地震予知失敗で禁固6年

イタリア地震予知失敗で禁固6年の判決(2012年10月22日)

 2009年イタリア中部で発生し、死亡309人、およそ1600人が負傷した地震を適切に予測出来なかったとして、イタリア中部ラクイラの裁判所は、国立災難予測・対策委員会の科学者6人と政府担当者1人に、検察側4年の求刑に対し、6年の禁固刑を言い渡した。なお、まだ上訴の機会は2度ある。

 地震前6カ月間に数百回の弱い群発地震が感知されていたが、M6.3の地震発生の6日前に「危険はない」と発表、住民が逃げ遅れるなど甚大な被害を招いたとされた。

 科学を裁くことはできない、など、議論が多いが? 「地震予知のけじめ」(10/24)を考える参考になる。


 カテゴリ 「原発事故と津波予知1」 をクリックすると、「地震予知のけじめ」 と対比できます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR