『電力固定価格買い取り制度』の破綻

DSC01358 (610x331)
                                          水田の向こうのソーラーパネル群 岩手県

『電力固定価格買い取り制度』の破綻

私の顔を見たくなければ、早く成立させてほしい」。3年前、菅直人首相が、退陣を受け入れる代償にあげるほど熱心だった『再生エネルギー特別措置法案』。電力会社に、固定価格で太陽光、地熱、風力など再生可能エネルギーの買取りを義務づけた。

本ブログでは繰り返し買い取り価格が高すぎると批判してきた。『再生可能エネルギー』という『美名』に酔っては国家が成り立たない。心配した通りやはり申し込みが殺到した。電力の価格は日本の国際競争力、すなわち国力にかかわる。殺到したのは太陽光発電である。太陽光の場合、昼間だけの発電、それも天候に左右される。電力は貯蔵が難しい。貯蔵には揚水発電、蓄電設備など膨大な投資が必要である。送電設備瞬間最大値に合わせる必要があり、過剰な投資が必要だ。

蓄電技術が進歩しているから投資すればよいという意見の報道を見た。尤もらしく聞こえるが、高い電力を買う上に、国力を傾けるほどの投資が必要で、日本国家が成り立たない。馬鹿馬鹿しいにもほどがある。評論家は何を言っても構わないが、マスコミには取り上げない選択能力が必要だ。

九州電力からはじまりこの制度が破綻した。
北海道電力にも孫正義氏に関連して破綻の予兆があった。

マスコミは批判しているが私はほっとしている。
菅直人という駄目な首相のやけっぱち政策がやはり破綻したのだからほっとしている。


※右カテゴリ欄の<科学技術ー太陽光発電>をクリックし、古い順に読み直していただくと経緯が解ります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR