「青色LEDの発明」で日本人3名がノーベル賞受賞

20141008-OHT1I50003-1[1] (610x342)
                                                        青色発光ダイオード

「青色LEDの発明」で日本人3名がノーベル賞受賞

スウェーデン王立科学アカデミーは、10月7日、2014年ノーベル物理学賞を、
赤﨑 勇氏 名古屋大学特別教授・名城大学終身教授
天野 浩氏 名古屋大学教授
中村修二氏 カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授    の3名に授与することを発表した。


受賞理由は、
「明るくエネルギー消費の少ない白色光原を可能にした高効率な青色LEDの発明」
「20世紀は白熱灯が照らし、21世紀はLEDが照らす」
 と説明した。
 ※ LED light emitting diode 発光ダイオード  

一挙に3名もの受賞者を輩出したことは日本人として大変喜ばしく誇らしい。(中村修二氏は現在アメリカ国籍)


この研究は、工学的な色彩が強く、ノーベル物理学賞としてはやや異色と思われるが、理解しやすい。
赤﨑勇氏は、
京都大学理学部卒業後、神戸工業(現富士通)、名古屋大学助教授、松下電器、名古屋大学教授、・・・
中村修二氏は、
徳島大大学院修士課程修了後、日亜化学工業入社、その後カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授となる。
上記のように二人の受賞者には民間企業における研究歴があり、それが大きな特徴である。

赤岩・天野氏と中村氏は研究開発を競ったライバルでもある。
赤岩・天野氏は豊田合成、新技術開発事業団と組んで先行し、中村氏の日亜化学が急追した。双方とも多数の特許を取得し、特許権侵害を互いに提訴し合った。2000年東京地裁は日亜化学勝訴の判決を下した。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR