日本の保守の原点を考える

6e779f00319d385490f64df4054cb911[1] 庄内藩兵 手に持つは「スナイドル銃」 
                                          肩章は奥羽越列藩同盟が用いた日章旗


日本の保守の原点を考える   明治元年とは

日本の保守政治の原点はどこにあるのだろうか。
明治維新」にあるとする考えは妥当であろう。もう少し掘り下げていえば、明治維新の「勝者達」にあるといっても差し支えないであろう。

イデオロギーによる政治は20世紀で亡んだといっても差し支えないだろう。人類は20世紀をかけて膨大な犠牲を払いながら、共産主義、マルクス主義の壮大な実験を行い、「ソビエト連邦」は解体され、東西ドイツのベルリンの壁も崩壊した。中国は共産党の独裁政権であるが、それは「独裁」という政治体制の便宜的な姿に過ぎない。

ユーラシア大陸の東に「日本」が、西に「英国」がある。この両国は、大陸の影響下にあったが、地理的にはほどほど隔絶された距離にある。当然この両国の歴史は異なるが、大陸の文化を直接ではなく、ほどよく「醸成」「発酵」させながら比較的穏やかに独自に発展させて来たことは共通している。この「発酵・醸成」の作用は重要で、日英は高度な文明・文化を築き上げた。
共通する政治体制は「保守」と呼ばれるものである。すなわち、日本と英国両国に似合う政治体制は「保守」である。


保守とは何であろうか。私は「保守」とは「フィードバック」であると思う。絶えず「現状」を分析することにより望ましい方向にコントロールする。コントロールは微修正で、革命的な大きな変革、変動を伴わない。


明治維新に戻る。「明治維新」では一流の人物は死に絶え、二流が生き残った、と言われる。高校の「歴史」の先生にも聞いた憶えがある。もっとも、私が卒業した高校は、明治維新のとき徳川」家より「幕府」よりといわれた庄内藩の「鶴ヶ岡城」三の丸跡にあり、卒業当時の同窓会長は旧藩主直系の「酒井家当主」であった。薩長など藩閥といわれた藩の伝統を受け継ぐ高校でもこのようなことが言われていたのかどうかは知らない。

明治維新のとき一流といわれていた人物が残っていたら日本はどうなっていたのだろうか。「安政の大獄」では吉田松陰など多数の人材を失った。坂本龍馬など暗殺された人材も多い。高杉晋作は病死した。歴史の「if」を語るつもりはない。「保守」政治の原点として、これらの人材が作った理想的な明治政府を仮想し、「保守」のフィードバックの原点とするのは面白いし、日本の国のためにもなると思われる。おそらく、戊辰戦争はなかっただろうから、「靖国」はなかっただろし・・・。

この視点から、カテゴリ「明治元年」を充実させていきたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

誰かに教えたい、たまらなくて…。

少しだけでもいいので時間をください。
どんなにがんばっても、借金はいっこうに減らないんです。
ある場所でうわさになっていた掲示板を知りました。
信じれば信じるほど、お金をもらうことができました。
すぐにお金持ちになれます。
本気で知りたいという人だけに教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
メールもらえたらすぐに返事出しますからね。
プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR