴史認識とその報道は、日本国内発に比べ格段の価値が ある。

朝日新聞の自身の誤報報道につづき、今度は、海外から重要な報道がなされた。だからと言って日本自体が主張しないとこの事実は認められないと知るべきである。戦後70年を前に日本は堂々と大いに主張しなければならない。正しい主張とナショナリズム・保守化批判は別次元のことである。歴史修正主義者との批判はもってのほかである。ただし、日本国内には後ろから銃弾を浴びせる左系のメデイアがある。黙れ!左傾メディア!


日本の軍事官僚は日本を侵略国家にするという間違いを犯した。軍事官僚という官僚が間違いを犯したのである。一方、軍の現場の規律は厳しかった。現場指揮官は武士道の伝統を受け継ぎ、これだけ徹底した探索をしても塵も埃も何も出てこない。何も出てこないのは日本だけかも知れない。アメリカも占領下の日本とベトナムで、韓国に至ってはベトナムで酷いことが盛り沢山であった。 誰が日本を裁けるのか?

『IWG』に調査を働きかけてくれた『抗日連合会』に熱烈謝々!!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR